¥ 2,808
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アメリカ独立革命 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アメリカ独立革命 単行本 – 2016/1/29

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/1/29
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 4,212

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アメリカ独立革命
  • +
  • ベンジャミン・フランクリン、アメリカ人になる
総額: ¥6,696
ポイントの合計: 143pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ブリテンの帝国システムのなかで発展したアメリカ植民地は、本国とどのように対立し、なぜ独立を選ぶことになったのか。独立戦争の過程で広がりをみせた共和主義の思想は、アメリカ社会をどのように変えていったのか。アメリカ歴史学の泰斗が、革命の起源から連邦憲法の成立までをたどりながら、全体像をコンパクトに描き出した決定版入門書。

内容(「BOOK」データベースより)

ブリテンの帝国システムのなかで発展したアメリカ植民地は、なぜ本国との対立を深め、独立を求めるに至ったのか。その過程で広まった共和主義の思想は、アメリカ社会をどのように変容させていったのか―。アメリカ歴史学の泰斗が、革命の起源から連邦憲法の成立までをたどりながら、独立革命の全体像をコンパクトに描き出す決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2016/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000220888
  • ISBN-13: 978-4000220880
  • 発売日: 2016/1/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 402,668位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

著者はアメリカ建国史の第一人者とされ、「訳者あとがき」によれば、本書は専門的な著書を一般向けに要約したものである。対象期間は、1760年代頃のアメリカへの移民急増に伴う東部海岸ブリテン領13植民地の人口拡大期から、1775年-1783年のブリテン帝国と13植民地との戦争、および1987年の憲法制定までである。本書は、この北米アメリカの独立革命前後の歴史を多角的にかつコンパクトに描いている。

1760年頃には、13植民地の人口拡大に伴い経済も発展し、植民地内の農産品の増産やブリテンとの交易額も増大していった。予想以上の「金の卵」となった13植民地に目を付けたブリテンは、政治や経済を通じての植民地支配を強め、税収拡大を図る。これに抵抗した13植民地は、内部での利害の違いによる対立はあったものの、ブリテンに徹底抗戦するという基本路線で自治組織の意見が集約されていく。1773年12月16日に勃発した有名なボストン茶会事件で衝突の危機は一気に高まり、1775年には植民地軍とブリテン軍との戦争が始まり、ついには植民地軍が勝利を収める。戦争開始時から、独立後のあるべき国の形について長い検討が始まり、共和主義政体が少しずつ具体化されていく。歴史上例のない、ほとんどゼロから人為的に建国された国の憲法制定のプロセスは、この時代の人々の深い知性を感じさせる。その知性のベースとなった
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す