この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アマデウス [DVD]

5つ星のうち 4.6 343件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

アマデウス [DVD]
¥ 927
(343)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でアマデウス(字幕版)を今すぐ観る ¥ 999 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: F・マーレイ・エイブラハム, トム・ハルス, エリザベス・ベリッジ
  • 監督: ミロス・フォアマン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2008/04/11
  • 時間: 158 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 343件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001525JA8
  • JAN: 4988135597922
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 32,567位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


モーツァルトの謎に満ちた生涯を綴った名作。
嫉妬と復讐の罠が、天才へのレクイエム。


凍てつくウィーンの街で自殺を図り精神病院に運ばれた老人。
彼は自らをアントニオ・サリエリと呼び、皇帝ヨゼフ二世に仕えた宮廷音楽家であると語る。
やがて彼の人生のすべてを変えてしまった一人の天才の生涯をとつとつと語り始める。
若くして世を去った天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの謎の生涯を、サリエリとの対決を通して描いた話題作。
1984年度アカデミー賞8部門(作品・監督・主演男優賞他)を獲得。

内容(「Oricon」データベースより)

天才音楽家モーツァルトの生涯を描いた、アカデミー賞8部門に輝いた珠玉の名作。F・マリー・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
確か公開当時はイメージが崩れるとか批判ありましたけど映画の出来があまりにも素晴らしく飽きさせない
そしてクラファンでないても物語に引き込まれていく展開はお見事
フィガロに対しての魔笛も面白く実際のオペラを見たくなると感じます
実際、フィガロも魔笛もとても見やすく機会があったなら触れてみる事を薦めます
(イタリア語上演でも舞台両脇に日本語字幕が流れますから誰でも楽しめます)

マイナスポイントは日本語吹き替えがない事
日本語吹き替えがあったなら子供をクラシックにオペラの入り口になったでしょう

色あせない作品と音楽がマッチした素晴らしい商品です
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 naked_king 投稿日 2016/4/3
形式: DVD Amazonで購入
衣装、音楽、演技、その他どれを取っても素晴らしいが、
私にとって最も印象に残っているのは、やはりモーツァルトとサリエリがレクイエムを綴るシーン。
モーツァルトの死の前夜、彼はきっと真の友を得た気分だったように思う。
それは彼が騙されているだけであり、実際は友などとは程遠い敵であるわけなのだが、しかしそれとは無関係に、
父よりも妻よりも、生涯において最も彼を理解し、音楽を通して対等に語り合える人間が現れたことは事実だった。
一方サリエリは嫉妬に狂い、モーツァルトを憎み、傷つけ、殺害しようとしながらも、
他方でモーツァルトの圧倒的な才能に惹かれ、彼が紡ぐ音楽を夢中で書き留める。
……一体なんなんだろうこの二人の関係は。とにかくこの鬼気迫るシーンは凄いとしか言いようがない。
そしてそこからのレクイエムは当然の如く素晴らしい。
他にも語りたいことはあるが私はとにかくこのシーンが好きだ。このシーンを思い出しただけでもう一度見たくなってしまう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
何回みても飽きない。こんなソフトが1000円前後で手には入るとは。
サリエリも普通人から見ればじゅうぶん才能がある音楽家でちゃんとした社会人で、この作品の中ではかわいそうでしょうがない。
また天才ゆえにアマデウスも苦労するんだがこの苦労は凡人には理解できない種類の苦労。
サリエリを真の理解者として死んでゆくところに救いがあったかと。

作中あまりクローズアップされなかったが、興業主の友人シカネーダー、イイヤツ。
この映画からシカネーダーへの興味が湧き、シカネーダー伝(原研二著 新潮選書)も読んでみた。
こうした教養への欲求の窓口にもなり得る映画。

かのラストエンペラーなどと一緒で史実に基づいたファンタジー作品という前提で愉しめるミステリー音楽映画。これらがホントあったことと違うと本気で思う大人はいないだろう。
若いひとにぜひとも観て欲しい。つまんない凡人と明るすぎる天才、どちらに共感できるだろうか。舞台がヨーロッパの宮廷というだけで会社や学校、スポーツにも、当てはまる構図がたくさんある。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
世紀の天才モーツァルトの生涯をライバルのサリエリ側から描いている
当代きっての天才とうたわれたモーツァルト、その天才ゆえの孤独と苦悩を
うまく表現している。代役を立てずにピアノのお稽古に励んだという演奏は
「ホントに素人だったの?」とだたただ驚嘆するばかり。
音楽面もモーツァルトの指揮をさせれば定評のあるマリナー。
艶のある演奏は豪奢な映像と相まって… 最高です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
内容がいかに素晴らしいかはもう語るまでも無いでしょう。
このディレクターズカット版をみれば、今まで解りにくかったシーン・頭の中で自分なりに解釈していたシーンの謎(?・笑)が一気に解けます。
ノーマル版で、もうひとつ…だった方にも観て欲しい逸品です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
劇場で見る機会はありませんでしたが最初に観るきっかけとなったのはモーツアルトは殺されたのか?というミステリーに対する興味からでした。
言ってみれば関心は結末だけといってもいいでしょう。実際安っぽい好奇心を満足させるだけの映画だったら一度観て「終わり」だったかもしれません。
ところが、それほど映画好きでもなくTVも含めて長時間画面を見るのを苦痛に感じるくらいの私が3時間近い「アマデウス」を少なくとも20回。一度も長いと感じることなく最後まで観てしまうのです。セリフを憶えてしまうくらい話の筋も頭に入っているのに何故観るたびに新鮮に感じるのでしょう?
確かに脚本も俳優も素晴らしい。でもそれだけではないと思うのです。一番の主役たるモーツアルトの音楽が「本物」だからでは無いでしょうか?私はこの映画を観て以来モーツアルトの音楽が大好きになってしまいました。「本物」は何度観ても聞いても決して色褪せない。そう思います。そしてそれはこの作品の一つのテーマでもあります。
この作品に興味をお持ちの皆さん、是非観てください。きっと記憶に残る映画になると思います。
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す