中古品
¥ 285
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版第1刷。帯なし。多少のキズ、ヨレ、微ヨレ、微ヤケなど使用感がございますが、本文は概ね綺麗な状態です。書き込みなどは見当たりませんでした。除菌後、クリスタルパックにて梱包、迅速丁寧に発送させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アルファ系衛星の氏族たち (創元SF文庫) 文庫 – 1992/11

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 243
文庫, 1992/11
¥ 285
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

地球=アルファ星系の星間戦争はとうに終結していた。だが、敵国アルファ系帝国の領地であるその衛星には、地球人の精神疾患者達が今もとり残され、連絡を断ったまま独自の文化を形成していた。この地を再び地球のものとすべく、地球側は調査部隊を送り込む。だが独自の思惑をもつCIAは、調査隊に一人の人造人間を潜入させた。著者が精神疾患への関心をもとに取り組んだ名編。


登録情報

  • 文庫: 350ページ
  • 出版社: 東京創元社 (1992/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488696120
  • ISBN-13: 978-4488696122
  • 発売日: 1992/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 827,908位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
冒頭で登場する異星人たちが実は地球が見捨てた精神病院の元患者たちであるというのに意表を突かれる。つまりその星一個分が精神病院星という設定で、彼らは自らで独自の文明を作っていたという作者ディックのアイデア。7つの種族のそれぞれ違ったあまりにもエキセントリックな個性というのも、実は精神病の様々な症例を基にしているみたいだ。
 主人公が登場するといきなり飛び降り自殺しようとする場面という先行き心配な展開。そんな彼を止めたのは、スライム型の宇宙人。アパートの隣人がガニメデから来た粘菌型宇宙人というのがこの物語の世界観。なかなかぶっ飛んだその世界観で意表を突いた物語の始まり方をするのだが、その後は進展しているのか進展していないのか判らないようなユルイ展開が続く。でもどことなくユーモア感があって面白いのだが。あれっ、一章分抜けてない? と思ってしまう程にクライマックス部分の主人公とその妻の行動が唐突に感じてしまう。そもそも二人の離婚話に無理やり星間戦争の話をくっ付けているような感じだ。 
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みやさま トップ1000レビュアー 投稿日 2010/7/18
形式: 文庫 Amazonで購入
精神分裂病患者が我々と異なる内部時間感覚を持っているという説に基づき、自閉症児マンフレッドを見事に描いた「火星のタイムスリップ」と同時期に執筆された作品だけに、ディックはこの当時、精神病に実用的有用性があるのか、とのテーマに関心を持っていたようだ。
もちろん、そういった面白みもあるのだが、この作品の一番の魅力は、脇役のキャラクターのすばらしさにある。
他人の心を読んで的確な指示を出してくれるガニメデ星の粘菌クラム。5分間だけ限定された周囲の時間を戻すことができる少女ジョウン。
この両名は、なぜかダメダメな主人公を見捨てず、彼を助けるために危険を顧みない。
最初はクラムを嫌っていた主人公も、最後はクラムの命を必死で助けようとする場面は感動的だ。
また、デビュー作「偶然世界」でも取り扱われたシュミラクラを遠隔操作して殺人を行うという設定も、相変わらずおもしろい。
「火星の〜」「パーマーエルドリッチ〜」などの大作の影に隠れ目立たない作品ではあるが、ディックファンなら見逃せない一作だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/4/6
形式: 文庫 Amazonで購入
正常と異常の境はどこなのか。
「結局多数派である課少数派であるかの違いでしかないのでは」
という思いを強くさせてくれる作品である。

作品紹介には以下のような文書がある。
地球とアルファ系の星間戦争は、とうに終結していた。
だが、敵国アルファ系帝国の領地であるその衛星には、
地球人の精神疾患者達が今も取り残され、連絡を絶ったまま独自の文化を形成していた。
この地を再び奪取せんと、地球側は調査部隊を送り込む。
  
僕が最も興味があったのは、
「地球人の精神疾患者達だけが集まって築いた、独自の文化をもつ星」
の描写である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告