中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したか 単行本 – 2005/1/28

5つ星のうち 3.9 61件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

アマゾンの秘密
 アマゾン・ドット・コムは、そのスタートが書籍販売中心だったが故に「ネット書店」として知られている。しかし、全米では最大のインターネットショッピングサイトでもある。日本でも「アマゾン」の名を知らないインターネットユーザーは少ないはずだ。本書は、2000年の日本サイト立ち上げのメンバーに加わった著者が、内側から見た同社の戦略や強みをまとめたものだ。また右も左も分からぬままゼロからビジネスモデルを確立していく“起業顛末記”としても興味深く読める。

 日本のアマゾンは世界中のアマゾンサイトの中でも優等生だと言う。米国では事業規模を拡大できてもなかなか黒字を計上できない状態が続いたが、日本のサイトでは着実に利益を出しているのだ。その背景には、著者が関わったマーケティング部門が行った綿密な市場研究と、インターネットの特性を最大限に生かした顧客獲得戦略がある。著者はそれを「アマゾン独自の世界観」だと見る。インターネットという大海にバナー広告など無数の触手(入り口)を張り巡らすイソギンチャクのような存在となり、一度入ったら出口がないかのような仕組みを作り上げる過程を明かす。同サイトの最大の売りである「カスタマーレビュー」を定着させるまでの秘話も披露する。


(日経ビジネス 2005/03/14 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

「アマゾンが日本に進出することは、まだ絶対的な極秘事項で、だれにも知られてはいけません──」。
あなたが今ご覧になっているように、現在ではすっかり日本にも定着した世界最大のネット書店アマゾン。もともとITビジネスの寵児としてアメリカで大成功を収め、我が国には2000年11月に上陸しました。本書は、その日本立ち上げにひょんなことから参加した著者による、書き下ろしの成功秘話です。
冒頭のセリフは著者を勧誘したCEO(当時)が語った言葉。顧客中心主義で有名な一方、徹底した秘密主義でも知られる同社は、オープン直前まで日本での存在を隠し続けました。その間、内部では何が行われていたのか? マーケティング・キャンペーンの立案から巨大サイトのシステム構築に至るまで、これまで封印されてきたアマゾンの秘密がついに明かされます。
さらには、企業を根底から支える創業者ジェフ・ベゾスの哲学、サイトの品質に徹底的にこだわる企業文化、社内で活躍する興味深い人々など、約二年間にわたってマーケティングやシステム関連のスタッフとして関わった著者ならではの記述が満載です。
この文章をお読みになっている皆さん、アマゾンのサイトは本書に書かれているような面白くて魅力的な人たちによって運営されているんです!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2005/1/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478312141
  • ISBN-13: 978-4478312148
  • 発売日: 2005/1/28
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 265,849位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 読了したが、再読している。
 著者の「松本晃一さん」が amazon 内部に居たという 
そこからの、一人称の「視点」が 一種の「ありのまま」となって書かれている。
 内側からのドキュメントというが、ホントにこの本は面白い。

 また、この著者はストーリーテラーとしてもかなりの力量と感じさせられた。
読んでいて無理がなく、題材も豊富で面白いし(amazonの秘密 〜 )一気に読ませてくれた。
 ( 近頃、一気に読ませてくれる本というのは、少ない )
 
 何だか、賛辞めいた書評になったが、自分が amazon に少なからず
 興味を持っていたためもある。
 サブタイトルの「いかに日本で成功したか?」の部分については
もっと、何かがあるはずであり、その辺りをもう少し突っ込んで書いて欲しかったという
気持ちもある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 日本でオンライン書店アマゾンの立ち上げに携わった著者が2000年3月から2002年6月にかけての体験を綴った書。
 アメリカのアマゾンの株価への影響を回避するために日本のアマゾンの創設は徹底的な秘密主義で行なわれていたとのこと。
 そんな「誰も知らない、でもこの私は知っている」という巨大プロジェクトを仲間たちと立ち上げた興奮と緊張がよく伝わるドキュメントです。持てる才能・知識・経験を生かしてこれだけ大きな企画を推し進めていく。仕事としてはたまらない昂揚感を味わえたことでしょう。そのワクワク感を共有できる書です。
 ただしひとつ大いに気になる点を指摘しておきます。
 著者は、アマゾンの気風を「何も教えてくれない、しかし何でも学べる会社」と形容しています。個人の資質や努力と言うものをかなり強く信じているということのあらわれなのでしょうが、これは従業員同士の横のつながりが希薄であるということと表裏一体です。
 著者自身も、良かれと思って休日返上で個人的に始めたあるプロジェクトが根回しの不備から日の目を見ないという苦い経験について綴っています。これも著者と他の社員との間の関係に連続性がなかったことを如実に表している出来事です。
 つまりアマゾン社内では各従業員相互で情報や知識、そして経験の有効な共有という取り組みが一切されていな
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 amazon.co.jpのオープンは衝撃だった。
 当時、僕が書籍をネットで購入するのは、紀伊國屋書店のWEBかBK1のどちらか。和書では充実しているものの、洋書、とくにアート関係の本を買おうと思ってもとても高くて、アマゾンが日本にもオープンしないかなぁと期待していたものの、そんな噂はまったく聞かないし、先の話と思っていた頃だった。
 仕事柄、インターネットおよび通販業界、マーケティングに関わる情報については、常にウォッチングしていたつもりだったが、ある日突然、オープンの記者会見があったかと思うと、その日のうちにサイトが開かれ、しかも半端ではない充実ぶり。
 すぐに注文を試してみたところ、クレジットカードの受注にはじまり、お届けまで期間、出荷用の箱や梱包材まで、通信販売の実力を示すフルフィルメントがしっかりとしていることが一目で見て取れた。
 これだけの準備を悟られないうちに進めることはさぞかしたいへんだったろうなぁと思ったのだけれど、本書にはそのアマゾン・ジャパンがオープンするまでのこの極秘プロジェクトに、ふとしたきっかけから参加することになった著者による立ち上げから伸び始めるまでの黎明期の舞台裏が紹介されている。
 企業の規模やマスコミで紹介される露出度と比べ、いまだにその企業像やバックヤードについて書籍で語られることの少ない
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現在でも先進的なサイトを展開しているAmazonの日本進出の裏側は非常に面白い本です。協調フィルタリング方式や永遠のベータ版的機能の取り込み方法など、当時から開発方法まで先進的であったことを感じます。マーケティング担当者としてAmazonに参加したはずの著者がHTMLやXMLと触れたことなども記述され、WEBマーケッターが今までのマーケッターとは違うという部分も感じられ、サイトマスターの方などに読んでいただきたい本です。

サイトとして「一般の方向けに作りながらも、マニアックな方も満足できる専門性を残す」という方向性は、リアルで展開している本屋とは差別化する為に「情報」を武器とするオンラインサイトの重要な部分として捉えられます。実際に、ISBNによる管理やこの情報を学者も利用しているなど聞いたことがあるので、そう考えるとこの方針に沿ったサイト作りができているように感じます。

「(会社は)何も教えてくれないが、何でも学ぶことが出来る」という部分では、その自由かつ社員に任せるという社風を伺うことが出来ます。これが正しい組織論かは別としてGoogleにもこれに近い考えがあり、「優秀な人物を集める」「社員に任せる」という部分はネット企業にとってはキーワードなのかもしれません。(但し、現在のAmazonを見ると、その規模は肥大化し、誤発送なども顕在化
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー