通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV) 文庫 – 2015/3/13

5つ星のうち 4.6 303件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 886 ¥ 1
文庫, 2015/3/13
¥ 929
¥ 929 ¥ 19

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
  • +
  • ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
総額: ¥1,879
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

累計320万部の不朽の名作が新版に。野島伸司脚本監修、山下智久主演で連続ドラマ化が決定。知を求める青年チャーリイの苦悩と愛の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

32歳になっても幼児なみの知能しかないチャーリイ・ゴードン。そんな彼に夢のような話が舞いこんだ。大学の先生が頭をよくしてくれるというのだ。これにとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に検査を受ける。やがて手術によりチャーリイの知能は向上していく…天才に変貌した青年が愛や憎しみ、喜びや孤独を通して知る人の心の真実とは?全世界が涙した不朽の名作。著者追悼の訳者あとがきを付した新版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 464ページ
  • 出版社: 早川書房; 新版 (2015/3/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150413339
  • ISBN-13: 978-4150413330
  • 発売日: 2015/3/13
  • 商品パッケージの寸法: 15.8 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 303件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,988位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
知的障害だが、他人に脅威を与えず、他人から馬鹿にされても友達がいる人生が良いのか、飛躍的に脳が発達し、他人に脅威を持たせて友達がつくれなくなる方が良いのか。
作者は両極端なものを描いたと思う。私個人としてはその中庸を行きたいと考える。
主人公チャーリーはその両極端で生き続け、その中庸に行くことはなかった。それでも人生の過程で恋愛ができたことは良かったことだと思う。私は本を読みながら常にその恋が良好であれ、と願っていた。
一方は「終わり」を認識でき、もう一方はそれすらも認識できないというシーンは切なすぎた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/7/28
形式: 文庫 Amazonで購入
知的障害のある主人公のチャーリー・ゴードンが、実験台となって手術を受け、IQが70から190近くにまで変化したことで見えてきた世界や感情の動きを、呼び覚まされてゆく過去の記憶への対比とそこから生じる葛藤とともに描いた長編である。文章は著者の1人称中心で書かれていて、知能の変化に合わせて文体も変化する。タイトルにあるアルジャーノンとは実験用の白ねずみである。

2015年に著者追悼の訳者あとがきを追加した新版である。実はもう半世紀前に書かれた話だということに、ようやくそこで気づいた。普遍的なテーマを扱っており、古さは全く感じない。よく考えられて構成されており、時々感情を揺さぶられる。テーマとしては、若い頃に読んだドストエフスキーの「白痴」に通じるものがある。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「一昔前の懐かしの時代」 な印象ばかり感じました。

特にアメリカでIQが過剰信仰されていたころの世相を反映した内容となっていますから、
最近になってはじめて読む人には、基盤になっている社会通念が少し古い気がして違和感感じるかもしれません。
また、性の葛藤の関する記述が多く、心理学に詳しい著者が書いたからなのでしょうけど、
フロイト臭が強いなあと思ったりもしました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 写楽 投稿日 2013/11/10
形式: 文庫 Amazonで購入
パンドラの箱を、空けてしまった気分。

チャーリーが、手術により頭がよくなった後、食堂にて、過去の自分の様に精神遅滞者が、失敗してほかの客がその様を見て嘲笑している時に、初めは同様に笑ってしまう。

その後、過去の自分も、同じ立場(バカにされ、笑われていた)にいたことを思い出し、他の客に罵声を浴びせるシーン(316p〜319p)。

ここで、己にも、そういう面(嘲笑する人格と、される人格)が同居していることを、今更ながら気づく。
精神遅滞者だろうが、障害者だろうが、どんな境遇にある人でも、いずれも一人の人間であり、人間として尊重されるべき(遇されるべき)存在である。

世の中には、知らない方が幸せなこともあり、知ったことで逆に、傷つく場合もある。 しかし、傷つき、失敗しながらでも学ぶからこそ、人は成長できるんだね

「人を思いやる心」を忘れず。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
自閉症で知的障害児(次女5年生)を持つ父親です。
今年(平成26年4月)になって、初めてこの本に出会いました。
もしもこの本に巡り合えなかったら、私は「障害児である次女の療育」を、私は投げ出して
しまっていたかも知れません。

知的障害児を持つ親としては、当然「知性(IQ)が伸びて欲しい」と思うのは当然で、
「この子が生きている、或いはまだ小さいうちに、早く治療薬や治療方法ができて欲しい!」
と、誰もがお思いになっていると思います。

この本を読んで、「それだけ(知性が伸びればそれで良い)ではないのではないか?」という
考えに至りました。

次女はまだ、知的レベルは2〜3歳程度で、一応ひらがな・カタカナの読み書きは出来ます。
ただし、「お腹が痛い」とか「お花はキレイ」とか、そういう表現は一切出来ません。

知性(IQ)が伸びれば、このような部分は、当然克服できるのでしょうが、一方で「純粋さ」
みたいなものが失われるのは悲しいことです。

次女は、本当に純粋で、ガラス細工のような壊れやすい存在です。
嬉しいことには無邪気に笑い、嫌なことをやろうとすると泣いてしまいます。
ただし「嘘」を付
...続きを読む ›
4 コメント 533人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー