通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
アフリカの民話~ティンガティンガ・アートの故郷、タ... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ハードカバー仕様本。 帯なし、カバーに軽いスレ等使用感あり。 中のページきれいです。2012年第2刷発行。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アフリカの民話~ティンガティンガ・アートの故郷、タンザニアを中心に~ 単行本 – 2012/4/29

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2012/4/29
¥1,650
¥1,500 ¥707
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • アフリカの民話~ティンガティンガ・アートの故郷、タンザニアを中心に~
  • +
  • しんぞうとひげ (ポプラせかいの絵本)
  • +
  • アフリカの民話集 しあわせのなる木
総額: ¥5,390
ポイントの合計: 54pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

レビュー

遠い土地への小さな旅


語り手が「パウカー」と声をかけると聞き手たちが「パカワー」と答えて、お話が始まる。
アフリカ東海岸タンザニアのスワヒリ語世界の習慣だ。
カリブ海のクレオル語地帯なら、かけ声は「クリック」「クラック」。
民話はそんな土地ごとのかけ声のうちに語りつがれ、人々に共有されてゆく。
遠い土地のわれわれは、翻訳された文字によってお話を味わってみようか。
ザンジバルに住む著者が聞き集めたスワヒリ語民話を訳しまとめたのが、この一冊。
「ハポ ザマニザカレ」(むかしむかし、あるところに)に始まり「ほしけりゃ持ってきな。 いらなきゃ、海に捨てとくれ」の決まり文句で終わる全22話は、でも捨てるには惜しすぎる。
物事の起源を語り、妖怪や動物たちを活躍させ、呪術の力や人の心の恐ろしさを教える。
どの話にも普遍的な魅力があり、笑いを生むユーモアがある。
ぼくが特に好きなのは「猿と亀の友情が終わった日」「ハチとハエ」「魚屋になった猫」といった動物譚(たん)。
あるいは一枚のカンガ(身にまとう美しい綿布)をめぐる「ザンジバル一の力持ち」もなかなかいい。 気のいい力自慢の男がいて、村人に誉(ほ)められるのがうれしくて毎日井戸の鉄のふたを開けている。 ある日、よぼよぼのおばあさんが頭に巻いていたカンガが風に飛ばされた。 男がそれを拾ってあげようとしてもどうにも持ち上がらず、力を入れれば腰まで、胸まで、 地面に埋もれてしまう。おばあさんは、いまどきの若者は力がないとため息をつき、布を片手で ひょいと拾い、頭に巻いて、またとぼとぼと歩いて行ってしまった。 彼女は男の力自慢を戒めるために神さまが遣わした天使だったのだ。
それぞれのお話のために新たに描かれたモハメッド・チャリンダさんのユーモラスな挿絵がすばらしい。
巻末の写真入りの解説も充実。きっと親子で楽しめる、遠い土地への小さな旅みたいな本だ。
評・管啓次郎(詩人・比較文学者・明治大教授)


--「読売新聞」 2012/8/6

著者について

島岡由美子 ShimaokaYumiko

名古屋生
愛知県立大学文学部卒
民話研究ゼミに所属し、民話採集の面白さと、民話と地域社会の関連深さを学ぶ。卒業後は、幼稚園教諭として3年間勤務。
1987年、横浜出身の島岡強と結婚。共にアフリカへ渡った同年より、ザンジバル・タンザニアを拠点にする。
「世界で一番貧しい大陸であるアフリカの国々に住む人々の雇用の機会を増やし、精神的にも経済的にも真の独立ができるよう手助けをする」という志を持つ夫と、アフリカで様々な活動を続けて現在に至る。
2005年からは、ティンガティンガ・アートのプロモーターとしての一面も持ち、無名の新人画家を発掘し、その才能を育てている。

◆ 著書 ◆
2003年12月 「わが志アフリカにあり」(朝日新聞社)
2007年1月号~2009年3月号「一冊の本」(朝日新聞社)で、アフリカの民話を連載



登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ 100% (100%) 100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび1のカスタマー評価があります。
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。おばけ 絵本