Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 620

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[今井哲也]のアリスと蔵六(7)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)
Kindle App Ad

アリスと蔵六(7)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) Kindle版

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] アリスと蔵六(RYU COMICS)の7の第7巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 620
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 670 ¥ 1,040

紙の本の長さ: 139ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

【電子限定特典ペーパー付き】「想像したものをすべて現実に出現させることができる」物凄い超能力を持った少女【紗名】。彼女が出会った花屋のじいさん【蔵六】は、そんな超能力など気にもせずに「人間として悪いことは悪い」と真正面から説教してくる厳しくも正しい人だった…。【第3部】では、最大の敵【KING】が出現。度外れた能力を無邪気に行使して、人類を大変な危機に陥れようとしていた――。

著者について

千葉県船橋市出身。2005年「アフタヌーン」四季賞2005冬大賞を『トラベラー』で受賞してデビュー。代表作に『ハックス!』『ぼくらのよあけ』(ともに講談社)がある。2012年連載開始の『アリスと蔵六』で第17回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門新人賞を受賞。「俺マン2013」で8位にランクイン。アニメと猫が大好物。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 127762 KB
  • 出版社: 徳間書店(リュウ・コミックス) (2016/12/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N8P9JNL
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
 (少し内容に触れています)

 研究所のワンダーランドの新生「赤の王」は友好的に近付いた紗名を面白半分で心停止に追い遣る。
 「王」の余りの屈託の無さに怒りと危機感に襲われた一条さんは己が能力全てを使い、強大な力をどう奮うか試行中の「赤の王」に立ち向かうが…。
 紗名と一緒に見学に来ていた歩と羽鳥達は、ワンダーランドが異常増殖し、みるみる周囲を侵食し始めるのを観る。

 世界各地で人々に予測不可能な超能力「トランプ」を与え始めた「ワンダーランド」。
 その体現であり代弁者である「赤の王」が無邪気に力を振い生命を絶って行く様が美しくも恐ろしい7巻。
 すこし赤の王と紗名の対比が解りやす過ぎる面は御座いますが本巻中で見事な収斂を見せて、次巻の引き、一挙に60年以上時空を越え本作の伏線回収の旅へと繋がって行きます。
 恐ろしい赤の王以外にも内閣情報調査室所属の魔法少女(?)一条さんや、紗名、歩、研究所の人々、そして短いながら蔵六各々見せ場が有り、大いに満足出来る内容でした。
 今井氏の時に走り過ぎるラフにすら見える描線は非常に動的な印象を読者に与えますが、遂に2017年にアニメ化決定との事。
 次号リュウ誌で詳細発表が有りそうですが、一体どんな音と色彩を伴って、「鏡の門」が弾け
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
このマンガが今一番、最高に面白い。
1巻ごとに心のハードルは上がっているはずなのに、それを軽々と飛び越えてしまう面白さ。
赤の王との闘いの中で交錯する一条さん、羽鳥、あーちゃん、山田、紗名たちの想い、涙無しには見られません。

次の巻ではいよいよタイトルである『アリスと蔵六』につながる物語となるようです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
だんだん、ストーリーの品質が落ちてきた。
正直このままでは講読を続けるのは辛い・・・。
一条さんは序盤では良い味を出していたのに、
この巻では消化不良。

作者もうそろそろ、この作品を畳んでもいいのでは。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover