通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アマチュアはイラクに入るな―プロのNGOが紛争地で... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ブリエ書房
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯なし。カバーに軽いスレがありますがその他は外観中身とも良好です。書き込み・折れ等もありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アマチュアはイラクに入るな―プロのNGOが紛争地でやっていること 単行本 – 2004/8

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 98

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

 2004年4月に起きた「イラク邦人人質事件」を巡り、国内で論議が巻き起こった。“自己責任”論や“ボランティア精神”の称揚、政府批判など論争が広がったが、問題の本質を衝いた議論はほとんどなされなかったと言ってよい。

 つまり、イラクのような紛争地にアマチュア(無防備なボランティア)が飛び込んでいくことの異常さを指摘した人は数少なかった。

 事件前日、紛争地で活躍するプロのNGOでさえ、危険を感じて事務所を閉鎖していた。イラクで活動している日本のNGOはわずか2団体。彼らは情報収集、危機管理、自衛手段において高度な知識とノウハウを備えており、時には民間警備会社を雇い、時には正体を隠して活動している。

 こうしたNGOの活動の全貌を、気鋭のジャーナリストが緊急報告。プロ・アマ意識の低い日本の現状に警鐘を鳴らす。また、日本が紛争地で平和構築をリードしていく上での課題を説く。

出版社からのコメント

 著者は世界の紛争地へ赴き、国際NGO、国連機関、各国政府、各国軍隊が現地で何をしているのかをつぶさに取材してきた。そして、紛争地ではプロこそが主役であることを確認してきた。アマチュアの役割はそれを支えることである、と彼女は断言する。

 欧米では、NGOをプロフェッショナルとして捉えるのが常識である。プロとアマの差は、我々が想像する以上に大きい。しかし、日本ではNGOとボランティアの境界線を曖昧にする傾向があり、それが邦人人質事件の遠因となった、と著者は分析する。

 本書は、プロNGOの活動、ゲリラの実像、民間警備会社の台頭、「平和構築」における課題などについて、明快に、そして具体的に述べたものである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 188ページ
  • 出版社: 亜紀書房 (2004/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750504114
  • ISBN-13: 978-4750504117
  • 発売日: 2004/08
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 488,002位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
タイトルや「緊急出版」であることから、イラク問題に便乗した本のように思われる人もいるかも知れないが、この本に関しては、その心配はない。
著者は、国際的に活動するNGOや、紛争地域での当事者など、現場で働く人たちに長期にわたって取材を積み重ねて来ており、その成果がまとまるきっかけになったのがイラク人質事件であったにすぎない。
むしろ、このような情報が必要とされる時期に合わせてすぐに書くことができたことを評価すべきだろう(私はこの点を評価して5点とした)。
本書では平和のために活動するNGOという「プロフェッショナル」の働き様の概要を描き出している。そして、プロフェッショナルである彼らにどのような仕事を委託しつつ、我々一般市民という「アマチュア」が何をできるかも示している。
しばしば、細かい部分では取材に基づく推測的表現になっている点はあるが、長期間の取材と体験などに基づいているので謝った推測ではないと考えられる(むしろ、推測的表現を使っているのは正直な態度と言える)。
海外の人々のために活動するNGO、政府、国際機関などの全体像をとらえる入門書としてとらえて良いのではないだろうか。
そして、単なる説明に止まらず、日本がどのように国際貢献を行って行くべきかまでも示している。
その一つとして、今後の紛争解決に重要となってくる方策の一つ「DDR(武装解除・動員解除・社会復帰)」を挙げているが、このプロセスの解説も価値のあるものであろう。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
3年前に出た本なのでちょっと古い。イラクで日本人3人が誘拐された事件直後、緊急出版された本らしい。

著者は1958年生まれで、シエラレオネ、東ティモール、ボスニア、コソボ、グアテマラ、カンボジア、ミャンマーなどで取材を行ってきたジャーナリスト。

その著者が本書で言うのは、紛争地で人道支援するためには入念な準備が必要であり、困っている人を助けたい、という程度の意識しか持っていない馬鹿たれは行ってはいけない、ということである。

そしてその根底にあるのは、人道支援を行うためには、自分が生きていなくてはならない、という思想である。死んでしまったら紛争地で困っている人の支援などできない、ということだ。

自分の安全を守りつつ、困っている人たちのために最大限できることをやる、それがプロのNGOなのだという。

ボランティアという行為に対するもやもやしていたものが、この本を読み、すかっと晴れてきました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぽるじはど VINE メンバー 投稿日 2007/1/29
形式: 単行本
 読み進むごとに、なんと日本人は政府・民間とも甘っちょろい考えで紛争地域と関わっているのかと思い知らされる。  著者は、帯にある「プロのNGO」をアマチュアたる「ボランティア」とを分けて説明し、日本では元自衛官も「ボランティア」並のリスク回避能力しかもっていないと厳しく指摘する。

 ヒューマニズムあふれる現地の人助けで成果を挙げるには、人権・人道の思想、開発支援に関する幅広い知識、ニーズを探し出しそれに応えノウハウ、人道分野における軍事知識等を持ち、プライベートセキュリティーカンパニー(民間警備会社)・現地の宗教や民族のリーダー・国連等と協力し、政府から補助金や活動委託金を、また自国での自主事業や寄付金による資金調達ができなければならない。   とここまで説かれれば、物見遊山や現地の人と接するだけでヒーローになったような高揚感を味わわんがために、リスクを犯して現地に足を踏み入れるのでなく、現地で活動している信頼できる國際NGOの安全なベース国でその活動を学び、自分らの旅費やそれ以上の寄付金集めを日本で行う方が、より成果につながると理解できよう。

 旅をするものにとって、紛争地はとても魅力的に思えるし、1度はその雰囲気だけでも味わいたいものだが、傭兵や民間警備会社の武装警備員が勤まる程度のスキルを持たぬ者にその門は固く閉ざされている事を人質
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
イラクでの人質事件は世間で様々な波紋をもたらした
日本で生まれて育つということが、いかに平和ボケしてしまうのか・・・
この一冊を読むことで、紛争地に措けるNGOの働きを通じて痛感する
テロリストから国土を守り続けている大国はフランスと日本なのに
日々の生活でその平和をかみ締めることなく過ごしてしまう
この本はタイトルにあるアマチュアとプロの提議を明確にし
かつ、紛争地にアマチュアが出向いてしまう魔力をも説明してくれる
その明確な答えは、アマチュアとプロの隔たりを確固たるものにする
一朝一夕に築けないプロとしてNGOの働きに、万感たる思いで一杯になる
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告