%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BA%2F%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3+Movi... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,600
通常配送無料 詳細
発売元: Plus9ファクトリー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

5つ星のうち 3.5 126件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,320
価格: ¥ 3,127 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,193 (28%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【マーベルブランドストア】 - ニューリリース+ホットアイテム情報、ランキングなど

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
  • +
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
  • +
  • キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
総額: ¥9,386
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ロバート・ダウニーJr., クリス・ヘムズワース, マーク・ラファロ, クリス・エヴァンス, スカーレット・ヨハンソン
  • 監督: ジョス・ウェドン
  • 形式: Color, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日 2015/11/04
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 126件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B014ULGV1Q
  • EAN: 4959241760159
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 617位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

史上空前の戦いが始まる

人類滅亡へのカウントダウン
救えるのは彼ら<アベンジャーズ>だけ

全世界No.1シリーズ、アクション超大作MovieNEXで登場! !

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン MovieNEX』

アイアンマンこと"戦う実業家“トニー・スタークが開発した<ウルトロン計画>。それは、人類の平和を守るために作られたシステムのはずだったー。より確実な平和を手に入れるためにトニー・スタークは禁断の平和維持システム、人工知能<ウルトロン>を起動させた。しかし、進化と増殖を続けるウルトロンが選択した"究極の平和“とは、平和を脅かす唯一の存在=人類を抹消することだった! 世界中の都市を襲う人類滅亡の脅威に、最強チーム“アベンジャーズ"が再び結集、ウルトロン軍団との戦いに全てをかけ挑むー。

< MovieNEXとは?>
MovieNEXは以下の4つがセットになっています。
◎ブルーレイ ◎DVD ◎デジタルコピー(クラウド対応) ◎MovieNEXワールド(作品に関する様々な体験が楽しめる進化型コンテンツ)
デジタルコピーはクラウド対応で、iOSでもAndroidでも対応。さらに、MovieNEXワールドは購入者限定のスペシャルサイトが楽しめる、随時更新されていく進化型コンテンツです。

<『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』MovieNEXワールド ラインナップ>
※デジタルコピー(クラウド対応)はもちろん、ここでしか見られない特別映像、ダウンロード・コンテンツやグッズ・プレゼントなど、映画をより深く楽しめるコンテンツを予定しています。

<ボーナス・コンテンツ>
[ブルーレイ]
●製作の舞台裏
-メイキング・オブ『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
-インフィニティ・ストーンの秘密
-世界をめぐる撮影
●未公開シーン
-教会で待つ男
-警告(ロングバージョン)
-二人の朝(ロングバージョン)
-洞察の泉
●NGシーン集
●音声解説
-ジョス・ウェドン監督による音声解説
[DVD]
●世界をめぐる撮影

※商品情報は変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

マーベル・ヒーローたちによって結成された“アベンジャーズ”の戦いを描くSFアクション第2弾。トニー・スタークが開発した人工知能による平和維持システム“ウルトロン”。だが、そのシステムが選んだ究極の平和とは、人類を抹消することだった…。

商品の説明をすべて表示する

メーカーより

【Amazon.co.jp限定】MovieNEX 【Amazon.co.jp限定】MovieNEX+3D 【Amazon.co.jp限定】MovieNEX+3D+スチールブック 【早期購入特典あり】MovieNEX
MovieNEX
ブルーレイ3D ●(3Dケースはスチールブック)
Amazon.co.jp限定特典特製フレーム付イラストシート
早期購入特典「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」&「アントマン」ポストカードセット
MovieNEX MovieNEX+3D MovieNEX+3D+スチールブック
MovieNEX
ブルーレイ3D ●(3Dケースはスチールブック)
Amazon.co.jp限定特典特製フレーム付イラストシート
早期購入特典「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」&「アントマン」ポストカードセット
アベンジャーズ MovieNEX アイアンマン3 MovieNEX ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX
作品紹介 世界を救うために集められた最強のヒーローによる禁断のプロジェクト! 『アベンジャーズ』の戦いから1年…。アイアンマン“最後”にして“最大”の戦いが始まる―。 はみ出し者たちが、銀河を救う! 宇宙最凶チームの、命をかけた戦いがはじまる… アベンジャーズ抹殺計画、始動 正義をかけた究極の戦いが幕を開ける アベンジャーズ最強の男、降臨。 宿敵ロキとともに、地球を救え!

