通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アフターダーク 単行本 – 2004/9/7

5つ星のうち 3.4 333件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アフターダーク
  • +
  • スプートニクの恋人
  • +
  • 国境の南、太陽の西
総額: ¥4,812
ポイントの合計: 146pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。

「風の歌を聴け」から25年、さらに新しい小説世界に向かう村上春樹書下ろし長編小説

マリはカウンターに置いてあった店の紙マッチを手に取り、ジャンパーのポケットに入れる。そしてスツールから降りる。溝をトレースするレコード針。気怠く、官能的なエリントンの音楽。真夜中の音楽だ。――(本文より)

内容(「BOOK」データベースより)

真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。「風の歌を聴け」から25年、さらに新しい小説世界に向かう村上春樹。


登録情報

  • 単行本: 294ページ
  • 出版社: 12345 (2004/9/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062125366
  • ISBN-13: 978-4062125369
  • 発売日: 2004/9/7
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 333件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 101,469位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/9/19
形式: 単行本 Amazonで購入
本作品は、題名こそ「アフターダーク=闇の後」となっていますが、実際に描かれるのは、東京のある一日のうち、深夜から朝までの約7時間の闇の時間帯です。

この深夜の時間帯に、マリと高橋という男女二人が再会し、心を通わせ始めます。
また、ラブホテルの一室で、コールガールの中国人女性が、客に殴打され、衣服を奪われるという事件が起きます。
この事件の犯人、白川という人物は、なぜそんな事件を起こしたのか分からず、大きな謎です。

そして、一番の謎といえば、マリの姉、エリでしょう。
彼女は、数ヶ月の間、ほとんど眠ったままなのです。
読者は、神の視点で、エリの部屋の様子を描写するというシーンが、物語の所々に挟み込まれているのに、不思議な印象を持つこととなるでしょう。

人間は、昼間活動し、悩みや苦しみを乗り越えて生活していきます。
それに対して、本作品で描かれる闇の時間帯に、人間は眠り、休息を取ります。
昼間のような悩みや苦しみからは、一旦解放されるのです。

しかし、夜が明ければ、また、新しい「生活」という営みが待っていて、どんな苦難があるか分かりません。

こうしてみると、人間は、昼と夜という二つの世界を生きているとも言えるのではないで
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/29
形式: 単行本 Amazonで購入
当然というか突然に変わって「湿度と密度の会話」が変わってしまったという感じです。
作者が感じたあのとき時代の感じてしまい切った「夜」というイメージは伝わったけれども「村上マニアの方々」には納得行かないかもと思いました。
でも今の
子供たち=90年代以降の若者に向け青春教訓ともなる教科書というか転ばぬ先の「知的会話ナンパ本」の復活かも、ほんとに繰り返す。。
人生本当につまらないということが繰り返されているということが本当に分かる傑作かも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 視点を変えて、因果関係のある登場人物を個別に描写した一晩のスケッチ。
 唐突な出会い、何気ない話題に織り込むマニアックな知識やエピソード、風変わりな比喩、それらを駆使した饒舌な発言、それに呼応してくれる相手との会話・・・。
 私が感じる「村上春樹の文法」が駆使された作品だと思う。ただ、人間関係と一緒に拡散したストーリー、各方面に枝を伸ばした結果、「それで?」という状態で消化不良になってしまう気がした。「まだ続きがあるだろう?」と思わずにはいられない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
村上春樹大劣化は、まさしくこの一本から始まった、大、、いや超劣化作。これ、、本当に村上春樹が書いたの??、とは僕も思ったし、やっぱり大勢の人が思っていた。それにもまして驚いたのは、インタビュー記事か、エッセイか忘れたが「奥さんは、今までの作品で一番だ、と言っているんですよ、」と語り本人もたいして異論の無さそうだったこと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アフターダークを読んで裏切られたと
感じた人は多いと思います。
みなさまの貴重なレヴューをすべて拝見しましたが、それは求めているものの違いのような気がしました。
無力感と深い喪失を抱え再生へともがく中年の
姿が読みたければ「国境~」あたりが、
喪失とノスタルジーならば「ノルウェイ」「スプートニク」
あたりが、スピード感ならば「世界の終わり」三部作
あたりがよいのではないかと想像します。
でも、アフターダークにはそういうのがないから、
違う!って思うのもすっごくわかる。
カメラ視点はしつこい感じだし、村上語もいい加減うんざり。
こんな風にいきっこないうますぎる展開とか。
でも、もし帰ってこない直子や鼠やあの頃の「僕」
が登場する物語だったら? 島本さんはまだ寒い車の中で
泣いてるし、ミュウもどこかで高級車を運転してる。
そして、もうきっとそこから動けないのです。
だから、カフカ君とか青年少女が中心の展開になったのではない
でしょうか?
「風の歌~」が世にでたとき、誰が「アフターダーク」が同じ
作者によってつくられると想像できたでしょうか?
よく分からない凝り過ぎた文体とか、無理のある会話
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー