アバウト・シュミット [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アバウト・シュミット [DVD]

5つ星のうち 4.1 62件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 124 (3%)
ポイント: 41pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、三風堂 本店【コンディション説明を必ずご確認ください】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 3,980より 中古品の出品:9¥ 500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アバウト・シュミット [DVD]
  • +
  • 最高の人生の見つけ方 [DVD]
総額: ¥4,907
ポイントの合計: 41pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャック・ニコルソン, キャシー・ベイツ
  • 監督: アレクサンダー・ペイン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: CCRE
  • 発売日 2004/01/10
  • 時間: 125 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 62件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008WJ2G
  • JAN: 4515778550016
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 53,205位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   保険会社を定年退職したシュミットは、ひまな毎日に嫌気がさし、チャリティ団体に応募。援助するアフリカの少年に手紙を書く。ところが簡単な自己紹介のつもりが、妻への不満など、グチばかりつづることに。そんなとき妻が急死。愛娘が帰郷するが、彼女が連れてきた婚約者はとんでもないアホだった…。
   平凡な男シュミットの老後の日々をシニカルなユーモアを散りばめて描いた人間ドラマの傑作。主演のニコルソンが、口数は少ないけれど、心の中ではグチってばかりの怒れる老人をチャーミングに演じている。ユーモアの中に孤独を垣間見せる絶妙の演技は、オスカーノミネートも納得の素晴らしさだ。また娘の婚約者の母親を演じるキャシー・ベイツの豪快な老ババぶりも必見。監督&脚本は『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ』で脚光をあびたアレクサンダー・ペイン。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

名優ジャック・ニコルソン主演の人間ドラマ。定年退職を迎え、悠々自適な生活を送る男が、妻の死、娘の結婚と、人生の大きな転機を迎え、自分探しの旅へと出発する様を描き出す。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
良い映画である。

アメリカもこんな作品を作るようになったのだ。

テイストはシニカルなコメディタッチだが、泣かせる所もある。絶妙の編集でテンポ良く進んでいく。

無駄なフィルム、無駄な演技は一切ないという感じである。

ストーリーはなんという事のない普通の人々、一般市民の生活である。

登場人物にヒーローもヒロインもいないどころか、好感が持てる人物は殆ど出てこない。

女房を怒鳴りつける事も出来ず、娘の結婚に反対する事も出来なかった定年サラリーマン。

口先だけ合わせて、内心は年寄りを疎んじているエリート若造。

下らない物を買い集め、亭主を大事にしない妻。その妻と嘗て浮気した友人。

悪党ではないが頭の軽そうな娘婿。親の金しか当てにしない娘。低俗で品のない嫁ぎ先の家族。などなど・・・。

そこにいるのは私である。

気が弱いくせにプライドが高く、ずるくて陰険で、浮気性なのにヤキモチ焼きで、見栄っ張りで他人をバカにしていて・・・。

だから共感できる。

主人公の気持ちも判るし、娘の反発も理解できる。他の人の考えも想像できる
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
あまり語られていないことをひとつ。
この映画の主人公の名は「ウォーレン・シュミット」。「ネブラスカ州オマハ」という地方都市で保険会社の部長代理職を定年まで勤め上げ、66歳で退職した平凡な男の話だ。
ところで、「オマハのウォーレン」といえば、人類史上初、株取引だけで億万長者になった「ネブラスカ州オマハのウォーレン・バフェット」のことだ。バフェット氏は「フォーブズ」誌の世界ランキング常連、今年73歳のアメリカン・ヒーローだ。
それに比べて彼は、同じネブラスカ州オマハのウォーレンでも、世界的資産家「バフェット」になれなかった、どこにでもいるありふれた姓「シュミット」だ。映画ではバフェット氏のことは語られないけれども、「ほんとうは起業家になって、経済誌の表紙をかざりたかった」というシュミット氏のつぶやきと、その架空のイメージ映像も入っている。それにシュミット氏を演じるジャック・ニコルソンの丸い頭と鋭い眼つきは、もうひとりの「オマハのウォーレン」に、確かによく似ている。そんな「ネブラスカ州オマハのウォーレン」限定での「シュミット」と「バフェット」の無言の対比は、この映画の重要なモチーフなのだ。
シュミット氏が自らの定年パーティーをそっと抜け出して、バーのカウンターでひとり頼むカクテルはギムレット。私立探偵フィリップ・マーロウが好んだシンプルで粋なカクテ
...続きを読む ›
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
定年退職、妻の死、娘の結婚。66歳にして人生の3大転機を迎えたウォーレン・シュミット。ろくでもない男との結婚をやめさせるべく、疎遠になっていた娘の元へと旅立つが、それは彼にとって自分の人生を見つめなおす旅となる・・・。
66歳で定年退職を迎えた企業戦士が、ふと置き忘れてきたものの大きさに気付いて、取りこぼした時間を取り戻すべく奮闘する・・・。ありがちなストーリーながら、エキセントリックな役柄を得意としてきたニコルソンがごくごく普通の中年男をとても自然かつユーモラスに演じていて新鮮に映る。優しくしてくれた人妻の唇を突然奪おうとするシーンは、若き日のニコルソンのセルフ・パロディを見ているようで笑いを誘う。
豪快なオバサンを演じたキャシー・ベイツ、強烈!な風貌でこれまでの二枚目のイメージをかなぐり捨てたダーモット・マルロニー、仕事一辺倒だった父に心を開くとこができない娘を繊細に演じたポープ・デイビスなど、共演陣もそろって好演している。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
強烈な個性をうまく引っ込めて平凡なオジサン(その実、内面は怒れる男)を演じきったニコルソンもさすが。
監督も、奇をてらう所も個性もあまり感じはしないものの、ストーリーを丁寧に伝えるところがなかなかうまい人なのではないかと思う。この路線でこれからも秀作を撮り続けて欲しい。
人が生きていくうえでは、何らかの”生きがい”が必要なんだなぁとつくずく。
また人により、それは思いがけないものだったりもするのがまた面白いものです。
しみじみと心に染みるいい映画でした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す