通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アリス殺し (創元クライム・クラブ) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付属。●Amazon専用在庫●注文確定日から1~2営業日以内に発送(日曜日は定休日)●プチプチ又はフィルム袋にて防水梱包。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アリス殺し (創元クライム・クラブ) 単行本 – 2013/9/20

5つ星のうち 3.4 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 197

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アリス殺し (創元クライム・クラブ)
  • +
  • クララ殺し (創元クライム・クラブ)
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 112pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

複数の人間が夢で共有する〈不思議の国〉で次々起きる異様な殺人と、現実世界で起きる不審死。驚愕の真相にあなたも必ず騙される。鬼才が贈る本格ミステリ。

内容(「BOOK」データベースより)

“不思議の国”の住人たちが、殺されていく。どれだけ注意深く読んでも、この真相は見抜けない。10万部突破『大きな森の小さな密室』の鬼才が放つ現実と悪夢を往還する“アリス”の奇怪な冒険譚。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2013/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488025463
  • ISBN-13: 978-4488025465
  • 発売日: 2013/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 49,389位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
原作のルイス・キャロルの不思議の国のアリスファンだったので読んでみました。
まず感想としては予想以上にグロい!
ちょっとホラーチックなミステリだと思っていると痛い目に遭います。
またいちいち同じネタをひねくりまわす会話シーンも人によってはイライラするでしょう。
しかし、独特のやりとりが絶妙でまるで原作のキャラがそのまま喋っているような文章は秀逸だと思いました。
また不思議の国の人物が現実世界の人とリンクしているという設定も原作を読んでいるほどミスリードされる
構造になっていて、ファンとしては引き込まれました。
全体的には叙述トリック系の、読後に背中がゾクゾクするようなダークファンタジーです。
最後に予想外の展開が待っているのでどんでん返しが好きな人にもオススメです。
ただオチが超展開なのでそういうのが許せない人にはおすすめできないかも・・・。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
二度読みしました。
「おもしろいから二度目を読みたい」という欲求からではなく、単純に確認のため。

最後に明かされる事実に関して、登場人物の会話の中で齟齬がないかを、確認。
結果、完璧でした。
そしてなぜこの小説が、ほとんど会話ですすめられているかも、なんとなく納得。

二度読みでは分からない齟齬はあるのかも知れませんが、わたしは気がつきませんでした。

たいへん、おもしろい小説です。
だけど、とってもグロテスク(笑)
グロテスクなので、他人には勧めにくい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「不思議の国のアリス」の世界観を利用しつつ、不思議の国で殺された人物が現実世界でも死亡する、という設定です。ミステリーとしては現実世界の人物が不思議の国の誰に該当するのか?という点がストーリーの核になっており、技巧派的側面が強いです。また「不思議の国のアリス」の二次創作としても中毒性の強い偏執的な会話を見事に再現しています。さらに上記設定によって唯我論的SFとしても読めます。色々詰め込まれている割にはうまく設定が生かされており、レベルの高い小説になっています。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルや表紙から不思議の国のアリス (角川文庫)がベースっぽいのと、
そのキャッチーなタイトルとあらすじに惹かれて購入しました。

タイトルの通り、世界観やキャラクターのベースはもちろんのこと、
最初の事件や犯人へのヒントなどといった大事な部分にいたるまで
モチーフをきちんと汲み取って料理したミステリーでした。
文章内で汲み取れない程ではないですが
原作を知っていないと読むのはちょっとキツいかなと思わせるほど。
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
繰り返しの会話やキャラ設定、ぶっ飛んだバリエーションの多いアリスの中では普通の範囲に入るだろう。
適度にグロく、適度に不思議。
ミステリとしてもミスリードで楽しませてくれる。
ウェルメイドなアリスものだが、好きなモチームなのでこういう本が増えてほしい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
正直に言ってしまうと小林泰三の書く本で本当の意味で感動したことがあるのは『海を見る人』ぐらいで、
その他の長編にしろ短編にしろ出来がいいと感じられるものは多くないですし、
また彼の綴る文章も流麗・美文とは言い難い所であります。

じゃあ小林泰三の作品は何が優れているのか? というと、SFを源泉とする発想(ロジック)であり、
血の気のない死体を更にぐしゃぐしゃに蹂躙するようなグロテスクなイメージにあるわけでして。

今作『アリス殺し』は「不思議の国のアリス」のもつメルヘンさと不条理さをモチーフに、
作者オトクイのSF・ロジックを見えざる主柱として組み込み、
かつそうした特異な環境で冴える論理(推理)もねじ込んだという野心作となっています。

読み進めていくうちに重要そうな人物があまりにも無残な死を遂げていく頃にはハラハラドキドキどころか
「おいおい、本当に収拾つくのか?!」と物語自体の行く末が心配になりますが、
読み終わりにはある種の納得の上でこのお話にさよならが出来るかと思います。

感動したい人には勧められませんが、凄惨な、奇想ともいえるロジックに触れたい方には是非読んでほしいところです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー