¥1,980
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/3/13

5つ星のうち4.1 35個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,980
¥1,944 ¥1,450
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した
  • +
  • ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • +
  • チャヴ 弱者を敵視する社会
総額: ¥6,105
ポイントの合計: 61pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

労働市場の規制緩和や移民政策で先を行くイギリス社会は、 日本の明日(みらい)を映し出している ――ジャーナリスト・横田増生氏推薦
私たちには見えない〝底辺(向こう側)〟の真実

聞こえのいい「ギグ・エコノミー(単発の仕事)」の欺瞞
● アプリ提供者が儲ける「プラットフォーム資本主義」
● アルゴリズムという「ビッグブラザー」 の出現
● 成果と行動が監視される中での〝自由な個人〟
● 労働者の基本権が与えられない「パートナー」
● 全員が〝対等な仲間〟と錯覚させる「アソシエイト」
● 〝明るさ〟〝楽しさ〟をアピールして現実を隠蔽

これは「異国の話」ではない
英国で〝最底辺〟の労働にジャーナリストが自ら就き、体験を赤裸々に報告。働いたのはアマゾンの倉庫、訪問介護、コールセンター、ウーバーのタクシー。私たちの何気ないワンクリックに翻弄される無力な労働者たちの現場から見えてきたのは、マルクスやオーウェルが予言した資本主義、管理社会の極地である。グローバル企業による「ギグ・エコノミー」という名の搾取、移民労働者への現地人の不満、持つ者と持たざる者との一層の格差拡大は、我が国でもすでに始まっている現実だ。

【著者・訳者プロフィール】
ジェームズ・ブラッドワース
英国人ジャーナリスト。現地で影響力のある左翼系ウェブサイト”Left Foot Forward”の元編集者。大手紙インディペンデントやガーディアン、ウォールストリートジャーナル等にコラムを寄稿。著書に”The Myth of Meritocracy: Why Working-Class Kids Still Get Working-Class Jobs”がある。

濱野大道(はまのひろみち)
翻訳家。ロンドン大学・東洋アフリカ学院(SOAS)、同大学院修了。訳書に『民主主義の死に方』(スティーブン・レビツキー、ダニエル・ジブラット著、新潮社)、『津波の霊たち』(リチャード・ロイド・パリー著、早川書房)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

英国で“最底辺”の労働にジャーナリストが自ら就き、体験を赤裸々に報告。働いたのはアマゾンの倉庫、訪問介護、コールセンター、ウーバーのタクシー。私たちの何気ないワンクリックに翻弄される無力な労働者たちの現場から見えてきたのは、マルクスやオーウェルが予言した資本主義、管理社会の極地である。グローバル企業による「ギグ・エコノミー」という名の搾取、移民労働者への現地人の不満、持つ者と持たざる者との一層の格差拡大は、我が国でもすでに始まっている現実だ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 344ページ
  • 出版社: 光文社 (2019/3/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334962270
  • ISBN-13: 978-4334962272
  • 発売日: 2019/3/13
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,198位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
評価の数 35

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

32件のカスタマーレビュー

2019年4月18日
形式: Kindle版Amazonで購入
94人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月11日
形式: Kindle版Amazonで購入
67人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年4月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
56人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月29日
形式: Kindle版Amazonで購入
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月29日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年4月19日
形式: Kindle版Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月26日
形式: Kindle版Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告