通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アラブの音文化 〜グローバル・コミュニケーションへ... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆在庫確実、保証付き◆◆◆【当店の商品は安心・迅速のAmazon配送センターより発送となります】◇帯付き、本文に書き込みもなく、全体的な本の状態おおむね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

アラブの音文化 〜グローバル・コミュニケーションへのいざない〜 単行本(ソフトカバー) – 2010/2/12

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,430

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アラブの音文化 〜グローバル・コミュニケーションへのいざない〜
  • +
  • イスラムと音楽 〜イスラムは音楽を忌避しているのか
  • +
  • 21世紀中東音楽ジャーナル
総額: ¥7,452
ポイントの合計: 166pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「音文化(おんぶんか)」という考え方は、音が作り出すコミュニケーションを「音楽」という狭い枠から解放して、自然音や聴覚以外の諸感覚、身体性などと係わらせて理解すること、および音のコミュニケーションを社会や政治、歴史の脈絡のなかでとらえ返すことを見据えています。つまり、音のもつ身体文化的豊饒性を解き明かすこと、および、音が有する社会造成能力を見極めることが、「音文化」という概念の使命であり、それを13人の著者それぞれが、応用・発展させた成果が本書です。 アラブ世界の文化を、グローバル・コミュニケーションという独自の視点に立って、ヨーロッパとの関係にも目を配り、「音」の次元から考察した斬新な内容となっています。扱われる範囲が、歴史、伝統、理論、演奏、地域性、宗教、言語等におよぶと同時に、古典音楽から、儀礼や現代のポップ音楽やダンスについても幅広く論じられている点が特徴です。音楽に対する固定概念を解き放つ、斬新かつ気鋭の論集です。最終章には内容の理解を深めるための座談会も収録しました。

出版社からのコメント

第28回 田邉尚雄賞(東洋音楽学会)を受賞しました  授賞理由は以下の通りです。  本書は、音によるコミュニケーションの力をアラブの社会的・歴史的文脈で捉え、13名の著者がそれぞれの専門研究の立場から論じたものである。アラブの音文化に関する日本語文献がほとんどない現状において、本書の学会への貢献は貴重である。特に注目すべきは、本書がアラブ音楽の紹介や解説にとどまることなく、言語も音楽も多様な中で共通の価値基準や感受性がどのようにはぐくまれるのか、という独自の視座で問題設定を行い、この問題意識を巻末の座談会を含め、総ての執筆者が共有した上で、本書の全体を貫いている点である。この研究方法は、今後の共同研究や共著書のあり方に、重要なひとつの方向性を示すものとして評価できる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 304ページ
  • 出版社: スタイルノート (2010/2/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4903238415
  • ISBN-13: 978-4903238418
  • 発売日: 2010/2/12
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 619,210位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
西アジア各地方の音楽を研究・精通している音楽学者たちによる,意欲的なアンソロジー。「アラブの音文化」というタイトル通り、やや「言葉」「節回し」というものに重心が置かれていて、音そのものの在り方が「言葉に従っている音楽」というくくりに結論上なり気味であるが、8分の29拍子といった、言葉の朗詠を考えると説明のつきやすい世界についてや、ユダヤ音楽に残る節回しの共通性、ジャズやバルトークへの接点もちらりと触れられていて、入口としていろいろ触発させられる専門書です。音楽についてはCDやネットで別に調べないと、たとえば「アンダルシア音楽」が耳や目で体感できるか、やや不満でしたので(youtubeや専門雑貨サイトで閲覧・入手は可能なようですが)☆4つとしました。「言葉」に関しては必要な参考文献は各ページの下にありますので、そこから追って行けます。追伸:姉妹編で「東アジアの音楽」も出来されると嬉しいですね!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
大好きなアラブ音楽に関する知識を深めたくて購入しました。
音楽に精通している方であればより深く理解が出来そうですが、私にはまだまだ難しい内容です。
とはいえ、2度3度と読み進めて、頭に残ったものをきちんと消化できれば、もっとアラブ音楽の楽しみ方や理解ができることを期待しています。専門書の類ですので、カジュアルさはありません。

アラブの音文化という題名ですが、エジプトといった本当の意味でのアラブ諸国以外にも、アジアに近いトルコ、イラン、イラクなどなど様々な国の音楽の歴史やリズムの考え方が紹介されています。

既に知識として持っていましたが、習っているベリーダンスについても少しだけ触れてあったのが嬉しかったです。ですが、あくまで起源など他の本でも読める内容だったので新鮮さはありませんでしたが、ベリーダンスと関係のある楽器を演奏されているミュージシャンの方などが読んだら、もっとダンス自体にも興味を持ってくださるのではと思いました。

楽しいだけの読み物で収穫がない本よりも、しっかりとした知識を身に付けたいのであれば適した本だと思いますが、もっと写真や図解などで分かりやすい紹介を工夫して欲しかったです。

沢山の著者による投稿によって書かれた論文集といった感じです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は、2011年の第28回 田邉尚雄賞〈(社)東洋音楽学会〉を受賞しました
受賞理由は以下の通りです。

本書は、音によるコミュニケーションの力をアラブの社会的・歴史的文脈で捉え、13名の著者がそれぞれの専門研究の立場から論じたものである。アラブの音文化に関する日本語文献がほとんどない現状において、本書の学会への貢献は貴重である。特に注目すべきは、本書がアラブ音楽の紹介や解説にとどまることなく、言語も音楽も多様な中で共通の価値基準や感受性がどのようにはぐくまれるのか、という独自の視座で問題設定を行い、この問題意識を巻末の座談会を含め、総ての執筆者が共有した上で、本書の全体を貫いている点である。この研究方法は、今後の共同研究や共著書のあり方に、重要なひとつの方向性を示すものとして評価できる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック