Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥ 398
ポイント :
4pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[岡部一明]のアメリカの図書館を使い倒す -記事データベース、E-BOOK

アメリカの図書館を使い倒す -記事データベース、E-BOOK Kindle版


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 398

紙の本の長さ: 180ページ タイプセッティングの改善: 有効 Page Flip: 有効

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

本書は、アメリカの電子図書館の現状をレポートし、その内容や使い方を解説したものです。筆者が在住するニューヨークの図書館を中心に扱っていますが、アメリカはどこでも同様の「図書館の電子化」が進んでいるので応用がききます。数千紙誌の新聞・雑誌記事データベースや数万~数十万冊の電子書籍(e-book)、数万本の映画ストリーミングが利用できるようになっています。図書館カード番号を入力して自宅などからオンラインで使うことができます。

アメリカに滞在する駐在員、ビジネスマン、留学生などは直接役立つと思います。大学に留学している人は大学図書館で同様の電子情報にアクセスできるので、語学留学の人たちにこそメリットがあるかな。日本の研究者も、本格的なデータベースなどが使えるので、アメリカに来て仕事をした方がよいかも知れません。

本書で詳しく紹介したように(「はじめに」や第6章)、短期の観光でアメリカに行った人もビジター用図書館カードが取得でき、3カ月程度は電子図書館が無料で使えます。ニューヨーク州のNOVELnyなどの電子図書館サイトはその手続きさえ要らず、州内から接続すれば無料で使えます。ニューヨークの空港での僅かな乗り換え時間に試しに使ってみましょう。さらに年50ドル程度の料金を払えば、日本に居ながらアメリカの電子図書館を使うこともできます。ネット時代には図書館も国境を超える可能性があります。

今、アメリカの公共図書館の9割以上が電子書籍をオンラインで貸し出しており、ホットな話題になっています。この電子出版のアメリカの現況もまとめておきました。一部メディアで電子出版は頭打ちになったと報道されていますが、伝統的大手出版社の電子書籍が頭打ちになっただけです。個人で出版する「インディー出版」が活況を呈し、本の革命が始まっています。図書館がこれに一枚かんでいます。

(目次)
はじめに
第1章 雑誌・新聞記事データベース
第2章 州の電子図書館
第3章 電子書籍(e-book)の貸出し
第4章 米公共図書館の94%がe-book提供
第5章 図書館のe-book貸出しは民業圧迫か
第6章 日本から使えそうな米図書館も
(コラム)印刷本は3D情報空間だ
第6章 アメリカの公共図書館:概観
第7章 アメリカ図書館の歴史
第8章 米国電子出版の現状
第9章 「e-book販売が頭打ちになった」は誤解
第10章 「自費出版」でなくて「インディー出版」
第11章 図書館の課題とインディー出版

(著者紹介)
 市民社会ガバナンス研究者。1950年栃木県生まれ。1979年にカリフォルニア大学バークレー校自然資源学部自然資源保全科卒業後、環境シンクタンク、日米市民団体勤務、在米フリージャーナリストなど。2001年から2013年まで愛知東邦大学経営学部地域ビジネス学科准教授、教授。「第5の人生」で再び世界へ。アジア、南米を経て2017年からニューヨークに在住し、ブログ「岡部の海外情報」を主宰する。2013~2015年、時事通信ハノイ支局勤務。
 主要著書に、『東アジア帝国システムを探る -中華、征服王朝、周辺民族』(KDP、2016年)、『市民団体としての自治体』(御茶の水書房、2009年)、『サンフランシスコ発:社会変革NPO』(御茶の水書房、2000年、生協総研賞受賞)、『インターネット市民革命』(御茶の水書房、1996年)、『日系アメリカ人: 強制収容から戦後補償へ』(岩波書店、1991年)、『多民族社会の到来』(御茶の水書房、1990年)、『パソコン市民ネットワーク』(技術と人間、1986年)などがある。

著者について

市民社会ガバナンス研究者。1950年栃木県生まれ。1979年にカリフォルニア大学バークレー校自然資源学部自然資源保全科卒業後、環境シンクタンク、日米市民団体勤務、在米フリージャーナリストなど。2001年から2013年まで愛知東邦大学経営学部地域ビジネス学科准教授、教授。「第5の人生」で再び世界へ。アジア、南米を経て2017年からニューヨークに在住し、ブログ「岡部の海外情報」を主宰する。2013~2015年、時事通信ハノイ支局勤務。
主要著書に、『東アジア帝国システムを探る -中華、征服王朝、周辺民族』(KDP、2016年)、『市民団体としての自治体』(御茶の水書房、2009年)、『サンフランシスコ発:社会変革NPO』(御茶の水書房、2000年、生協総研賞受賞)、『インターネット市民革命』(御茶の水書房、1996年)、『日系アメリカ人: 強制収容から戦後補償へ』(岩波書店、1991年)、『多民族社会の到来』(御茶の水書房、1990年)、『パソコン市民ネットワーク』(技術と人間、1986年)などがある。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 26724 KB
  • 紙の本の長さ: 180 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07DYL1MHM
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 152,787位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover