Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,008
ポイント : 101pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[クリストファー・スタイナー]のアルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)
Kindle App Ad

アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書) Kindle版

5つ星のうち 4.3 56件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,008
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,066 ¥ 1,498

商品の説明

内容紹介

古代から存在はしたが、2000年代、ウォール街で金融商品の開発に活用されたことで一気に進歩したアルゴリズム。映画や音楽のヒット予測に限らない、今や私たちの生活のあらゆる場面に進出しているのだ――。

内容(「BOOK」データベースより)

未来はAlgorithmから逃れられない―ボットに支配される社会で成功する道はどこにあるのか。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1708 KB
  • 紙の本の長さ: 244 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2013/10/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00FMI2XIW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 5,510位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
今でこそ、人工知能だ、ディープラーニングだ、とこの領域が俄然騒がしい。その人工知能が作り出すアルゴリズムで物事を判断し、そして人間の一部代用として機能する(させる)ことを考えると、アルゴリズムの事例を多く引用しながら綿密に解説した本書が既に2012年に出されているという事実は、頭に留めておくべきと思い、冒頭で敢えて「5年前に」と書いた。
ウォール街の金融取引で、早くからこのアルゴリズムが暗躍(?)していたことはある程度認識していたが、その深層まで生々しく描いた第1章で、まず自分の認識の浅さを痛感すると同時に、本書を読む手が止められなくなった。邦訳のタイトルからは、近未来のことを書いているように思われるかもしれないが、ここに出てくるのは今まさに起きていることであり、既に過去に起きたこと。医療やコールセンターへの応用は、深度はともかく、想像の範囲内と言えるかもしれないが、映画批評や作曲への応用などはただ驚く、いや、おののくばかり。中でも、ビートルズの”A Hard Day’s Night”のイントロに潜む謎をアルゴリズムで解き明かす下りは圧巻としか言いようがない。
多くの変数を抱えた複雑なアナログ事象をビット化して、最終的には二者択一のデジタルなレベルにまで分解してアウトプットを出し続けてゆくアルゴリズム。アナログ的存在の典型である人間も、既にその対象だ。人間はどこ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アルゴリズムってのは物事を判断するルールで人工知能、っていうとアルゴリズムを生成できる仕組みっていうのが実際の使われかたかな、って思います。
で、いま人工知能がどうのこうのっていう話がよく出てきますけどそれってアルゴリズムを精緻に組むっていうことで実現できることがほとんどです。そういう意味では人工知能について勉強しようと思ったらまずアルゴリズムを理解しなくちゃいけないのかな、って思います。で、アルゴリズムってのは条件分岐だよ、と。
そういうと大したことないようにおもえるんだけどその条件分岐でどれだけのことができるかの実例がいっぱい出てきます。そういう意味でこの本を読むと機械学習とかAIを考える上での設計の指針を整理する助けになるような気がします。すっきりしてます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/4/17
形式: Kindle版 Amazonで購入
邦訳初出は、2013年10月8日リリース。電子書籍化は同年10月10日。著者クリストファー・スタイナー自身、エンジニアであり、『フォーブス』や『シカゴ・トリビューン』でテクニカル・ライターを務めた経歴の持ち主である。

非常によく調査され、中身が非常に濃い一冊である。そして、様々なヒントに満ち満ちている。ここ一年読んだ本の中で、最も面白い一冊だった。未読の方の愉しみのために、多くは触れないが、強く感じたのは、現代において、コンピュータ・サイエンスを習得した人間が最もカネを稼ぎ、世の中を変えていくだろうということだ。それは、コンピュータ・サイエンスを習得した人間が自身の『会社』でのシゴトに実はまったく縛られていない、ということに気がつけるか、ということでもあるだろう。本人が興味を持てば、多種多様な分野で驚くような『作品』を生み出すことが、彼らには可能なのだ。

今では、ウォール・ストリートには物理学者が2,000人いるらしい。しかし、ウォール・ストリートも『彼ら』を縛れない。2000年代、ウォール街で金融商品の開発されたアルゴリズムに始まり、そこで開発されだ技術が、『様々な分野』で応用され、進化している。それがすべて動いているのが、『今』なのがよく分かる。そしてプログラムを少しでも書いたことがある人間にとって、こういったプログラムは、もっとも面
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2015/12/27
形式: 単行本
自動運転技術の実用化が見通せるようになってきた。自動運転は人間が何もしなくても、
安全に目的地まで自動車が運んでくれるというものだが、実際には人間が組んだ
アルゴリズム(計算手順)に基づき、情報を瞬時にそれも高速で解析し、動きを決める
ものである。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私は二十代よりずっと文系職の世界にいます。

年を重ねる中で感じる、『優秀な人間』の定義の変化。

若いころは、今よりもっと、資格とか、知識の量なんかが評価されていました。

年々、一人当たりの仕事量が増え、高速の事務処理と、知識のすばやい検索が重視されるようになると、そういった分野にコンピュータが進出してきました。

そして、結果的に、業務は効率化されましたが、それは、肝の無い、表面的な事務処理の連続にすぎないような印象になっております。

しかし、今、優秀な人間といえば、こういったことができる必要があるのです。

頭は良くても、処理速度や量がよくない人間は、徐々に評価を落としております。

本書を通じて知りたかったのは、どのような分野に、どの程度、こういったシステムが入り込んでいるのかということです。

文系の分野は、枝葉の問題と、落としどころの問題があるため、機械にはできないだろうとタカをくくっていた部分もありましたが、本書を読む限りでは、私の考えは甘いようです。

まさか、弁護士の世界にまでこういったものが入り込んでいるとは思っていませんでした。

本物の職業人にならねば、40
...続きを読む ›
2 コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover