通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: ほぼ新品
コメント: 【美品】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 使用感・イタミ等なく、非常に良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊" (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2017/12/17

5つ星のうち4.4 9個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,650
¥1,650 ¥1,334
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊"
  • +
  • アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史
  • +
  • アメリカ人が語る日本の歴史 日本に迫る統一朝鮮(コリア)の悪夢
総額: ¥4,950
ポイントの合計: 51pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

かつて日本を叩きのめした米国は、日本が二度と刃向かうことができないよう、日本人の精神にある種の毒素を注入した。
その毒は、戦後70年以上が経過した今日においても某政党党首に「九条は神様のプレゼント」と真顔で言わしめるほど強力なものだ。
その毒は、今も学校教育によって健全な子供たちに注がれ、マスメディアによって日本全国にまかれ続けている。
しかし今、日本に毒を盛った側の米国自身にも、それと同種の毒がまわり、のたうち回っている。
本書には、そんな米国社会の、深刻な状況が多方面にわたって描かれている。

いったいどうしてそんなことになったのか? 話は1920年代にさかのぼる。
ロシアで成功した社会主義革命は、西欧には広がらなかった。マルクス主義者は、
西欧で革命を成就させるには新しいマルクス主義が必要だと考え、敵は資本主義よりも、伝統文化であるとした。
これを破壊するために、被差別意識を作り出す運動を起こし、それにより社会に亀裂を生じさせ、
時間をかけて国家を崩壊へと向かわせる、というものだ。
そこで重要な働きをするのが「ポリティカル・コレクトネス」(ポリコレ)である。
著者は米国社会に蔓延する深刻なポリコレの暴走に多くのページを割いて取り上げている。
ポリコレとは「性・民族・宗教などによる差別や偏見、またはそれに基づく社会制度・言語表現は是正すべきとする考え方」のことだ。

米国においてポリコレは、1960年代の反ベトナム戦争の抗議活動の頃から目立つようになる。
弱者に対する差別や偏見を是正するのは誰しも正義だと考える。
だから米国の左派は、黒人、性的マイノリティー、女性といった「社会的弱者」を前面に出し、彼らの意図した通りの方向に社会を変化させていった。
それが行きすぎた権利主張であっても、異議を唱えることは難しい。
彼らは、自分と異なる意見に対しては「差別だ! 」と大声をあげて黙らせてしまうからだ。

姿を変えたマルクス主義は米国の教育、マスメディア、政治、そして社会に浸透し、大きな力を持つに至った。
「メリークリスマス」はキリスト教信者以外の者に対する差別と言われ、結婚式では「夫と妻」ではなく「配偶者と配偶者」と呼ばねばならず、
「風と共に去りぬ」が人種差別映画とされ、破壊が要求される記念碑の数は増え続け、些細な言動で人々が失職する……。

このようなポリコレの暴走により、米国左派と右派の間で憎悪が増大し、すでに暴力を伴う左右の衝突が始まっている。
著者によれば、互いに銃を取って殺し合う、南北戦争以来の内戦にいずれ発展するという。
まさにマルクス主義者の目論見通りの結果になりつつある。

著者は「もう手遅れで、内戦を避けることは不可能」と述べ、その時日本が直面する困難に対して様々なアドバイスを提供している。

内容(「BOOK」データベースより)

トランプ政権のアメリカで、いま何が起きているのか?行き過ぎた権利の主張で、国家・軍・社会の弱体化が止まらない!日本は危険な思想侵略を食い止められるか!?姿を変えたマルクス主義。“言葉狩り”が国を滅ぼす。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
評価の数 9
星5つ
78%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
15%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
7%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
殿堂入りベスト50レビュアー
2017年12月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
95人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2017年12月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
65人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年6月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年6月25日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月28日に日本でレビュー済み
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告