Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 620

¥ 50の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[今井哲也]のアリスと蔵六(5) (RYU COMICS)
Kindle App Ad

アリスと蔵六(5) (RYU COMICS) Kindle版

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] アリスと蔵六(RYU COMICS)の7の第5巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 620
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 670 ¥ 330

紙の本の長さ: 165ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

「想像したものをすべて現実に出現させることができる」魔法の力を持つ少女・紗名。「研究所」から脱走し、途方に暮れていた彼女が出会ったのは、頑固じいさん・蔵六。この蔵六との出会いが、紗名の運命を、そしてこの世界の運命をも大きく変えていくことになる…。「他者の心を操る」魔法を使える少女・羽鳥と出会った紗名。しかし羽鳥のせいで楽しみにしていた約束を邪魔されたこともあって、紗名はどうにも羽鳥のことが気に入らない。そしてある日、紗名は羽鳥を「ワンダーランド」へと誘い込む…。第2部「羽鳥編」クライマックス!!

著者について

千葉県船橋市出身。2005年「アフタヌーン」四季賞2005冬大賞を『トラベラー』で受賞してデビュー。代表作に『ハックス!』『ぼくらのよあけ』(ともに講談社)がある。2012年連載開始の『アリスと蔵六』で第17回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門新人賞を受賞。「俺マン2013」で8位にランクイン。アニメと猫が大好物。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 137199 KB
  • 出版社: 徳間書店(リュウ・コミックス) (2015/5/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019MF0ORM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
本作は良い意味で演出がアニメ的ですが、今回は特に映像美に優れてます。
まさに「アリス・イン・ワンダーランド」!

作品全体のあらすじとしては、何かとアクション的で血なまぐさかった第1期より、
第2期の3~5巻は展開的には小休止の様相ですが、その分、
ファンタジー的な映像展開を交えつつ、心理描写に深く切り込んでいます。
じわーっと涙腺に刺激が‥‥。

今回はすっきり綺麗に一つの物語が終了しただけに、
次巻以降、これまで張りに張ってた伏線が怒涛のように押し寄せそう。
楽しみです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
例えば、ルイス=キャロルによるアリスとワンダーランドとが、ルイス=キャロルによって作られたものであるとします。

作者は主人公と謎の世界とで自由に小説をつむぐことができました。

ルイス=キャロルの場合には、すべてがアリスの夢の中のことであったようにお話の全体の説明をつければ、それで作者としての仕事を完結させることができたわけです。

さて、この作品では、アリスがワンダーランドを夢に見るというよりも、アリスがイメージしたものがワンダーランドとして実体化するという積極的な創造の行為であるとされているのです。

ただし、積極的ではありますが、自在ではありません。意識的にか、無意識的にか、実体化「してしまう」という種類の創造です。

コントロールできてはいないのです。

そういう少々不確かな、しかし思い切った派手な変化が生み出される状況の中で、アリスがほかの存在である者に対して働きかけて、お互いを理解しあうための舞台として、アリスのワンダーランドが使われるのです。

相手を理解するためにワンダーランドの性質をコントロールしているわけではありませんが、相手を理解しようとする核となる気持ちがあって、自分とは異質なほかの存在である者との間での相互理解が「結
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
 (少し内容に触れています)

 日々強くなる「他人を操る能力」を手にした羽鳥。
 その力を用い、自分を顧みなくなった母親に偽りの笑顔を向けさせるも絶望は深まるばかり。
 唯一の親友、歩と共に、町中の人間を硬直させて散策を楽しむが、そこに能力が効かない、オールマイティな力「赤の女王」を持った紗名が現れる。
 幼いながらも、同居人の頑固だが好漢の蔵六達が硬直した原因が羽鳥と気付いた紗名は彼女を懲らしめる為に、勝手知ったる「ワンダーランド」に誘き寄せるが、互いの能力が干渉し、予測外の事態に。

 ジュブナイルSFの傑作「ぼくらのよあけ」で有名な今井氏が、魔法少女を題材に描いたファンタジー・アクションかつ「人間とは何か」をテーマにしたハードな思弁SFでもある良質な作品。
 そして、成長期に有る子供達を見守る暖かい視線が通底しているのが素晴らしいです。
 通常の物理法則を無視した超能力「アリスの夢」を持った羽鳥と、特に紗名の問題は非常に特殊ですが、思春期に悩みを持っていた経験が御有りの方には共感し易い構造となっています。
 辛い時に本作の様に友人や、厳しいけれど筋の通った蔵六の様な大人が身近に居てくれるとどんなにか心強い事でしょう。

 絵は奔り過ぎて時に荒く見える時も有
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
なかなか、こう言うしっかりした作品は認められず。。。。。。。。。。。
ヒロインが大量に出て、萌え萌えな作品が売れる世の中ですが。。。。。。
負けずに頑張ってほしいですね。。。。。。。。。。。。。
と言う訳で、これは買いです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover