Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[田中芳樹, 荒川弘]のアルスラーン戦記(6) (週刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

アルスラーン戦記(6) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.4 21件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] アルスラーン戦記(週刊少年マガジンコミックス)の7の第6巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 1

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

アルスラーンの目前に、ついにペシャワール城が姿を現した。双刀将軍・キシュワードが治める、仲間との再結集の地! いまだ出会えぬナルサスも、ゾット族の少女・アルフリードの愛と、執拗なルシタニア軍との挟撃に耐えながら、再会の地を目指す!! パルスの全てを取り戻す…。彼らと一緒なら、叶えられる。仲間と希望を見据えるアルスラーンに訪れる、最大の試練! ――正統の王とは、誰なのか──。揺らぐ、東方戦線!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 49360 KB
  • 出版社: 講談社 (2016/11/9)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MQ1116A
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
これを読む限りはアニメは失敗だったかな。
こちらは面白いです。
原作(小説)では色々な意味で無理な、あのエラムの表情には笑わせてもらいました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぷっちょ 投稿日 2017/1/25
形式: コミック Amazonで購入
待ちに待ったという感じです。待望の6巻!家族みんながファンです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この頃は原作が一番脂がのっていた時期なので、きちんと消化するのがベスト。その点を荒川先生はよくわかっていて、無駄なことを付け足したりしない。でも今後は必要になるかも?原作の方はあんな感じだし。王位につくまでは安心して読めそう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
とうとう双刀将軍キシュワードが戦闘モードに。 ダリューンも良いですが、彼も格好良いです。

ナルサスはヒルメスに対し、嫌みたっぷりの皮肉を。 スカッとします。

しかしその後、合流したダリューン達に...
アルフリードを巡り、ナルサスが取り乱し、エラムがナルサスをゴミのように見るあの顔と言ったら...
常に冷静沈着なナルサスがここまで錯乱するのはみもの。

アルスラーンはぺシャワールに入るが...
思わぬところから自分の秘密を知ることに。

そして、かのラジェンドラ殿下とあいまみえる。
最後の"なんでこうなった!?"には笑えます。

別冊少年マガジンの表紙も3つギャラリーとしてついています。
デフォルメキャラのナルサスが...
4コマもあり、ザンデが可哀想なことに。

次巻はとうとうシンドゥラ戦へ。
物語はより盛り上がって来ました。

しかし、6巻にしてやっと本編の2巻までが終了。 是非とも最後まで描ききって頂きたいのですが、時間も巻数もかなりのものになりそう。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメも見ました。
パルスはペルシャがモデルとの話ですが、昔世界史でササン朝ペルシャって習ったなー程度の人間には絵で見た方がイメージがわきそうです。騎兵隊も格好いいです。
一方ルシタニアは十字軍がモデルと何かで読みましたが、今の私にはササン朝を滅ぼしたイスラム教に見えます。

前の巻で「他人にも大事なものがある」といわれましたが、そう自由に発言できる国に生まれ、その考えを尊重は難しくても理解できるように育ったことを、神に感謝します。
アメリカではオバマさんからトランプさんになり、いつでもどこでも現実でも本のなかでも皆が仲良く暮らすこと、政治は難しいなあと思います。
「突撃ー」に血沸き肉踊る自分もいますが、、

せめて2次元ではアルスラーン殿下に理想郷を作って頂きたいです。
それが3次元にも広まることを願っています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
原作は読んでいるのですが画が加わるとまた違った印象を持ちます。今後の早い続刊を願います
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
アニメより丁寧にアルスラーンの心の動きなどが表現されています。
小説とアニメとマンガとメディアミックス展開がされている素材ですが、
個人的にはマンガが一番頭に入ってきます。
心配は作者が最後まで書いてくれるのかというところ一点です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 devidead トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/3/5
形式: コミック
このコミック版が始まった時からアルフリードが登場して知将ナルサスがペースを狂わされる日を
待ち焦がれていたが荒川先生は、その手の期待を裏切りません。
60~63pにおける生真面目なダリューンやエラムの崩しっぷりが、まあ笑える。

エステル休場が続くためアルフリード中心の描写が実に生き生き。
ゾット族の化粧を落とした時の女の子らしさ、
兄メルレインとの関わりで培われたであろうノウハウでもって「先輩だけど弟的」なエラムに接していく様。
一方でファランギースは彼女に妹を見るような視線を向ける。
エラムの外から来た相手に隔意を示すが一度、信を置けば忠義を尽くす性格も相変わらずで
少年漫画らしい原作からの年少者キャラの肉付けの良さは健在。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
原作前篇でも殿下がペシャワール城塞に入り、シンドゥラの王位継承に
関わる辺りが多分一番面白い。
どうしてもパルスの奪還になると父とヒルメスとルシタニア軍とが入りまじり、
純粋に戦術や話の面白さが重くなる感じですか。

ペシャワール城塞に入るまで、アルフリードとナルサスがヒルメス相手に
丁々発止をやってくれる。あのセリフがほとんど原作にあるのだから
コミックスしか知らない人はびっくりするでしょう。軽妙さというか、
漫才のような面白さ。
キシュワードがもう妻帯していて、子供も生まれていたのには
びっくりしましたが、まあ違和感なし。そうすると殿下の名づけシーンは
ないんだなーと。ちょっと残念。
相変わらず戦のシーンが迫力満点で、シンドゥラ戦が楽しみ。
コミックスで何とか殿下が即位するまではやって欲しいですが…まだまだ
時間がかかりそうですね。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover