この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アメリカ食文化―味覚の境界線を越えて 単行本 – 2003/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
ハードカバー
¥ 12,694 ¥ 2,358
単行本, 2003/2
¥ 2,633
ペーパーバック
¥ 3,570 ¥ 3,569
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

Ghulam Bombaywala sells bagels in Houston. Demetrios dishes up pizza in Connecticut. The Wangs serve tacos in Los Angeles. How ethnicity has influenced American eating habits--and thus, the make-up and direction of the American cultural mainstream--is the story told in We Are What We Eat. It is a complex tale of ethnic mingling and borrowing, of entrepreneurship and connoisseurship, of food as a social and political symbol and weapon--and a thoroughly entertaining history of our culinary tradition of multiculturalism.

The story of successive generations of Americans experimenting with their new neighbors' foods highlights the marketplace as an important arena for defining and expressing ethnic identities and relationships. We Are What We Eat follows the fortunes of dozens of enterprising immigrant cooks and grocers, street hawkers and restaurateurs who have cultivated and changed the tastes of native-born Americans from the seventeenth century to the present. It also tells of the mass corporate production of foods like spaghetti, bagels, corn chips, and salsa, obliterating their ethnic identities. The book draws a surprisingly peaceful picture of American ethnic relations, in which "Americanized" foods like Spaghetti-Os happily coexist with painstakingly pure ethnic dishes and creative hybrids.

Donna Gabaccia invites us to consider: If we are what we eat, who are we? Americans' multi-ethnic eating is a constant reminder of how widespread, and mutually enjoyable, ethnic interaction has sometimes been in the United States. Amid our wrangling over immigration and tribal differences, it reveals that on a basic level, in the way we sustain life and seek pleasure, we are all multicultural.

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ人は何を食べてきたのか。世界中の移民や先住民が集結するマルチ・エスニック国家の四〇〇年の「食」の歴史を総覧し、民族交流によるクレオール料理から、エスニック・フードとアイデンティティをめぐる闘争、フード・ビジネスに夢を賭けた移民たちのサクセス・ストーリーまで、食文化の変遷を通じてアメリカ社会の真相に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 443ページ
  • 出版社: 青土社 (2003/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4791760190
  • ISBN-13: 978-4791760190
  • 発売日: 2003/02
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 838,597位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2003年3月20日
形式: 単行本
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち3.0 3 件のカスタマーレビュー
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち3.0Not very substantial
2001年5月10日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち4.0Eat, think, and be American
2000年12月3日 - (Amazon.com)
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち2.0It doesn't paint a complete picture
2003年7月5日 - (Amazon.com)
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ホンダs660ホンダ ヴェゼルホンダ シャトル