アメリカン・イディオット がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,950MP3アルバムを購入

アメリカン・イディオット

5つ星のうち 4.7 164件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,592
価格: ¥ 2,150 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 442 (17%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、東京エムケイセンター本店【当日お急ぎ便可能】【安心返金保障】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の グリーン・デイ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • アメリカン・イディオット
  • +
  • 21st Century Breakdown
  • +
  • Dookie
総額: ¥4,852
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/9/23)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 59 分
  • ASIN: B0002MOLB0
  • JAN: 4943674052356
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 164件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 41,818位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. アメリカン・イディオット
  2. ジーザス・オブ・サバービア
  3. ホリデイ
  4. ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス
  5. アー・ウィー・ザ・ウェイティング
  6. セイント・ジミー
  7. ギヴ・ミー・ア・ノボカイン
  8. シーズ・ア・レベル
  9. エクストラオーディナリー・ガール
  10. レターボム
  11. ウェイク・ミー・アップ・ホウェン・セプテンバー・エンズ
  12. ホームカミング
  13. ワッツァーネイム
  14. フェイヴァリット・サン (bonus track)

商品の説明

内容紹介

グリーン・デイがついに4年ぶりの新作をリリース! バンド史上最高傑作との呼び声も高い本作は、今のアメリカをパンク・キッズの視点で捉え、世界へ向けた彼らのメッセージを凝縮させた「最も誇りに思えるアルバム」(ビリー・ジョー)。アルバム全編を通してひとつのストーリーが展開されたり、組曲を収録したりと今までにないコンセプトにも注目したい。日本盤にはボ-ナス・トラック収録(予定)。

メディア掲載レビューほか

パンク・ロック・バンド、グリーン・デイのアルバム。アルバム全編を通し、自分の意志に関係なく戦争などの事態に巻き込まれていくキャラクターが登場するストーリーが展開された作品。「ホリデイ」他、初期のスタイルに回帰したメロディアスなパンク・ナンバーがギッシリ詰まった作品。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
全曲通して聴くのは初めてでした。素晴らしかったです。感動し過ぎて、涙がこぼれるし、眠れなくなるし…。こんなこと最近無かったので、驚きです。ビリーは自分が政治的な歌を作る事に葛藤があったといいます。でも、今言わなくていつ言うんだ、と決意して詩を書いたらしいい。まさに、身を削るように作られた詩や曲は、反骨精神に溢れ、本当にかっこいいアルバムだと思います。全曲素晴らしいですが、特におすすめなのは、3、6、10、11、12です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
大阪のライブの興奮をもう一度味わいたいと思い買いました。
映像を見るたびライブの興奮が蘇ってきます。
ボーナストラックの「フェイヴァリット・サン」も最高です!!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 amazonで購入 投稿日 2004/10/10
形式: CD Amazonで購入
いろんなところで耳に入ってくる、グリーンデイ。
ポップさが良い。
全編を通じて、ストーリーがあるとか?
やっぱり、パンクなの?
パンクは、背景を理解して、真なのか?
飛び跳ねながら、聞けば良い・・・そう感じる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
彼らの最高傑作まちがいナシな1枚だと思います。1曲目のジャカジャカーンなイントロから走りだすとてつもないパワーを感じ、自分の中から湧き出るワクワクの高揚感、こんなアルバムはそうそうあるものではない素晴らしさ。『ST.JIMMY』を初めて耳にしたときの感動は忘れません、この疾走する迫力とカッコ良さ、スゴイことになってますこのアルバム。タイトルからして楽しいことを歌ってるとは到底思えないですがやはり音のパワーで楽しいと感じてしまいます、これを聴かずしてGreendayの良さは語れない名盤だと思ってます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レスクレ 投稿日 2005/9/24
形式: CD
パンクは聴きやすいのだが、シンプルが故にどうしてもみな同じ曲に聞こえてしまうというイメージを持っていた。そんな理由でGREEN DAYも以前はそういう風に聞こえてならなかった。テンションを上げるのには丁度いいが、何曲か聴いてるうちに飽きてしまっていた。
このアルバムも話題になっていたからとりあえず購入してみただけだったが、聴いてみると意外にもパンク色の強い楽曲は数曲で、ミドルテンポの楽曲が結構ある。そのどれもが違った印象を持つ出来栄えで、パンク=同じような曲、という以前の図式を改めさせられた。アルバム自体もコンセプトアルバムということもあってか非常に作品としてのまとまりがある。一曲目をきいたらついつい最後まで聴いてしまった、というのがよくあった。なかでも良かったのは11曲目のバラード。哀愁を帯びた唄いまわしで聴かせる感動の一曲。今作のハイライトと言っても過言ではない。
すでにベテランの域に達したともいえるバンドがパンクの枠をこえて作り上げた傑作。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今までのGreen Dayと明らかに違う。

特に秀でているのは「歌詞」だ。

亡くなった父親に捧げたという「Wake Me Up When September Ends」の中の

「俺の記憶をなくしたい。でも、決して失ったものは忘れられない」という詩は心に響いてくる。

これからGreen Dayはどういう方向に進んでいくのだろう。

注目して見ていかなければならない。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
前作WARNINGで売上面に苦戦を強いられ、バンド名をロック史に残すために解散まで考えたというグリーンデイ。
「自分達はまだできる」という確信と共に新作の制作に着手するも、完成を間近に控えたマスターテープの盗難被害に。
ここで制作していたものを撮り直すのではなく、また新たにアルバムを作り直すことを決意。
アルバムのタイトルトラックとなる”アメリカンイディオット”が制作初期に完成しアルバムの方向性が決まる。
息抜き感覚で各メンバーが即興で1分にも満たない曲を作成。(※マイク(Ba)がスタジオにメンバーが到着するまでの間の暇潰しとしてやっていたことを他のメンバーもおもしろがって参加したとのこと)この時できた曲を1つの曲としてまとめることで9分にも及ぶ組曲が誕生。後にロックオペラと称される今作の象徴ともいえる曲となる。
この他に、アフガン戦争の核心をついた”ホリデイ”や、ビリー(Vo)が少年期に亡くした父を思って書いた”ウェイクミーアップ”、全てを失ったものの孤独感を描いた”ブールバード”などのシングルがいずれもヒットを記録。
結果的に音楽の最高峰と言われるグラミー賞において2005年に「最優秀ロックアルバム賞」を獲得。
翌2006年にはパンクバンドとしては史上初となるグラミー賞の最高賞「最優秀楽曲賞」を”ブールバード
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー