中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

アライアンス「自分成長」戦略 単行本(ソフトカバー) – 2009/4/9

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 500 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◇「おサイフケータイクレジット」発案者による「会社の枠を超えて活躍する」キャリア戦略

「おサイフケータイ」プロジェクトを成功させた著者が、会社の枠を超えて自分を成長させるキャリア戦略を、不況でも引っ張りだこになった自らの経験をもとに紹介。

1人でがむしゃらにのしあがっていくような従来の目標逆算型の戦略とは異なり、「1人では不可能なことも、人を巻き込み、まわりの力を活用しながら、出会ったすべてをチャンスに変える」戦略です。

◇半径3mからはじめる行動~どこでも通用する自分ブランドの確立までフォロー

東大、ハーバードでも教えてくれない半径3mの身近な行動から、「ブルー・オーシャン戦略」「プラットフォーム戦略」をはじめとした企業の戦略論を個人に置き換える方法、自分ブランドの確立のしかたまでをフォロー。

就職氷河期を経て、「個人の時代」を痛感している、若手ビジネスパーソンも必読の1冊。

内容(「BOOK」データベースより)

あなたは会社の名刺なしに、どれだけ通用しますか?気づいたら想像以上のチャンスをつかんでいる東大、ハーバードでも教えてくれない「戦略的・寄り道キャリアメイク」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 229ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2009/4/9)
  • ISBN-10: 4534045387
  • ISBN-13: 978-4534045386
  • 発売日: 2009/4/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 661,106位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
日本人のライフスタイルに大きな影響を与えている「おサイフケータイ」の
生みの親である平野敦士カールさんが、自分ブランドのつくりかたについて
一冊にまとめました。

・プラットフォーム戦略
・「得意なこと」「苦手なこと」は多面的に広げて分析する
・3行自己紹介

など参考になるノウハウが多く、とくに転職希望者はぜひ読んでおきたい一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「アライアンスといえば平野さん」の第3冊目。

この本でとてもすばらしいと思ったのが、営業キャッシュフローの話が出てくること。
仕事術の本を読んでいるとなかなか知りえない知識ですが、これを知っているかどうかで、就職する会社の見方も変わってきます。

もちろん、この本だけですべてがわかるわけではありませんが、関連書籍に興味を持つきっかけを作ってくれるはず。そのことだけで、★6つ差し上げたい気分です。

ほかにもポーターの5フォースなど、常識的な知識ですが、それゆえに知っておけば上のレベルの方から「へぇ、勉強してるな、やる気があっていいヤツかも」と思ってもらえる可能性も高まります。

そういった意味で、就職した後より、する前に読んで、スタートダッシュをかけたい人にうってつけでしょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
今の仕事に不満があるわけではないけれど、自分がやりたい仕事は、本当にやりたいことなのか、と思うことはたまにある。

そんな疑問にまず、この本では、「天職は見つけるものではなく、出合うもの」だと、
言ってくれていて、つっかえがとれた気がした。

さらに、冒頭の2つの質問と自分の得意分野を活かしていく、まず目の前のことを一生懸命やるということが、天職は前に進んでいたら見つかるかもしれない、と背中を押してくれた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
100年に1度の金融危機というのは何度も耳にし、でも何をしたらいいのか悶々としていたこともあり、「自分成長」戦略というタイトルが気になったので読んでみました。

2章の企業戦略の理論的な話もためになったが、さらに3章以降の身近な行動も実践的でとても参考になりました。

読み終わったら、自分の進むべき道が自然に見えてきて、行動していくのが楽しみになってきました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
前著「アライアンス仕事術」で自身の体験から「仕事を成し遂げる」ための
新しいスキーム「アライアンス」人間力をメッセージアウトした著者による
「幸せな人生を生きるための」新しいスキームの提案です。

その核心は、「生きること」=「成長すること」。これをいかに戦略的に行うか?

本書には、著者が歩んできた、いわば、「ぶれない自分軸」を持ちながら、
目標に向かってまっしぐら・・ではない、さまざまな出会いと成長を繰り返し
ながら、「自分の価値」と「自分を取り巻く世界(職場、会社、社会、人間関係)」
の関係をダイナミックに捉えながら、しかし、エゴイズムに陥ることなく、
「give&give&give&take」な関係を目指して、win-winなネットワークをいかにして
構築するか、のハウツーが満載です。

景気に左右されない、組織にぶらさがらない自律した生き方をするための「個人ブランド」
の重要性から始まり、企業戦略論を適用し、具体的だが、しかし、紋切り型ではない
キャリア戦略論も開陳しています。そして、人間関係、人間力については、丁寧に、
丁寧に、特に若い方に諭すように、自身の経験をたくさん交えて、語っていきます。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
タイトルどおり、「成長するためにすべきこと」をテーマに色々と書かれています。30分ほどで読めます。

書かれていることについては、同意できますし、成功されたビジネスマンとして良いモデルであることは
否定しません。これが10年前に書かれた本なら、その頃なら価値は感じられたかもしれませんが、
最近の「ビジネス本」としては新しさが無い。つまりある程度勉強している人には
得るものは少ない。

さらには著者の一番のキャリアアピールである部分に関するところでも
「〜のようにしましょう。私がお財布ケータイを成功させたのもこのおかげです。」
「〜をしてみましょう。私がお財布ケータイを成功させたのもこれをしたからです。」
とクドクドクドクドとお財布ケータイを成功させたことを繰り返し書かれていますが
それを具体的にどのようにしてなされたのかが述べられていません。

ユニークだったのは、企業戦略を自己成長戦略として応用しようという考え方でしょうか。
例えば、コスト戦略を個人に合わせると、いかに少ない給料で、短時間に成果をあげられるか。
ブルーオーシャン理論なら、ライバル同僚のいないポジションでオンリーワンの評価を受けよう。
みたいな感じです。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー