Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 756

¥ 108の割引 (13%)

ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[櫻井孝昌]のアニメ文化外交 (ちくま新書)
Kindle App Ad

アニメ文化外交 (ちくま新書) Kindle版

5つ星のうち 3.5 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 756
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

世界はこんなに日本が好きだ! ミャンマー、サウジアラビア、イタリア、スペイン…。日本のアニメは、想像を超えて世界に広がっている。本書では、日本のアニメが世界でどう愛され、憧れの的になっているかを、現地の声で再現。このアニメ文化を外交ツールとして積極的に活用する意義を論じ、そのための戦略をも提示する。

内容(「BOOK」データベースより)

ミャンマー、サウジアラビア、イタリア、スペイン…。作品タイトルを聞くだけで悲鳴をあげ、人気アニメのエンディングの振り付けをマスターする海外のファンたち。日本のアニメは、想像を超えて世界に広がっている。本書では、日本のアニメが世界でどう愛され、憧れの的になっているかを、現地の声で再現。また、このアニメ文化を外交ツールとして積極的に活用する意義を論じ、加えてそのための戦略をも提示する。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 8018 KB
  • 紙の本の長さ: 146 ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2009/5/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00H4M6RSQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 145,065位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 欧米や東南アジア(ここでは、タイやシンガポールなど、一足早く発展し始めた国を指す)
に於ける和製アニメの勢いについては、既に類書で語られておりますし、一部は私自身も
現地のオタクショップを覗いたことがあるので、理解をしている「つもり」でした。

 が、和製アニメは既に前述したような地域は飛び越えて、より多くの国に広がっていたの
です。ネットのおかげで(功罪については、本書でも著作権の問題と絡めて触れている)。

 本書は前後編の二章立てと言っても問題無いでしょう。前半は、冒頭で挙げた国々に
加えて、中東(それもサウジだ)や東南アジア(ミャンマーやカンボジアといったASEAN諸国
でも後進地域だ)における、日本アニメの人気度について、著者が行った講演の様子と合わせ
述べられております。
(欧米と違い、近年和製アニメが浸透した国々は、ネットによる視聴なので、国民総人口から
みれば極一部なのでしょう)

 後半は、ではこの優れたコンテンツを外交にどう生かせるか?という政策論(のようなもの)
になっております。後半部分は結局「日本を知ってもらおう」「日本好きを増やそう」「それ
にはアニメが使えるぞ」という風に、論としては少し弱い感
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
世界各国で日本のアニメほか文化についてどのような状況なのかの把握には、事実体験したことを平易な文章で記載してあり役立つ。
しかし、当該著者の書籍全般に言えることだが、特別な体験をした著者個人としての独自の見解、論理展開などはないに等しい。本当にあったことのそのまま書いたという感じ。本書を資料にして、自分なりに考えたい思考力豊かな方にとっては十分かもしれないが、著者の優れた思考、主義主張を本書購入の目的とする方は拍子抜けするかもしれない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/1/10
形式: 新書
NARUTO、鋼の錬金術師、犬夜叉、新世紀エヴァンゲリオン、ONE PEACE、キャンディ・キャンディ、マッハGoGo、アルプスの少女ハイジ、名探偵コナン、どらえもん...「アニメ文化外交」関連の講演で11カ国15都市を回ってきた経験を元に、海外で日本のアニメやマンガ文化がどうのように受け止められているか、実際の各国の若者達の視点からレポートした本。

熱い。ウルトラマンに出てくる怪獣を空でいえるサウジアラビアの大学生。「日本人になりたい」とまでいうフランス人。日本のアニメ制作会社に就職したいというプラハの女性。「僕たちは(日本の)アニメで育っているんですよ」というイタリア人。ヨーロッパでは各地で日本のアニメやマンガを機軸にしたイベントが開催されており、パリの「ジャパンエキスポ」は13万5000人(2008年)も動員。もはや、ケロロ軍曹が前線基地をヨーロッパに移すのも時間の問題かもしれないという。

子供が見るものという世界の常識を覆し、世界を惹きつける日本のアニメ文化。無国籍であったり、時代に縛られない普遍的な内容のものが多いのも有利に働く。女子校生制服ファッションと融合してコスプレ文化が花開く。日本の外務省も、「世界コスプレサミット」を後援し外務大臣賞を付与しているとか。

しかし、課題もある。まず、海賊版のDVDや許
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 革命人士 トップ500レビュアー 投稿日 2009/6/8
形式: 新書
外務省の海外アニメ講義の講師を務める著者による、アニメ・マンガ外交の最前線、かつ海外の「anime」事情の最新報告。アニメなどの文化を外交というか国益の用に供するというのには、抵抗感のある人もいると思われるが、ファンとしても情報に飢えている中、「本国」から無料でこうした情報提供がされる、というのはいいし、観光客、日本語学習者も増え、双方の理にかなう。個人的には著者が最後でちょろっと言う「アニメで世界平和」なんて大きく打ってでなくとも、日本のメリットになり、ファンの心が幸せであれば良いのではないかと思う。

興味を惹かれたのは、講演時の聴衆の熱狂ぶり。ヨーロッパは日本アニメ人気は定着した感があるけど、ミャンマーやらシリアでもマニアックな日本ポップカルチャーが聴衆からぽんぽん飛び出すこと。ジャニーズが好きとか、キラと読んでくれというサウジ人、あり得ない…スペインではアニメに精通した山田公使(当時)の活躍もあって、日本アニメで6万人のイベントが開かれているという。イベントで涼宮ハルヒのコスプレをするバルセロナ娘の写真やら、セーラー服を着るパリっ子を見ていると「一体この国はどうなってしまったんだ」という感じ(もちろん良い意味で)だ。

当然ながら日本アニメは身近に感じているが、ここまで世界中で虜になる人がいるとは、侮れないなと感じた。内容はよかったが、ちくま新書にしては、妙に字のフォントが大きいというか行間が広かったのが気になった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover