通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【amazon専用在庫・カバー付・第9刷】本は購入頂いてから除菌クリーニングを行いますので、ベトつきも少なくなっております。書き込み・切り抜き・折れ無く良好な商品です。帯無しです。発送は専門スタッフにて迅速に防水用のビニールで梱包し、封筒に入れてゆうメールで通常2日以内に発送致します。年中無休で土日祝日も発送致します。万が一、商品に不備がございましたら返品・返金対応させて頂きますので、安心してご利用下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫) 文庫 – 2005/11/16

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 578

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)
  • +
  • アメリカのデモクラシー〈第1巻(下)〉 (岩波文庫)
  • +
  • アメリカのデモクラシー〈第2巻(下)〉 (岩波文庫)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 87pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

19世紀フランスの政治思想家 アレクシ=シャルル=アンリ・クレレル・ド・トクヴィル(1805.7.29〜1859.4.16)。裁判官や国会議員、外務大臣など三権をそれぞれ経験した政治家でもあるが、1831年4月から1832年の2月まで、ジャクソン大統領時代のアメリカ合州国の諸地方を旅して実地に取材し、アメリカ社会全般の透徹した分析を通して広い視野で近代デモクラシーを論じたのが本書である。現代の民主主義を考えるにあたって読み直すべき古典的名著であるが、1835年に刊行された第1巻(第2巻は1840年刊)では、アメリカ社会の具体的な分析を行なっている。


登録情報

  • 文庫: 364ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2005/11/16)
  • ISBN-10: 4003400925
  • ISBN-13: 978-4003400920
  • 発売日: 2005/11/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 76,934位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
30年近く前になるが、大学で政治思想史を講じていた勝田吉太郎先生の著書を通じて、自由と平等のパラドクスや多数者の専制という現代民主主義の病理に警鐘を鳴らしたトクヴィルの所説に接し、左翼気分の抜け切らない青二才の評者は目から鱗が落ちる思いがした。悪名高い井伊玄太郎訳を英訳を参照しながら悪戦苦闘して読んだものである。長らく新訳が出なかったのが不思議なくらいだが、ようやくまともな日本語でトクヴィルが読めるようになった。ウィーン体制で復活したブルボン王政が1830年の7月革命によって瓦解し、ブルジョア支配体制が確立した直後、いち早くフランス革命の精神を体現した民主主義の母国アメリカに渡り、その見聞をもとに著した本書は、民主主義論の古典であるとともにアメリカ政治文化論の金字塔と言ってよい。

ただ何分1500頁を越える大著であり、文庫本とは言え全巻揃えると結構な出費でもある。導入にあたる本巻は、今となっては常識に属する(そして一部は古くなった)アメリカの憲法体制の教科書的叙述が大半を占めており、解説書や研究書などで引用・言及されることも少ない。評者が参照した英訳は抄訳であるが、現代の視点からあまり重要と思われない本巻該当部分はかなりカットされている。トクヴィルが本領を発揮するのは多数者の専制を論じた1巻の下からであるが、これも5年後に同じ論点を文明論的に掘り下げた続編であ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
市民革命を達成したフランスの政治学者である筆者が、アメリカ民主政治の形成過程と統治機構の分析を通じて民主主義の本質について考察していました。

道徳を社会に具現化する法を定める権限が人民にあり、全員ではなくとも最大多数の利益のために政治が運営されることで、誤謬性を有しながらも地域社会を出発点として社会全体を巻き込み政治的活力を生み出す仕組みである、と民主主義の本質がとらえられています。

「民主制」政治機構の理念をイギリス人ピューリタンに負うところが大きいにもかかわらず「貴族制」の影が見え隠れする点、産業主義・保護貿易志向・中産階級中心の北部と農業主義・自由貿易志向・投機家中心の南部の差違、先住民や奴隷を除いた自由や財産所有権の保証、など現代にも重要な影響を及ぼしているような二重性が浮き彫りにされており、古典としてだけではなく今日的にも示唆に富む内容ではないでしょうか。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiroshi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/11/30
形式: 文庫
トクヴィルは19世紀中期に活躍したフランス人思想家、政治家ですが、いまも民主主義を語るときには欠かせない人物です。彼は名門貴族の出身であり、フランス2月革命後1831年にアメリカを旅行しました。9ヶ月かけて全米を訪ねて、欧州では実現していない「平等」と「自由」がアメリカで根付いていることに驚きます。アメリカの政治と統治の形態について調査する中で思索を深め、民主主義の本質に迫ります。帰国後に発表した本書が絶賛を浴びて、自らの思想を実現しようと立法院議会議員になり、後には外相につきます。

トクヴィルがアメリカに滞在したのは、アメリカが東部から西部へと膨張しつつあり、人々の政治的権利が認められ、民主的な政治と統治の制度が確立しつつある時代でした。彼はそのようなアメリカを観察しながら、民主主義の持つ強さと弱さを分析します。印象的な記述が多々あります。たとえばアメリカには白人、黒人、インディアンの3つの民族がいるとし、後者の2つの民族が虐げられていることに深い同情を示しています。これは当時の社会では考えられない発言だったでしょう。もう一つは「多数者の専制」という民主主義の弱点を指摘したことです。民主主義において多数者が少数者を圧迫するようなことになれば「専制」となり、民主政治は崩壊すると彼は警鐘を鳴らすのです。

後編では有名な「トクヴィルの3つの予
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ドーテツ 投稿日 2016/10/3
形式: 文庫 Amazonで購入
 デモクラシー第1巻上下を読んで、第2部・第10章が一番面白かった。何が、面白かったかと言えば、それはアメリカのインディアン政策を教えてくれたからである。
 読み通して思うのは論理と警句である(論理は法律家としての、警句は社会学者の先駆としての)。また、構築した見解を自ら、壊しているようなところがあるように私には思えた。貴族である作者が民主主義に抱く、分裂症気味な思いが時に噴出するのではないか。それが、逆に論文に止まらない、ジレンマに立ち向かう思想書となっていると思える。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー