¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
アベコベさん がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アベコベさん 大型本 – 1997/8

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 3,024

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アベコベさん
  • +
  • ふとんやまトンネル (絵本・ちいさななかまたち)
  • +
  • ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

アベコベさんの一家は、いつも真夜中に起きる。パジャマに着がえて寝室に行き、ベッドでお食事。うーんとお行儀悪くね。テレビを見る時は逆立ちするし。ある日、一家は近所の家の留守番を引き受けるが…。


登録情報

  • 大型本
  • 出版社: 文化出版局 (1997/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4579403754
  • ISBN-13: 978-4579403752
  • 発売日: 1997/08
  • 商品パッケージの寸法: 27.4 x 23.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 144,272位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
小学校4年生の「おはなし」の時間にこの絵本を持っていきました。
子どもってこういうナンセンスが好きですねえ。
みんな「うっそー」「この家の人、変だよ」「あり得ない!」なんて
常識的なことを言いながら、お腹をかかえてゲラゲラ笑い転げて
いました。4年生でこれだけうければ、逆に1年生、2年生、3年生も
大受けすること、請け合いです。
また、家で子どもと一緒に見るのも絵の細かい部分の面白さを発見できて楽しいと思います。
大人にとっては、「子どもは何でこんなのが面白いのかしら?」と
子どもの不思議さを感じられる一冊です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
こどもっていつでもおかあさんの叱ることに不満をもっていると
思うんです。
こどもの言い分はこうです。
「なんでこんなことしちゃいけないの?おかあさんのこどもの頃は
ちゃんとできたの?だめってだれがきめたの?」って・・・
お子様がきっと声をだしてよろこぶ絵本だと思います。
ちなみに、私は星3つにしましたがこどもは星5つだそうです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くらくら VINE メンバー 投稿日 2006/6/22
形式: 大型本
わかりやすい絵、音読していて心地よいリズムののった訳文、読み聞かせにぴったりの作品です。

手づかみの食事、絵は壁に描く、アベコベさんの「いいこと」は一般的な価値観からすると「悪いこと」。

5歳の子どもはノリノリでした。

読み聞かせしていた私も初めは小気味よかったです。

が、だんだん私は違和感を覚えてきました。

アベコベさんの価値観は確かに一般的なものからするとアベコベだけど、子どもに対し「悪いこと」をやめさせ「いいこと」をさせようとする、これって本当にアベコベなのだろうか、と。

「悪いことどんどんやれ」とはアベコベさん、言っていないのです!

絶対的に正しいと言い切れる価値観なんてないけれど、「悪いこと」をやめさせ「いいこと」をさせようとすること、案外それこそが普遍的な価値観なのかもしれないと思いました。

そして、そうした価値観の押し付け、相違が個人から国家間にいたるまでのトラブルのもとになっていることも。

とはいえ、アベコベさんは「よのなかにはいろんなひとがいるんだ」と軽く受け流してしまいます。

そう言いつつも、留守を頼まれた家、勝手に片付けてしまうあたり、アベコベ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック