アメリカン・ヒストリーX [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,200
通常配送無料 詳細
発売元: ちゃがま堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アメリカン・ヒストリーX [DVD]

5つ星のうち 4.7 84件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,724
価格: ¥ 3,458 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,266 (40%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、アリーナ電機が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換が利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 3,458より 中古品の出品:7¥ 316より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アメリカン・ヒストリーX [DVD]
  • +
  • 真実の行方 [DVD]
総額: ¥4,385
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: エドワード・ノートン, エドワード・ファーロング
  • 監督: トニー・ケイ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズ・ビデオ
  • 発売日 2000/09/22
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 84件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HLH9
  • JAN: 4900950509300
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 96,079位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   現代アメリカが抱える人種問題を鋭くえぐった作品である。病める国、アメリカを描いた映画はこれまでも数多くあったが、観る者にこれほどの衝撃と問題をつきつけた映画を知らない。
   どこにでもある家庭の長男として育った青年デレクは、ある事件を機にネオナチ的思想を掲げる集団に加わる。そして狂信的な集団のリーダーとしての暴走が始まった。エドワード・ノートンが過激な思想と家族愛に揺れ動く強さと脆さが同居する現代の若者を鬼気迫る演技で表現し、難しいテーマである本編に超ヘヴィー級の精神を吹き込んだ。(星乃つづり)

内容(「Oricon」データベースより)

父親を殺されてしまった兄弟の悲劇的な人生を描いたドラマ。エドワード・ノートン、エドワード・ファーロングほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
バイト先の上司に勧められて鑑賞しました。扱っているテーマがアメリカの人種差別と重い内容です。しかし、この映画を通して共感できたのは「怒りは人を幸せにしてくれない」ということです。僕自身も小さいころいじめにあい、いじめっ子を殴りたい、死んでほしいと思い続けていた時期がありました。しかし、映画中の黒人の先生が言った「怒りは君を幸せにしたか」にはっとさせられました。怒りは誰しももつ感情ですが、それにとらわれつづけるのはむなしいことだと実感しました。何度見ても飽きない名作です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
エドワード祭りと言って良い。

エドワードノートンとエドワードファーロング、両方ともすんごい演技です。
特にエドワードノートンに関しては言うことなし。
彼の凄さは年齢を超越した芝居が出来るところ。高校生の時のシーンでは本当におぼこく見える。

この頃のロスは本当に日本では信じがたいほどの状態で、よく映画にもなっている。
フリーダムライターズをはじめ挙げだしたらキリがないがその中でも突出した暴力描写と憎悪の連鎖をリアルに描いた傑作。

愉快なシーバー家でディカプリオとじゃれ合ってたイーサンサプリーもいい役どころで出演している。

己の劣等感を他者への差別意識で包んでしまうといとも簡単に人は洗脳されそこに没頭する。
本作の主人公はその度合いが中途半端だったからこそ余計に苦しむことになる。

そして、たった一人家族の中に頭のおかしなモノがいると、どれほど家族すべてが迷惑を被るのかという現実を最後の最後まで突き詰めていくところに好感が持てた。
報復が己で完結することはこの世ではあり得ない。
そしてその事が更に差別や人種意識を強固にするというスパイラルがある。

また、あの黒人の先生の最後の頼みごとに違和感を感じた
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
作品そのものは20年前のもの
でも、20年前から変わらない
いや今ではもっと拡大している問題について書かれている

主人公の兄は元ネオナチであった
兄は「白人のプライド」を守るべきだと主張し、白人至上主義者の中では聖人の類いであっただろう
その主義も一貫していて、納得できる部分も持っている
不法移民の問題、彼らの犯罪率の高さ、逆差別の問題、などにおいて彼らの主張の正しさは一理ある
しかし
それは、社会そのものの仕組みの問題でもある
どの国においても大抵移民は犯罪率が高くなる傾向にある
それなら、彼らは移民になったとき、いきなり凶悪な人間に生まれ変わるのだろうか
それとも凶悪な人間ばかりが移民になるのだろうか
もしかしたら多少はそういう傾向があるのかもしれないが、それだけではない
実際に受け入れる側の社会にも問題がある

更生した黒人の教師が言う
「私も一度は社会を憎んだ。なぜこんなに差別されなければならないのか」と
ネオナチだった兄も、黒人の教師と同じことを言っている事に気付く
「なぜ社会は黒人ばかりを優遇するんだ」と
つまり、対立し合う者同士が、同じ感情の元にあるという
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
エドワード・「何でも出来ます」・ノートンが、カリスマ的資質を持つ白人至上主義者を演じた社会派ドラマ。

上記の通りの兄に憧れ、ネオ・ナチに身を投じた弟。しかし、弟の憧れだった兄は、投獄された際の体験から、自らの思想が間違っていたことを思い知る。そして、そんな兄の変化を受け入れ、新たな道を歩み始めた兄弟の迎える結末…。

初めて観たときに感じた主人公への激しい嫌悪、そして共感。兄弟の迎えた結末も、ある意味では当然の帰結だったのかもしれない。憎しみは憎しみを生む。そんな、当たり前だが見過ごしがちなことを胸のど真ん中に撃ち込んでくるような、重量級のドラマ映画である。観てない方は必見。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
悲しいだけでは言い表せないような感動がありました。
この作品は文句なくオススメできる映画です。
映像的にもテンションが下がらないような感じに仕上がっていると思います。
しかしディレクターのトニー・ケイの編集バージョンではありません。
何故なら編集段階で映画会社ともめにもめた末他のスタッフとノートンが編集したものが公開になったからです。
彼が編集していたらどんな感じになっていたんでしょう?
アメリカのネオナチいわゆる白人至上主義がテーマのこの映画、終始エドワード・ノートンに圧巻されます。
この映画のためにマッチョになったエドワード・ノートンの今までの柔らかいイメージが覆った作品。
ハイスクールで優等生だった青年→白人至上主義活動グループのリーダー→白人至上主義からの逸脱
この経過を自然にそしてどれも無理がないように演じるのは難しいだろうと思います。
そして弟を演じたのがもう1人のエド、エドワード・ファーロング。
彼なしにはノートンの演技も引き立たなかったと思います。必見!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す