中古品
¥ 97
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙(表裏背)には軽微なスレやキズ汚れは見られますが、状態は良好です。中身の状態も書き込み・破れ等もなく良好です。クリーニング後クリスタルパックで防水対策をし、埼玉県から2営業日以内に発送致します。安心の全古書連組合員です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アメリカのスーパーエリート教育―「独創」力とリーダーシップを育てる全寮制学校(ボーディングスクール) 単行本 – 2000/4

5つ星のうち 4.0 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

創造力もモラルもない受験エリートが日本を没落に導いている。革新的なアイデアを個人の力で生み出す「独創」力とリーダーシップ、さらに社会奉仕精神を兼ね備えた真のエリート=スーパーエリートはどのような教育から生まれるのか。

内容(「MARC」データベースより)

革新的なアイデアを個人の力で生み出す「独創」力とリーダーシップ、さらに社会奉仕精神を兼ね備えた真のエリートはどのような教育から生まれるのか。アメリカのボーディングスクール(全寮制学校)を紹介する。


登録情報

  • 単行本: 299ページ
  • 出版社: ジャパンタイムズ (2000/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 478901004X
  • ISBN-13: 978-4789010047
  • 発売日: 2000/04
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 660,334位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書で紹介されている教育は、基本的に欧州の公立中高等学校で実施されている教育である。但し、私立である分、勿論内容はさらに充実している。問題は、欧米ではエリート教育が変わらず存在するのに対し、日本の教育が画一化し、良い意味でのエリート教育が崩壊してしまった点にある。筆者は、麻布開成ですら「世界的に見ておよそ意味のない、東大に入るための受験勉強しかやっておらず、グローバルな普遍性は全くない」と断言する。欧州の公立学校で中等教育を受けた私も同じ考えだ。日本の教育を見直す意味で貴重な提言をする1冊である。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本で名前の知られている高校や大学へ子供を努力させて入学させても、卒業するまでに大きな(親が誇りに思い、ときには羨むような)人間的成長があるわけではなく、しかも国際競争力を持って卒業するわけではないことは、多くの親がうすうす感じていることだと思います。そんなときに、親が子供に与えることのできる教育上のオプションのひとつとしてボーディングスクールというものがあり、それが一体どんなものなのかを具体的に理解する、という視点で私は本書を読みました。
この本は、(1)アメリカのボーディングスクールの概要、(2)ボーディングスクールへ子供を入学させようと考えている親へアドバイス、(3)日本における中等、高等教育の今後を考える上での材料、を主に提供しています。(1)に関しては、ボーディングスクールの歴史的背景から現在の規模や運営、経営など、またどんなクラスが具体的に提供されていて、クラスがどんな形で進められていくか、学生がどのような生活を送るか、教える側の先生はどんなバックグラウンドの人間で、学生とはどのような関係にあるか等々、かなり具体的な部分にまで説明が及びます。ボーディングスクールについては日本のメディアにも最近頻繁に登場するようになってきたため、より具体的にボーディングスクールを知る上で役に立つ内容だと思います。(2)についても具体的な説明が提供されており、入学手続きや試験、面
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私もアメリカに5年間留学し、本書に紹介されているような有名校でないにしても1年間をボーディングスクールで過ごしました。 実感として、確かに良い面について書かれている内容はおおよそ正しいものだと思います。 しかし、その反面でアメリカ教育についての悪い面に関しては完全に無視されています。 

1番大きな点は「お金」です。 ほとんど「ぼったくり」のような授業料(年間400万円以上)を払えるか払えないかで金持ちがどれだけ優遇されるかについて全く触れられていません。 奨学金は確かに存在しますが、奨学金に出願するだけで大幅に入学の可能性は下がります。 逆にお金さえ払えば成績に関係なく入学の可能性はアップします。 そしてこのような学校に入れば有名大学に進学できる可能性は上がり、その後のキャリアも約束されるという訳です。 本書の中で「フェアネス」について語られていますが、矛盾を感じずにはいられません。

日本社会の荒廃も指摘されていましたが、このような学校に行けない90パーセント以上のアメリカ人によるアメリカ社会の荒廃の方がよほど問題にされるべき項目に思えて仕方ありません。 日本の教育にも確かに問題は山積みですが、教育にまで資本主義を持ち込んだアメリカ教育の問題も指摘されるべきです。 著者はその点に気づかなかったのでしょうか? これだけの分析がされているにも関わらず不思議です。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ボーディング・スクールについての優れたガイドですが、中等教育までä»-国に任せなくてはいã'ないかもã-れないというæ-¥æœ¬ã®çŠ¶æ³ã‚'考えると、å°'ã-複é›'なæ°-持ちです。今のとã"ろ、大学からアメリカで教育ã‚'å-ã'ただã'でもæ-¥æœ¬ã§ã®é©å¿œãŒå¤§å¤‰ã¨èžãã¾ã™ã®ã§ã€é«˜æ ¡æ™‚代からå'ã"うで育ったè€...はもうæ-¥æœ¬ã«å¸°ã£ã¦æ¥ã‚Œãªã„(「æ-¥æœ¬äººã€ã§ã¯ãªã„?ï¼...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー