Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 713
ポイント : 149pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[角井 亮一]のアマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書)
Kindle App Ad

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書) Kindle版

5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 713
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 457

紙の本の長さ: 224ページ

Kindle雑誌セール 99円~
Kindle雑誌が99円~とお買い得!ビジネス、ファッション、趣味・実用雑誌ほか多数。 今すぐチェック
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

生き残りをかけた競争が今始まった!
アマゾンが仕掛ける物流革命から、今、経済の地殻変動が起こり始めている。ウォルマート、楽天、ヨドバシカメラ─アマゾンに立ち向かうための戦略はあるのか? あらゆるビジネスを飲み込む巨人アマゾンの正体とは? 流通先進国アメリカで取材を重ねる気鋭の物流コンサルタントが、日米ビジネスの最前線からレポートする!

[内容]
序章 アマゾンが変える世界
第一章 物流のターニングポイント
第二章 巨人アマゾンの正体
第三章 物流大戦争の幕開け

内容(「BOOK」データベースより)

アマゾンが仕掛ける物流革命から、今、経済の地殻変動が起こり始めている。ウォルマート、楽天、ヨドバシカメラ―アマゾンに立ち向かうための戦略はあるのか?あらゆるビジネスを飲み込む巨人アマゾンの正体とは?流通先進国アメリカで取材を重ねる気鋭の物流コンサルタントが、日米ビジネスの最前線からレポートする!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 11456 KB
  • 紙の本の長さ: 143 ページ
  • 出版社: NHK出版 (2016/9/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M0ENAHF
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,744位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
私は楽天の株主である。2015年5月に2000円で楽天の株を買った。それがいまは
1350円。当時楽天のかわりにアマゾンの株を買おうかとちょっと頭をよぎった。
1株400$だった。高いと思ってやめた。それがわずか1年でいまは800$。私の先見の
明がないのはいつものことだが、それにしても楽天の不甲斐なさの理由を知りたい。
そこでこの本を手に取った。私は物流については全くの素人である。だからこの本の
内容は新鮮で、いろんな企業の例が載っていて面白かった。

 このところアマゾンからの配達がわが家にも日に数度くることもよくある。
書籍から始まって、文房具、飲料類、おもちゃ、ホーム・キッチン用品と時間が経つに
つれていつのまにか購入品の範囲が広がっている。最近は電気製品もすべてアマゾンだ。
将来は生鮮食品も買うようになるだろうし、お寺にしがらみのない私が死んだ時には
家族はまちがいなく「お坊さん便」を頼むはずだ。私の家はだんだんアマゾンなしでは
生活できなくなっている。
(それにしても楽天からはあまり買わないなぁ。株主だというのに・・・)

 この本の構成は、まずロジスティックス、ネット通販、宅配便などの基礎的な
ことの説明から始
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cyclone トップ1000レビュアー 投稿日 2016/12/11
形式: Kindle版 Amazonで購入
ロジスティクスを楽天は短期で買えるもの、つまりコストだと考え、アマゾンは長期で構築する投資だと考えた。
そこが楽天とアマゾンが決定的に違ったところだ。
物流は非常にお金がかかるからこそ、だからこそ長期的に投資をすれば模倣困難性が築けるということ。
物流から始まっているビジネスモデルも多く紹介されている。
ラストワンマイルまで考えて戦略を練ることがより重要であるということを感じた。

アマゾンのロジスティックス戦略に興味がある方におすすめ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
amazonの戦略をその歴史的経緯から学べる内容になっていて、とてもわかりやすいです。
なぜamazonはこれほど強いのか、日本のみならずグローバルでどのような成長の経緯をたどってきたのか、
今後どのような方向に進もうとしているのか、全体像をクイックに理解できる内容です。

本書の後半では、amazon以外の有力プレイヤーの動向も描かれており、ECを中心としたラストワンマイル
ビジネスの全体像を理解することができます。
ヨドバシカメラやゾゾタウンといったユニークな日系プレイヤーの戦略も紹介されていて、「通販×物流」という
視点で先進的なトレンドをザックリと理解したい人にはオススメの内容です。

ただ、一方で、新書だから仕方ないかもしれませんが、「広く浅い内容」であることは否めません。
amazonに関しても、最近は「Amazon Go」や「Amazon Echo」が話題となっていますが、当該事項に関する
記述はごくわずかです。
既にamazonのことを勉強していて、雑誌やwebなので最新情報を把握している人からすると、イマイチ新鮮味
のない内容と感じられるかもしれません。

本書の目次構成は以下の通りです。

序章
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本書では、総合ネット通販の巨人アマゾンのビジネスの仕組みや戦略を分かり易く解説するとともに、「ロジスティクス」(企業の物流合理化手段)こそがアマゾンの最大の強みだとして、「ロジスティクス」を全編にわたるキーワードとして、アマゾンに対抗しようとする勢力との日米における物流大戦争をルポしており、非常に興味深く、かつ、面白く読ませてもらった。 

まず、アマゾンについては、ネット通販を始めるにあたり、なぜ最初に本を扱うことにしたのかその理由をまとめ、その選択が正しく、成功への近道だったことを明らかにしたうえで、世界最大のスーパーマーケットチェーンである米国のウォルマートの「毎日低価格」戦略を忠実に踏襲しながら磨き上げてきたロジスティクスの歴史を振り返るとともに、日本に先行する米国アマゾンの最新のロジスティクス戦略をルポしている。この中で、私も利用している「マーケットプレイス」について、「従来の小売企業ではあり得ない驚くべき仕組み」とし、出品・出店しているサード・パーティにとっていいことづくめとする一方で、具体例を挙げたビジネスでそんなに甘い話はないとする筆者の見方は、「なるほど、そういう面もあるのか」と思わされるものだった。 

アマゾンに対抗しようとする勢力との物流大戦争については、まず、アマゾンとウォルマートの間で、ネット通販とリアル店舗という
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover