Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 648
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[マイケル・アブラショフ]のアメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方
Kindle App Ad

アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方 Kindle版

5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 648
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 190

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

こんなに泣けるビジネス書はなかった!



海軍一のダメ軍艦(誘導ミサイル駆逐艦)「ベンフォルド」に配属された艦長が、

成果の上がらない組織を立て直し、柔軟で自主性にあふれる「強いチーム」

をつくり上げた、その驚きの手法とは?



初めて管理職に就く人から企業のトップまで、

これはどんな職場でも活かせ、一人ひとりの能力を引き出すマネジメント術だ!



◆強く心優しく、型破りな艦長、その驚異のリーダーシップとは

◆アイデアがどんどん生まれる風通しのいい組織づくり

◆「前例がない」をくつがえす方法

◆最低数日はかかる仕事を、二時間半で終える「超効率化術」

◆ライバル軍艦の度肝を抜いた「チームワーク」 

◆「失敗しない人」とは「何の挑戦もしていない人」である ……etc.





■目次



・1 「硬直した組織」に、ガツンと変化を起こす

・2 部下を迷わせない、確たる「一貫性」

・3 「やる気」を巧みに引き出す法

・4 明確な「使命」を共有せよ

・5 チームで「負け組」を出さない!

・6 なぜ「この結果か」をよく考える

・7 「合理的なリスク」を恐れるな!

・8 「いつものやり方」を捨てろ

・9 あなたはまだ、部下をほめ足りない!

・10 「頭を使って遊べる」人材を育てよ

・11 永遠に語り継がれる「最強のチームワーク」



■著者 マイケル・アブラショフ(Michael Abrashoff)

元アメリカ海軍大佐。機能不全に陥っていた軍艦ベンフォルドの艦長として、

同艦を“海軍No.1”と呼ばれるまでに大変革。海軍中にその名をとどろかせた。

現在は、その方法論を一般企業で活用するコンサルティング会社を経営している。



■翻訳 吉越浩一郎(よしこし・こういちろう)

1947年生まれ。ドイツ・ハイデルベルグ大学留学後、72年に上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業。

香港での合計6年のドイツ企業勤務を経て、92年にトリンプ・インターナショナル・ジャパンの代表取締役社長に就任。

早朝会議でのデッドラインによる即断即決経営を武器に、同社を19年連続増収・増益に導く。

2006年に退任し、現在は吉越事務所代表として講演・執筆等で活躍。

著書に『仕事ができる社員、できない社員』(三笠書房)などベストセラー多数。



★2016年三笠書房Kindle電子書籍で売れたランキングベスト30を紹介★

内容(「BOOK」データベースより)

「できるリーダー」は、何をしているか?―その具体的思考を明らかにする。はじめての管理職から、企業トップまで―海軍でいちばんダメだった「軍艦ベンフォルド」を変えたやり方―これはどんな職場にも活かせる!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2241 KB
  • 紙の本の長さ: 157 ページ
  • 出版社: 三笠書房 (2015/5/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B010A50H52
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 338位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
艦長になるまでの道程をはじめ、一艦長となってからも、前例に倣わずに己の直感と運命を共にする仲間を最大限いきいきと活躍させる粋な計らい、泣ける心意気によって、部下として心を掴まされた体験ができる書籍です。直接の部下を持つ持たないに関わらず、組織の先輩として、これからあるべき姿勢を示してくれるナビゲーターとして、繰り返し読む価値ある本です。リーダーに続くことができる部下を一人でも増やすのは、権限を傘に着る上司ではなく、部下のために傘に成れる人物であると諭されたように感じました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
文庫本サイズで、量もそれほどおおくないので、リーダーマニュアル的に持ち歩いてもいいレベルです。
とにかく、リーダーがあれやこれや口出ししないことや、部下のミスがいったいどこから始まったのかを見極めるなど、
リーダーだけに限らず、人間関係を気づく上で大事なエッセンスも多いです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
軍組織の中の描写が多々あるので、日本人が普通体験できない内容に関しては興味を持って読みました。
ただ、チームの作り方の内容そのものは、日本に元からあるリーダー論とほぼ同じであると感じました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
管理者になる方にとって、この本は教科書みたいに読み進められます。早速、日常業務で役立てています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
海軍という会社とは比較にならない規律、慣例、作法などが重んじられる組織の中で、ここまで変革と結果を出し続けた事例を読むと、自分の仕事で言い訳などできないと感じられる。
小説可能でしょうかような内容で、とても読みやすく分かりやすく、電子書籍であっても、読むのに辛さを感じませんでした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
役に立つかと言われれば、あまりない。
ただ、試してみるのはイイかも。
他人を信頼するのは、自分を信頼するより難しいと思うけど…
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「私の仕事は、部下が自分の可能性を最大限に発揮できるような環境を作り出すことだけだった。適切な環境さえ作れば、団結した組織が成し遂げられるものに限界などない」。

アメリカ海軍のミサイル駆逐艦「ベンフォールド」の艦長として300名以上のクルーを率い、ダメ艦だった同艦を海軍No.1と言われるまでに変革した元海軍大佐の本。原書は”It's Your Ship -Management Techniques from the Best Damn Ship in the Navy –“というタイトルでアメリカでベストセラーになっており、米国のAmazonでも本日時点で改定版等を全てあわせた合計で435個のレビューが掲載されている。

元軍人らしく実務的で骨太な書きぶりになっており、明快かつ平易で読みやすい。また、著者が海軍で経験したことや逸話がちりばめられていて、極めて具体的である。見方によっては自慢話のオンパレードのように思えるくらいだが、自分と部下が成し遂げたことに対して堂々と胸を張って語る姿勢には、すがすがしいくらいの誇りを感じる。

部下のひとりひとりに対して、徹底的に考えさせ、いいアイディアを褒めて評価する。そのためには、共通の目標を明確にして、部下を戸惑わせるグレーゾーンをあらかじめ無くしておく。「部下がどれだけ上司の命
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
アメリカ海軍での話ですが、人がチームワークで仕事をする上で上司・部下・同僚が共通して心しなければならないエピソード満ちている。組織に課せられたミッション(使命)を完遂するには、参加する人をミッションの道具(手段)にしてはいけない。参加する人々の人生を、組織に課せられたミッションの完遂を機会に、さらに充実したものへと導くことこそ本当のミッション!という話。少々オタク的な趣味から言えば、アメリカ海軍の生態の内幕を垣間見ることができる。余談ながら、新たに艦長に昇任した海上保安官の知人への餞としてプレゼントさせていただいた1冊。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 一般的なビジネス書、リーダーシップ啓蒙書と基本的な方法論は同じことを言っていると思う。
 異なるのは、軍隊の、しかも特定の軍艦を活躍の場として設定していることだ。乗員310人ということで、会社であれば事業部長クラスとでも言える主人公は、過去の経験を常に意識して、素直に改善しながら部下を掌握して、艦をアピールして実績を上げていく。
 組織の中では例外で、浮きやすい行動に出るところは、「軍という極端に階級的な組織の中で可能なのか?」という点は大いに疑問だった。提督や上官に恵まれていたり、紹介されている成功事例の他に過去を含む失敗事例が膨大にあるのではないかと穿ってしまった。しかし結果的に大きな評価を与えられた実績を残せたことは事実である。「戦力の向上」「経費の削減」という理由があるにせよ、アメリカの軍の中に、形式よりも結果を重視する基本姿勢があったことが幸いだ。しかし、繰り返しになるが、一番学ぶべきは過去の失敗から、あるべき姿を研究して実践した著者の姿勢だと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover