中古品
¥ 4
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2002年1月18日発売の初版第1刷のものになります。ブックカバーにスレ・汚れ・キズ・背に日焼け有。本体表紙/背表紙/裏表紙にスレ・汚れ、ページに汚れ・シミ、上面/側面/下面に日焼け有。帯にキズ・折れ・日焼け有。レンタル落ち中古商品のため若干の日焼けやページの折れ、管理シールなどが貼付されている場合もございます。記載がない限り帯は付属しておりません。商品はゆうメールでの発送になります。発送前にこちらからご連絡させていただく場合がございますので、ご了承ください。5000円以上のご購入で佐川宅配便で発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アニパロとヤオイ (オタク学叢書) 単行本 – 2001/12

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“アニパロとヤオイ”の歴史を辿り、作品の変遷と傾向を徹底分析。人と作品が織りなす、そのカオスな世界の可能性を探る!“ハマっている人”から“何も知らない人”まで必読の、“アニパロとヤオイ”をポジティヴにとらえた1冊。

内容(「MARC」データベースより)

自らの手で作った同人誌を売買するイベントであるコミケの中でいつのまにか定着した表現方法「アニパロとヤオイ」。その歴史を辿り、著者の経験や「ハマった者」の本音も踏まえて作品の変遷と傾向を徹底分析する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 245ページ
  • 出版社: 太田出版 (2001/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872336437
  • ISBN-13: 978-4872336436
  • 発売日: 2001/12
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 922,482位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
まず表紙を見て思ったのは『買う時に勇気が要るだろうな』、と。
そして内容を読んで頭を抱えてしまった。
著者はこの本を『やおいというものの解説書』として書いたのかも
知れないが、この本を読む為の副読本の存在を連想させる様では
片手落ちと言うべきかも知れない。
内容としてはかなり良いとは思う。只初心者向けでは無いと言うだけで。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今でこそ腐女子、貴腐人、歴女という呼び名が定着し
世間にも浸透している女性のオタク。
本書はそんな女性オタク文化(JUNE、ヤオイ、同人など)の
創生と発展を当時の女性の社会進出、日本経済の盛衰とを
照らし合わせて読んでいくとっても興味深い1冊。
実際の同人誌からの出典、引用もあり。

しかし出版されて10年近く経っているので
そろそろ改訂版とか出してほしいな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
出版されてだいぶ年月が経つが、女性向け同人誌の歴史を知るにはちょうど良い1冊。
今ではボーイズラブなんて言われる世界の、黎明期から90年代後半くらいまでの様子がざっくり分かります。
(本当はこれだけでは同人誌の世界を論じつくせないのですが、主要な流れは把握できる。)
こういうオタク文化そのものについてを論じた本はなかなかないので、電子媒体でも読めるようにしてほしい。
昔買った本があるのですが、読み込んでいたらボロボロになってきました…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告