中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (Bunshun Paperbacks) 単行本(ソフトカバー) – 2008/10/9

5つ星のうち 4.3 94件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 576 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2008/10/9
¥ 3,733 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

デタラメな戦争、崩壊する経済、暴走する宗教、ウソだらけのメディア、腐敗する政治…ブッシュの8年間でアメリカはかくも酷くなった

内容(「BOOK」データベースより)

暴走する宗教。デタラメな戦争。広がる経済格差。腐った政治にウソだらけのメディア…。こんなアメリカを誰が救えるのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163707506
  • ISBN-13: 978-4163707501
  • 発売日: 2008/10/9
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 94件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 439,152位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
確かに、世界のリーダーたる立場にあるが、何でもかんでも、アメリカを崇め奉るのは止めよう。

アメリカで流行したものは、ほぼ、日本でも同じ波がくる(先取りし、儲けることもできるが)。

独立独歩の道を。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
間違えた智浩さんの書籍はどれも面白い。Kindleになっている書籍を読破中。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sada03 VINE メンバー 投稿日 2013/7/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
僕が読んだときには情報がすでに古かった。
今から読む必要はないかも知れません。
アメリカって結構むちゃくちゃな国って事は何となく伝わったかな。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
町山氏の本は大好きなのでほとんど全部読んでいるけれど、いつもメディアや映画の話が主なのに対し、今回はアメリカ社会をどっしりとテーマにそえている。
ゆがんだ宗教(キリスト教)から始まり、大義をなくした戦争、グローバライゼーションで格差を広げただけの経済、サイテー大統領ブッシュ、その他諸々...

中身によったら一瞬マイケル・ムーアの本かと勘違いしそうだ。

トピック自体は決して目新しいものではないけれど、取り上げられるエピソードが一般庶民の目から見た操作されていない「素」の声を現していてものすごく興味深い。
アメリカで実際に住んでいてメディアにかかわる仕事をされている町山氏以外日本人でこれを書ける人はいないだろう。

一番おもしろかったのが、コメディアンのスティーブン・コルベアの話。ギャグでタカ派を演じているのに勘違いしたホワイトハウスの役人が晩餐会に招待してしまう。
そこでスピーチのかわりに毒舌ギャグを連発してブッシュ政権を(彼らの目の前で)やっつけるくだりが最高。「私は国民をできるだけコントロールしない政府が一番だと思います。その意味でアメリカはイラクにすばらしい政府を作りました」と無政府状態のイラクを辛辣にとりあげる。こんな権力者たちの前でしかも自分ひとりだけしかいないのに批判をやってのけ
...続きを読む ›
1 コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
あれから4年が経とうとしています。

アマゾンでたまたま見つけたこの本のおかげで、
わたしは25年入信していた、アメリカのキリスト教系新興宗教から抜け出すことができました。
20万人以上の日本人が信仰しているその宗教を 今はカルトだと思っていますし、
自分は洗脳されていたとはっきりわかります。

二人の仲間にもこの本を読んでもらいましたが、
残念ながら自分の宗教を疑ってみる、というところまではいかなかったようで、
わたしは一人で苦労してそこから抜け出しました。
(すんなり脱退できないところがカルトだと思う理由の一つです)

今は以前とまったく違う充実した人生を歩んでいます。
なのでこの本は、わたしが洗脳から解かれるきっかけを与えてくれた本であり、
まさに人生を変えた本なのです。
さっき(日付けが替わってしまいましたが)町山さんをテレビで拝見し、改めてお礼を書きたくなりました。
本当にありがとうございました。わたしの恩人です。

できることなら まだあそこにいる方々にもこの本を読んでもらい
ここに書かれているキリスト教と自分たちのそれが 
よく似ていることに気付いてもらいたい、と願うばかりです。
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルの通り、ニューヨークの場所を知らないアメリカ人は多いらしい。日本で言えば東京の場所を知らないようなものだろうか。そんな人、日本にどれくらいいるのだろう? 日本に原爆を落としたのがアメリカだということを知らない人たちもいるらしい。ベトナム戦争でアメリカは勝ったと思っている人たちも多いそうだ。

アメリカには「反知性主義」とか「科学よりも宗教」とか、そういう考えを根強く持っている人たちがいるようだ。現在の大統領候補の一人であるドナルド・トランプ氏がやたら人気なのも、こういうアメリカの負の部分、愚かな面が如実に出ているからなのかもしれない。

中国・韓国のトンデモ話に飽きた人たち、たまには大国アメリカの噴飯話もどうぞ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 にゃんこ 投稿日 2016/7/13
形式: 文庫
文春の言霊USAを時々読んでいるので、面白そうだなと思い買ってみました。
アメリカの様々な人物や事柄について生活者目線でわかりやすく書かれています。
医療保険やとうもろこしの話はちょっと怖かったですね。
DCマダムや議員や神父の性スキャンダル、サブプライムローン、戦争など広範囲な話題が取り上げられていて飽きずに読むことができます。
アン・コールターというロクデナシ女性の発言はすごい矛盾だらけで、こんな人が政治解説者としてテレビに出ているなんて腹が立ちつつも
馬鹿すぎて笑ってしまいました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー