中古品
¥93
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■商品の状態【付属品】問題なし。【カバー】多少のキズ・ヨゴレあり。【本体】カキコミなし。多少のキズ・ヨゴレあり。■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、耐水ビニール封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


アメリカの行動原理 (PHP新書) (日本語) 新書 – 2005/6/16

5つ星のうち4.3 8個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥93
¥40
お届け日: 7月10日 - 11日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

覇権国家アメリカは究極的に何を目指しているのか。社会学の視点で“新大陸”“キリスト教国家”などの成り立ちを捉えれば、「自由の国」の行動原理が浮き彫りになる。財産の相続法や選挙など平等と民主主義を実現する社会の仕組みから、ハンバーガーやジーンズといった便利さを追求する消費文化、そして冷戦や9・11を経て至った単独行動主義まで、アメリカならではの思考パターンを考察。はたしてその覇権は続くのか、日本がとるべき道とは…。エッセンスを明快につかみ出した超常識のアメリカ論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

橋爪/大三郎
1948年神奈川県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻教授。専門は社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
評価の数 8
星5つ
39%
星4つ
48%
星3つ
13%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2020年5月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年5月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
VINEメンバー
2005年7月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年2月24日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年8月31日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年6月23日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年7月11日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2005年9月1日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告