アルベニス:イベリア 全曲 がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アルベニス:イベリア 全曲

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,983
価格: ¥ 2,565 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 418 (14%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Music Prime Music


Amazon の ラローチャ(アリシア・デ) ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アルベニス:イベリア 全曲
  • +
  • 入江のざわめき~スペイン・ピアノ名曲集
  • +
  • グラナドス:ゴイェスカス 他(期間生産限定盤)
総額: ¥5,193
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: ラローチャ(アリシア・デ)
  • 作曲: アルベニス, トゥリーナ, ソレール, グラナドス
  • CD (2003/10/22)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 135 分
  • ASIN: B0000CD7W7
  • EAN: 4988005344991
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 100,806位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 エボカシオン (喚起)
  2. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 港
  3. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 セビーリャの聖体祭
  4. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 ロンデーニャ
  5. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 アルメリア
  6. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 トリアーナ
  7. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 アルバイシン
  8. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 ポーロ
  9. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 ラパピエス

ディスク:2

  1. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 マラガ
  2. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 ヘレス
  3. 組曲 ≪イベリア≫ 全曲 エリターニャ
  4. ナバーラ
  5. スペインの歌 作品232 前奏曲
  6. スペインの歌 作品232 オリエンタル
  7. スペインの歌 作品232 やしの木陰
  8. スペインの歌 作品232 コルドバ
  9. スペインの歌 作品232 セギディーリャ
  10. ソナタ ト短調
  11. ソナタ ニ長調
  12. バレンシアーナ (カレセーラ) ― ≪スペイン舞曲集≫ 作品37の7
  13. アンダルーサ (プライェーラ) ― ≪スペイン舞曲集≫ 作品37の5
  14. サクロ・モンテ ― ≪5つのジプシー舞曲≫ 作品55の5
  15. サパテアード ― ≪3つのアンダルシア舞曲≫ 作品8の3

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

2in1の容量を活かして企画性豊かにデッカの名演を収めた《ダブル・デッカ・シリーズ》の1点。明確なリズム、温かな音色と繊細な抒情。スペイン的情感が横溢したラローチャのピアノに魅了される。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
アルベニスのイベリアは、本当に難しい曲集である。楽譜に向かうと、人間では演奏不可能と思うくらい面食らう。
ラヴェル「夜のガスパール」やラフマニノフのピアノ協奏曲第3番、リゲティのエチュードなどといった、いわゆる難曲がどちらかというとリストによって開拓されたテクニックを想像可能な範囲でより難しくしてみた、という感じである一方で、イベリアの場合は、天から全く降ってわいたような特殊技巧を要する。登場する美しく精緻な和声の数々も、全くお目にかかることのないような音の組み合わせばかりである。
ラローチャはこうした曲を本当の共感を持って弾き抜いている。もはやあえて賛辞を述べる必要がないほどの名盤なのだが、技巧的課題を完璧に克服したうえでの、文字通り身体から湧き出るリズムと音楽が聴かれる。
若い頃のEMIへのイベリア録音は、確かにこのデッカ録音よりも活気に満ちたリズムで、技巧面の切れ味もより鋭いが、たとえばエル・アルバイシンやエル・ポーロといったスペイン的叙情性とでも言うべき要素が強い曲におけるラローチャの解釈は明らかに深みを増しているし、デッカによる録音はそうした深みのある響きをずっとよく捉えている。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 スペインを代表する作曲家イサーク・アルベニス(1860-1909)の白鳥の歌、1905年から1909年にかけて書かれた12曲からなるピアノ組曲「イベリア」が素晴らしい。ドビュッシーの「前奏曲集」に通じる音楽の香り。ただし、もっとエキゾチックで明るい南国風の音楽。
 陽光の煌めきを感じる「港」。透きとおった青の珠が跳ね回る「セビーリャの聖体祭」。寄せては返す波の調べに魅せられる「アルメリア」。火と戯れる怪しいモノが影となって宙を舞ふ「アルバイシン」。時々はさまれる合いの手に独特の妙味がある「ラバピエス」。幻想(ファンタジー)がくるくると旋回する渦巻きの中、南の風光るきらめきが美しい「ヘレス」。夜空に大輪の花を咲かせる花火のような「エリターニャ」。
 見事と言うしかないアリシア・デ・ラローチャのピアノと相俟って、きらきらと輝き、こぼれる音楽の響き、その中に湛えられたスペインの音楽の香りに魅了されますね。
1972年もしくは1974年の録音。「どれどれ、どれほどのもんかいな」と聴いてみたんですが、いやあ、素晴らしかったです!
 「1923年、スペイン生まれの女流ピアニスト。(中略) 145cmという小柄な身体からは想像もできないほどの深く美しいタッチと豊かな音楽性で聴衆を魅了し(後略)」と解説書に書かれているアリシア・デ・ラローチャのピアノの響きの美しさ、軽やかで自在な節回しにぞっこん、惚れ惚れさせられてしまいましたよ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
夜更けにFMから流れてきたこの演奏に、一瞬で心を奪われてしまった。当時もクラシックは聴いていたが、特にピアノ楽曲に興味が強かったわけでもなく、アルベニスという作曲家の名前さえよく知らなかったのだが、この演奏はピアノという楽器の魅力を存分に味合せてくれたという意味で、私にとって忘れられないものだ。

アリシア・デ・ラローチャというピアニストもこのディスクで初めて知ったのだったが、その音色の美しさといい、凛としたフレージングといい、何か突き抜けたような音楽を感じて心が震えた。私にとっては、ピアニストの「基準」とも言える演奏家の一人だ。

いい音楽(家)には、いい佇まいがあると思うが、ラローチャはそういう意味でも筆頭だ。このディスク以外のイベリアの演奏をさほど多くは聴いていないが、これ以上の演奏はないのではないかと思わせる。一生ものの愛聴盤だ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 この曲はすごい、音楽として知覚できた時、本当に震えたよ。 アルベニスは正に新のメロディーメーカーだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック