アニメ 「美少女戦士セーラームーンCrystal」... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,300
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アニメ 「美少女戦士セーラームーンCrystal」Blu-ray 【初回限定版】7

5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,020
価格: ¥ 5,300 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,720 (25%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、マスターBOOK&CD、DVD王国 【土日・祝日も発送!迅速丁寧★安心取引】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:24¥ 5,300より 中古品の出品:8¥ 1,360より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アニメ 「美少女戦士セーラームーンCrystal」Blu-ray 【初回限定版】7
  • +
  • アニメ 「美少女戦士セーラームーンCrystal」Blu-ray 【初回限定版】6
  • +
  • アニメ 「美少女戦士セーラームーンCrystal」Blu-ray 【初回限定版】8
総額: ¥15,274
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 三石琴乃, 金元寿子, 佐藤利奈, 小清水亜美, 伊藤静
  • 監督: 境宗久
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2015/04/08
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00LJOMAWW
  • JAN: 4988003828400
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,120位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

誕生20周年を迎えた少女漫画の金字塔「美少女戦士セーラームーン」の新シリーズ第7巻。“幻の銀水晶”を狙うダーク・キングダムの王女、クイン・ベリルに正義の戦士・セーラームーンが立ち向かう。第13話と第14話を収録。

内容(「Oricon」データベースより)

1992年に月刊誌「なかよし」で連載開始され、社会現象を起こした武内直子による原作マンガ『美少女戦士セーラームーン』が誕生から20年の時を経て、「幻の銀水晶」のごとく美しく甦る!ドジで泣き虫だけど元気が取り柄の中学2年生・月野うさぎは、額に三日月模様を持つ黒猫「ルナ」と出会い、愛と正義の戦士「美少女戦士セーラームーン」として仲間の戦士とともに幻の銀水晶を探し、プリンセスを守るという使命を帯びる…。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.6

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
最初にスタッフの擁護をしておきます。オーディオコメンタリーによると、この巻に収録されているエピソードは、2014年末のイベントでの上映のために予定を繰り上げて制作されたものとのことです。クオリティの低下の原因も、いくらかはそこにあるのではないかと思われます。パブリシティも大切でしょうが、作品の質を著しく下げてまでやることでしょうか?プロデューサーの方には、現場のスタッフのことももっと考えたスケジューリングをしてほしいところです。

私が個人的に一番気になったのは、衛の懐にあった四天王の石がセーラームーンの聖剣から衛を守るくだりの描写です。
原作では洗脳された衛が十番街に戻る時点で四天王が全員石に還っており、衛は懐に四天王の石を入れてうさぎへの接触を図ります。ですが、今作ではセーラームーンがタキシード仮面に剣を降り下ろす直前まで、四天王は全員生きて四守護神と戦っています。メタリアに命を絶たれた後に石になって衛の懐に潜り込んだことを示唆する描写は一切なく、そのため聖剣による攻撃を受けた衛が生き延びる展開が、ご都合主義を通り越して意味不明なものになっています。
また、衛にメタリアの弱点を伝えた後に四天王の石が砕け散っているにもかかわらず、第二部Act. 18(カラベラス登場回)では何の説明もなく石が衛の手元に戻っており、原作通りに四天王と言葉を交わ
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 honeko トップ1000レビュアー 投稿日 2015/4/7
2015年4月7日現在、ニコ動本編では、ちびうさと共に30世紀の未来にやって来たうさぎ達が、セーラープルートに出逢う段階まで話が進んでいるが、前々回(3/21配信分)と前回(4/4配信分)においては、ちびうさに嫉妬するうさぎの昼ドラのような回になっており、正直見ていられなかった。このアニメ化が決定した当時「原作を忠実に再現」のコメントを耳にした時点で、コミックを読破していた私としては嫌な予感はしていたのだが「そこは自粛しなさいよ」と言いたくなる描写が、やはり描かれてしまっており、これを見せられた視聴者は一体どうすればいいのか、ただただ困惑してしまう。今月から地上波放送もスタートした今作。この回も、時が来ればやがてお茶の間に流れることになるのだが、放送時間帯が各局がほぼ深夜枠なのはとりあえず救いとして、もし「セーラームーン」というものを名前程度しか知らない若い世代が、偶然このシーンを目の当たりにしてしまったら「セーラームーンって、こんなに下品なアニメだったんだ。こんな作品をみんな好きだ好きだと言ってたんだ。最低…」と誤解されてしまいかねない。それが、私には何よりの恐怖なのだ。しかし、そう思われても仕方がない。そこには戦士でもプリンセスでもない、ただの嫉妬に狂った女しか映っていないのだから。「私とあの娘とどっちが大事なの!?私のこと愛してるなら抱いてよ!!」と言わんばかりの、とんだ安っ...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あと 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/3/29
旧アニメ版ではブラックムーンの前に魔界樹編もあり
さらにブラックムーンになってもルベウスと4姉妹が
10話くらい出番をとるのでなかなかデマンドやサフィールが
登場しません。

今回はすぐに登場するのでファンは嬉しいでしょうけれど
作画がさらに動かない動かない。
紙芝居のように静止画(特に顔アップ)とセリフだけで話が進行し、
これがあの動きの素晴らしい東映アニメーションなのかと思うと
悲しいものがあります・・・。

改めてアニメって影がついて目がキラキラじゃなく
影がなく目がキラキラしてなくても「動く」のが
魅力的なんだとよくわかる新旧セーラームーンの違いですね。

辛口ばかりになりましたが、あえて
竹内直子の長所といえばブラックムーンや
あやかしの4姉妹の衣装や髪型のセンスの素晴らしさ。
20年過ぎたのにまったく古さを感じない。
彼女はもっとキャラ原案に専念してもいいのに・・・。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
6巻の表紙「うさぎとまもる」が出来がとても良かっただけに、このセレニティは・・ちょっと・・・
「表紙」の自己満足レビューですm(_ _)m

画像のサムネからでも分かるように、「目」が中心に寄っておるのが目立ちます。
「これ、片方の目を描いてコピーして左右反転させて、目の光を追加しただけなのでは?」と思ってしまうほど
旧の作画では「目力」があり、原作でも綺麗な目を描いておりましたが

これには「力」が入っておりません、だから原画スタッフさんの中に「こだわり」を感じさせれるほどのセーラームーン好きはいないのでしょうかね?
驚く程に、魅力が無いのです。プリンセスなんだから、もっと美人さんに描いてあげてくださいよ(ノД`)

話題変わって、地上波が始まり「アップグレード版」となりましたが、中身はDVD/BDの本編と大差ありません
もう、なんなのでしょうか・・・前にも言いましたが、こうされるとますます商品を買う意味ありませんよね?
顔アップとか作画がキレイに修正されても、肝心の「動き」カットを追加した訳でもないので、「おぉ~デジタルならではの綺麗な動き!」と言う事もなく・・・

キャラデザは慣れてきました(表紙と言った、停止画だと悪い意味で目立つ点があ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告