Kindle Unlimited読み放題の対象です
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
アルピニズムと死 僕が登り続けてこられた理由 ... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに少々擦れキズ、縁にヨレがあり多少の中古感があります。防水対策にて梱包後、迅速にお送りいたします。万が一、到着の商品に商品説明と異なる点がございましたら、早急にご対応させて頂きますのでお手数ですがご連絡ください。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


アルピニズムと死 僕が登り続けてこられた理由 YS001 (ヤマケイ新書) (日本語) 新書 – 2014/10/24

5つ星のうち4.0 32個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥836
¥836 ¥198
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • アルピニズムと死  僕が登り続けてこられた理由  YS001 (ヤマケイ新書)
  • +
  • 垂直の記憶 (ヤマケイ文庫)
  • +
  • 凍 (新潮文庫)
総額: ¥2,541
ポイントの合計: 25pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

かつて「天国にとっていちばん近いクライマー」と呼ばれた男はなぜ、死ななかったのか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山野井/泰史
1965年東京生まれ。単独または少人数で、酸素ボンベを使用せずに難ルートから挑戦しつづける世界的なクライマー。10歳から登山を始め、高校卒業後、数々のクライミングを実践。1990年、フィッツ・ロイでの冬季単独初登攀を成功させる。1994年、チョ・オユー南西壁を単独初登攀。2000年にはK2の南南東リブを単独初登攀。2002年にはギャチュン・カン北壁登頂後、悪天候のなか奇跡的に生還する。凍傷のため手足の指を計10本失うが、2013年にアンデスのプスカントゥルパ東峰南東壁を初登攀(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社より

ヤマケイシンショ ヤマケイシンショ ヤマケイシンショ ヤマケイシンショ
日本の火山に登る IT時代の山岳遭難 東京発 半日ゆるゆる登山 登山者ための法律入門
内容紹介 火山を取り巻く現状を踏まえ、火山というフィールドをどう楽しむか。 気鋭の火山学者・及川輝樹氏がわかりやすく解説します。 遭難現場をよく知る登山ガイドがひもとく、安全登山のために必要な最新のテクノロジー。 山と溪谷誌上でも活躍する現役登山ガイドが遭難に対する思考をアップデート。 寝坊したから、時間がないから、とせっかくの休日に山をあきらめるのはもったいない。そこで東京都心のターミナル駅を起点に、半日のうちに行って歩いて登って安全に帰ってこられるコースをベストシーズンごとにセレクトしました。首都圏の奥多摩、高尾、奥武蔵などの山地から多摩や鎌倉の丘陵や里山、都心部の超々低山まで、花や歴史、味などの楽しみをあわせて案内します。 加害者・被害者にならないために! 知らないでは済まされない、イマドキの山の世界、そのルール。 山の法的トラブルを回避する。本書は、登山をめぐるさまざまな法律の現状を明らかにし、紛争やトラブルを防止、登山者が賢明に行動することをめざしています。
ヤマケイシンショ ヤマケイシンショ 山岳遭難 山岳遭難
日本百霊山 山の天気にだまされるな! 山岳遭難の教訓 山岳遭難は自分ごと
内容紹介 古来、神仏や祖霊の宿る場所として、人の暮らしと深い関わりをもってきた日本の山々。山の伝承や神話を探って、全国各地を訪ね歩いてきた著者が、高山から親しみやすい里の山まで百山を選んで、興味深い伝説や歴史を紹介。 山岳気象専門の気象予報士が一般の天気予報だけでは防げない気象リスクについて徹底的に解説。減災や危機管理にも通じる、遭難防止のための登山者必読の書。 「自分だけは大丈夫」そう考えている多くの登山者に警鐘を鳴らす、山岳遭難の非情の現実。 「山岳遭難は他人ごと」ではない。人が自然のなかに入る以上、それは突然、どんな人にも等しく、起こり得ることである。「もしも」のために知っておくべき登山者必修の知識と技術を紹介する。

登録情報

  • 発売日 : 2014/10/24
  • 新書 : 192ページ
  • ISBN-13 : 978-4635510073
  • ISBN-10 : 4635510077
  • 出版社 : 山と渓谷社 (2014/10/24)
  • 商品の寸法 : 18.2 x 2 x 11.3 cm
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 32個の評価