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
この作品のレビューについて、大きく勘違いされている方々が多いので書かせていただきます
ウォルトディズニージャパンのあまりに懲りない販売方法にはかなり問題があります。
まず、日本語吹替えについてウォルトディズニー本社では俳優の起用についての承認権はありません。つまり日本支社が勝手にやっている事であり、本社にも日本語吹替えに対する苦情も多く寄せられていて再吹替えする事については寛容な立場をとっています。という事であれば日本支社も意地を張らず再吹替え版を商品として販売すべきでしょう
MovieNEXについて、この仕様も日本独自のものであり吹替えと同じく日本支社の判断によるものです。多くの購入者が納得していないんですから仕様を変更すべきでしょう
これらより、更に大きな問題は日本公開時期が本国より数ヵ月遅れている事。これは本社でも問題になっており、公開する度に改善するよう指導されています。本社としては不正ソフト対策や広告宣伝の話題作り等のため世界同時公開をしたいのですが、日本ではGW、夏休み、年末年始、冬休みという時期に合わせたいがためにわざと公開を遅らせています。このためソフト化も遅れるという悪循環になっています。冗談みたいな話ですが、まだ日本で公開中の作品が本国で発売されたとき日本語吹替えや字幕が収録されている場合もあります。これでは劇場に観に行か
...続きを読む ›
コメント 409人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
相変わらず、吹き替えが終わっています。
何故ここまで芸能人を使う必要があるのか?
映画館では字幕をもちろん見るので良いですが、
自宅の場合は少なからず吹き替えも見ます。
その吹き替えがこれではDVDの購入意欲が薄れますね。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
米倉涼子、雨上がり決死隊の宮迫、竹中直人は映画を愛してはいないんだろう。
まだ、まだ、小銭に執着したがるんだからね(笑)
いい加減、映画ファンの為にヘタ糞な三流吹き替えを受けるのは遠慮して欲しいものだ。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たままに トップ1000レビュアー 投稿日 2015/9/16
形式: Blu-ray
私は劇場で吹き替え版で観賞しました
各ヒーローにスポットが当たりスケールの大きさはさすがでした(ソーはギャグ担当という印象が強かったけれど)

ただ、アベンジャーズのせいで市民が巻き込まれた感や、ヒーローの内面に切りこんだストーリーは「チーム」としての団結力不足や危機感を覚えました
ヒーローすごい!かっこいい!面白い!という気持ちより、もやもやとした切ない気持ちになるシーンが多かったです
それがこの映画の目的なのでしょうか
観終わった後の爽快感を求める人には向かないかもしれません

この映画だけを観ると「ヒーローがわらわら出てきて、しんみりしてたと思ったら、町が浮いてバタバタして終わった」という事になります
前作を観て、続編にも期待を持てる人向けかなと思います

最後に
元々起用されていた本職の声優さんをシリーズの途中で3人もタレントさんに変更されたら、話題性重視の変更と取られファンから批判されても仕方ないと思います
しかも、米倉さんはアベンジャーズと離婚騒動をセットで記事にされている始末(記事の話題の中心は離婚騒動と大音量BGM、映画はおまけ)
声優さんや吹き替えに興味の無いユーザーを混乱させるレビューもどうかとは思いますが、タレントさんの起用が作品にプラスになったとは思えませんでした
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
まず、作品に罪はないですね。掛値無しに娯楽の王道です。飽きませんし面白いです。
「シビル・ウォー」の前段という位置づけであることは、各ヒーロー間の微妙な感情表現、人間関係を見れば判ります。
スタークがウルトロンを生み出したという原作からの変更は、その後のロジャースとの仲違いの発端として使えるので、良いアレンジでした。

多くの方の問題とするロマノフとバートン、ニック・フューリーの吹き替えですが、個人的にはさして気になりませんでした。

ただし、はっきり言えば、お三方「地」で演じられてますよね?ディズニーは昔から声優に有名人を起用したがります。
故・山田康雄氏は演技は全身でするものだと、生前、仰られてたそうですが、これは演技なのか?どうでしょう?納得出来るものですかね?

それから、多くのユーザーに酷評されているMovieNEXとソフト抱き合わせ販売。
選択肢を設けないという販売姿勢はどんなに作品が良くても感心しませんね。
本作は大ヒットした映画であり、十分に製作費は回収出来た筈なのに、ユーザーは高いソフト代金を払う訳ですね?
コンテンツに絶大な自信があるので、消費者に迎合する必要がないという訳なのでしょう。
これを一般的には殿様商売と言います。

星は作品自身の評価です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック