アナライズ・ミー [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 7,280
通常配送無料 詳細
発売元: タッケンオンライン
カートに入れる
¥ 7,280
通常配送無料 詳細
発売元: ★送料無料 shige-smile^^ 代引・コンビニ受取もOK!
カートに入れる
¥ 7,280
通常配送無料 詳細
発売元: Prime Center
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アナライズ・ミー [DVD]

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 7,280 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、みやうちSHOPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 6,929より 中古品の出品:3¥ 1,480より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • アナライズ・ミー [DVD]
  • +
  • アナライズ・ユー [DVD]
総額: ¥8,351
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ロバート・デニーロ, ビリー・クリスタル, リサ・クドロー
  • 監督: ハロルド・ライミス
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2012/08/10
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0082VDPB0
  • EAN: 4988113763233
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 94,895位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

パラマウントの珠玉のコメディ作品をお求めやすい価格で!

ポールはニューヨークを手中におさめるマフィアのボス。しかし敵のファミリーとの抗争に消耗し、時折激しいパニックに襲われる。そこで人目を忍んで精神分析医のベンのもとへ。だがベンにはそれがすべての悪夢のはじまりだった・・・。

DVD特典
●アメリカ版予告編
●NG集(GAGリール)
●キャスト・スタッフ解説

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ギャングと精神科医というおかしなコンビを、R・デニーロとB・クリスタルが演じるコメディ。マフィアのボス・ポールは精神科医のペンを尋ねる。迷惑な患者に戸惑うペンだったが、次第に2人は友情で結ばれていく。“ハッピー・ザ・ベスト!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この作品はデ・ニーロのコメディ作品としてすでに有名であり、マフィアのボスがストレスからくるパニック症候群で精神分析医を頼る・・・というストーリーで広く知れ渡っている。この作品を見るに、ハリウッドは例えコメディーでも真面目にというか真剣にというか、きちんと「大人の」コメディーを真剣に作るんだなぁ・・・と感心してしまうのであった。内容の面白さも去ることながら、ロバート・デ・ニーロという世界的な大御所を擁して、真面目なコメディーを作る、作れるハリウッドの「懐の深さ」にも感心させられるのであって共演のビリー・クリスタルの素晴らしい演技力とも相まって、肩の力を抜いて見られる上質なコメディーとして、こんな廉価で再発売されるのであれば、一家に一枚あって家族で見るのにも最適であろう、素晴らしい作品である。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ロバート・デニーロが初でコメディに挑戦した作品です。最初は「コメディなんてバカらしいからオレは絶対やらない!」と言っていたらしいのですが、台本を読みだし、大笑いし、そして出演を受けたそうです。この映画は何回観ても笑えますし、私自身セリフを覚えるくらい何回も観たくらい面白い映画です。

この映画が出た年、アメリカで、「どの役者がやったどの役が面白かった?」で1位を取ったのが、「アナライズ・ミー」のロバート・デニーロでした。私はその頃はロバート・デニーロの大ファンというわけではなく、「あーよくマフィアとかの役やってるあのゴッドファーザーの人だよね?」くらいでしたが、この映画を観て、ロバート・デニーロが大好きになりました。

ごめんなさい、レビューになっているかは分からないのですが、この話に出たお蔭でロバート・デニーロ自身がコメディに憑りつかれたようで(笑)、その後はベン・スティラーとの「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズに出て、最後にはコメディの王様のエディ・マーフィーと「ショウタイム」に共演しています。「ハマり過ぎだろう!」って突っ込みたいくらいの勢いですが、アナライズ・ミーの2であるアナライズ・ユーでは、ビリー・クリスタルが「いやいや、もう1だけで充分だろう」と言っているのを、「いや説得しにいく」と言う程(笑)。まだ観ていらっしゃらない方は是非!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 エンド 投稿日 2013/9/2
あのデニーロがだよ。
あのデニーロがだよ。
コメディーだってよ。
それもマフィアのボスが精神科医にかかるコメディーなんて……。
面白すぎ。面白すぎ。面白すぎ(爆笑)。

だってもう一度言うけれど、あのデニーロだよ(爆笑)。

誰が企画したんだこのコメディー。
その人に★五つ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
主演のビリー・クリスタルが製作総指揮も兼ねた作品。ロバート・デ・ニーロはこれまで彼が演じてきたマフィアのボスというキャラクターを、パロディ化したような形になっている。しかし、残念ながら着想を膨らませる事が出来ておらず、テンポの良さも無い。

本作は基本的に「控えめなコメディ」なのだが、デ・ニーロの演技だけは控えめな部分が無い。彼のクドい演技が悪い方向に出てしまっている。むしろ、ジョー・ヴィテレッリのような俳優がポールの役を演じた方が良かったのではないだろうか(まぁ、それだと全く意味合いの違う作品になるんだろうけど)。

ポールに悪意があるのがどうにも気になる。例えば、ベンの結婚式を台無しにした事を悪く思ったり、迷惑を掛けたことを反省したりと、そういうキャラ設定にした方が良かったのでは。そして、ベンのために良かれと思ってした事が、全て裏目に出るという展開を作れば面白くなったのでは。

ポールだけでなく、ベンも父親に関する心の問題を抱えているのだが、その設定は必要無かった。それほど生かされている訳でもないし、心の問題はポールだけのものにしておいた方がすっきりして良かったのでは。例えば、ポールは心理面での問題を抱えていて、ベンはもっと切実な問題(肉体的だったり経済的だったり)を抱えているという設定の方が良かったのでは。そして、ベ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック