中古品
¥ 525
+ ¥ 330 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なしです。カバーにスレキズあり。本文ページ良好。迅速丁寧に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アメリカCEOの犯罪―なぜ起きたのか?どのように改革すべきか? (トップ・マネジメント教育叢書) 単行本 – 2004/11

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,700 ¥ 525
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ポイントアップキャンペーンに事前登録しよう
2018/2/28 18時からのAmazonタイムセール祭りで、合計5,000円(税込)以上のお買物でポイントアップチャンス。 獲得条件をチェックして事前登録する。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

アメリカCEOの犯罪
 多くの日本企業が不況に喘いでいた1990年代、米国では強力なCEO(最高経営責任者)が次々に台頭して地位と名声をほしいがままに手に入れていた。エンロンやワールドコムなど、株価の一見順調な上昇に支えられた経営を羨んで日本企業の鑑とすべきだという声まで上がった時期さえある。しかしその実態はどうだったのか。2社の例を取れば、事実はCEOらの犯罪行為で塗り固められた虚構であった。本書はハーバード大学ビジネス・スクールの教授が、米国で起きた一連の企業犯罪、金融スキャンダルの現状を詳細に分析して、権力が集中し過ぎたCEOの腐敗や米国式経営システムの欠陥を指摘したもの。さらに、金融システムや規制機関の抱える構造的な問題にも鋭くメスを入れる。米国流経営の手法を疑うことなく賛美しがちな我が国の一部の経営者に対しては、警告を発する書でもある。

 投資家を欺き、犯罪に手を染めてまでCEOが富を貪る背景には、ストックオプション(株式購入権)の強い誘惑があると指摘。一時的にでも株価を吊り上げれば、個人の懐が潤うからだ。一部のCEOがそれらをいかに巧妙に、汚い手段で行ったかを暴くとともに、証券取引委員会など規制機関の無力さについても厳しく批判する。


(日経ビジネス 2004/11/29 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

CEOは共犯者ともいえる会計士、銀行、アナリストたちの協力のもと、いかにして投資家を欺き巨額の富みを築いてきたか、これらに対するSEC、連銀、議会などの対応がいかに生ぬるいかを、多くの実話、エピソードを織り込みながら赤裸々に描く。そして機能不全に陥ったシステムの包括的改革のための提言を行う。本書はアメリカ的経営システムについての啓蒙の書であり、それを志向する日本の経営者への警告の書となる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 459ページ
  • 出版社: シュプリンガーフェアラーク東京 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4431710973
  • ISBN-13: 978-4431710974
  • 発売日: 2004/11
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.2 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,367,131位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

カスタマー
2005年3月26日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告