この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アライバル 大型本 – 2011/3/16

5つ星のうち 4.3 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700 ¥ 1,773
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界各国29の賞を受賞、世界中に衝撃を与えたグラフィック・ノヴェル、ついに刊行! 漫画でもコミックでもない、素晴らしいSF(センスオブワンダー)に満ちた「文字のない本」。

出版社からのコメント

本国オーストラリア版と同じサイズで、海外で共同印刷した日本版は、現在アマゾンでも流通しているアメリカ版よりも一回り以上大きい版型です。文字がないとはいえ、原書と同じサイズでじっくりとこの素晴らしい作品世界を味わってください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 128ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2011/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309272266
  • ISBN-13: 978-4309272269
  • 発売日: 2011/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 31.2 x 23.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,435位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mintjam トップ500レビュアー 投稿日 2011/5/1
形式: 大型本
いや驚いた。翻訳版が登場するとは。
ボクが本書に出会ったのはインド駐在時代ですが、かなり衝撃を受けました。
表現もさることながら、故郷を離れて、海外で仕事する者にとっては
多いに共感できる内容だったので。

以下は原書版へのレビューです。
--------------------------------------------------------
異国の地で奮闘する同輩へ

この文を読んでいる方で、日本以外に住んでいる方はいったいどれだけ
いるだろう? ほとんどいないと思いますが、もしこれから海外へ
転勤されるならば、ぜひその地で本書を開いてほしい。

ここには家族と別れて、勝手のわからない異国へと旅立った一人の男性の
物語があります。舞台となっているのは地球上のどこにも存在しない架空の国。
そこは奇妙な文明がほびこり、文字を読むことさえままならない男は
船をおりての入国手続で早くも一苦労します。

家を借りたり、仕事を探したりする中で、同じ境遇の仲間たちとも出会い
少しずつ新しい地での生活に馴染んでいく様子に、ひとつひとつ共感しました。

文章はいっさいなく、モノクロの
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
私たちは現在競争社会で暮らしています。
個人も企業もそして国家も民族も、競争し、勝つこと、
つまり自分の幸せのためには他者を出し抜くことが必要です。
しかし誰もが自分の幸せだけを考えて行動することを突き詰めていけば
奪い合い、上に立ち、支配しようとする残酷で殺伐とした戦いとなり、
やがて最後には戦争となるのです。

この作品で主人公と家族が移り住む新天地となる国には
共存の精神がまるで憲法のように存在しています。

それは「働かざるもの食うべからず」のような冷たいものではなく
一見対話の不可能な相容れない異種生物を家族として扶養することを課すことで
私たちの心の底に誰もが持っている思いやり、やさしさを喚起、促進する、
というような全く新しい視点によるものに感じます。

実は他者に優しくする、というのも本当は自己満足なのかも知れません。
しかしたとえ上辺だけでもそう行動していくことは積み重なって
何か我々全体にとって助けになるような気がしてならないのです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 表紙絵はフェルト帽をかぶった20世紀初頭風のスーツ姿の男性。右手にはこれまた年代物の四角く大きな旅行鞄。彼がおそるおそる見つめているのは、ヒエロニムス・ボスの絵に出てきそうな奇怪な四ツ足動物です。そしてこの表紙絵に掲げられた『アライバル』(=到着)という書名を目にして私は、これが1世紀ほど前の科学知識が未発達な時代に突如現れた宇宙生命体とのファースト・コンタクト物語かと一瞬思ったのです。

 しかしこれはそんなお話ではありません。
 どこでもないどこかの国で妻と幼い娘と暮らしていたお父さんが、意を決して単身海を越えて異国に渡り、言葉も通じない新しい社会で右往左往しながらもなんとか職を見つけて生活の基盤を整え、ようやく妻子を呼び寄せる。その道のりを台詞とナレーションを一切排して描いたサイレント・グラフィック・ノベルなのです。

 著者は父親がマレーシアからの移民だというオーストラリア人。しかしセピア色で描かれるこの絵物語のモデルとなったのはオーストラリアというよりは、ニューヨークのエリス島を経由して移住者を多数受け入れた20世紀初頭のアメリカのようです。

 登場する動物や食物はおよそ私たちが目にするものとは異なる奇怪な形をしています。
 またところどころ差し挟まれる、そこに暮らす人々それぞれの移住前の
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
一度本屋で見たのですが「絵本」だし、ということで見栄を張って買いませんでした。ところがその後から気になって気になって仕方がないのです。とうとう見かけた本屋に足を運ぶも売れた後で、タイトルも覚えていなかったので注文も出来ませんでした。
ネットで検索するとその独特な世界観のせいか意外にも数個のキーワードで簡単に探し出すことが出来て、あらためてこの本の凄さに感心しました。
届いてページをめくる時は久々に「心が震える」状態を味わいました。どのページも素晴らしい。一見アメリカを設定しているように思えますが、現代の地球上ならどこでもあり得る光景を幻想的に描いてます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック