中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アナザヘヴン〈下〉 (角川ホラー文庫) 文庫 – 1999/12

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ベテラン刑事飛鷹健一郎とその部下早瀬学の前に、不気味な連続猟奇殺人事件が発生。殺した人間の首を切りとり、脳を料理して食べるというのだ。いったい犯人は…!? ドラマ「沙粧妙子」の原型となる物語。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

殺害した人間の脳を料理して食べていたマッドクック柏木千鶴の死により、連続猟奇殺人事件は終わりを迎えるかにみえた。しかし、警察の無能さをあざけるかのように再び殺人事件が起こる。犯人は一体何者なのか?飛鷹と早瀬が事件の真実にせまったとき、この世の常識を覆す、禁断の扉が開かれようとしていた!!サイコサスペンス巨編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 428ページ
  • 出版社: 角川書店 (1999/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043493029
  • ISBN-13: 978-4043493029
  • 発売日: 1999/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 585,453位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2001/3/3
形式: 文庫
この手のストーリーは、昔から良くあるもの。良くあるものの中で、最近のもののわりには、「ネタ」に斬新なアイディアが無く、平均点な内容。人死にが沢山出る話なのに、登場人物の心情表現の中に「死にたくなった」という言葉が多く、シリアス感に欠ける。へヴィーな事件を扱っている刑事が、こんなことで死にたくなったと思うのはどうかな、と首をひねる場面がある(ので、平均からワンランクダウン)。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前半、いや終盤まではすごくスリリングでゾクゾクさせてくれる話です。最初はどんなトリックがあるのかとわくわくし、中盤以降はこの絶対的な敵に対してどういう風に立ち向かうのか、と興奮します。

しかし、そこまで興奮させられといて、あのラストは残念だった!

愛は世界を救うか…ふむ。とってもいい話じゃないですか♪

しかし、ここまで斬新な話をあんなハリウッド的なラストに落ち着けて欲しくなかった…
じゃあお前ならどう書くんだ?と問われればあまり気の利いたラストを用意できるわけじゃないですが…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
猟奇殺人者を追う刑事の物語。
敵の正体の謎を求めてどんどん読み進められます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/4
形式: 文庫
前巻の続きで殺人はまた繰り返される。しかしこの巻から殺人者の真の標的が見えてくる。 刑事たちは犯人を追い詰めるも最後には思わぬ結末が…。 一気に読んでしまいましょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
連続猟奇殺人の犯人、「ナニカ」に近づくスリルと、愛情と、悲しみと、恐怖と。。。。
それらの感情が上手く描けているから、面白いんだと思う。
物語終盤まで犯人の正体が分からないのも、面白い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック