通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【商品説明】[帯]なしです。[カバー]微スレ・軽微なヨレで概ね良好で綺麗です。[天地・小口]と[中身]良好な状態です。【発 送】ご注文確定から当日~2日以内には発送を致します。基本的に「ゆうメール・ポスト投函・追跡番号なし」になります。【お願い】慎重に検品してコンディションを決定しています。コンディションに違いがあった場合はメールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ (ベスト新書) 新書 – 2016/7/9

5つ星のうち 3.7 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 148
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ (ベスト新書)
  • +
  • アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
  • +
  • 幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
総額: ¥3,162
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アドラー心理学・第一人者の最新刊
あなたの「価値」は、あなたが決める!

本書では、「働くということ」を、狭い意味ではなく、歳を重ねたり、
病気になったりして働けなくなった時のことまで視野に入れて、考察しています。
そこまで視野を広げて考えた時、働くことは生きるということと同義であり、
生きることが幸福を目標にしているのであれば、働いていて不幸だと感じるのであれば、
それがたとえ巨万の富をもたらすものであっても見直さなければならないのです。
アドラー心理学の見地から、なぜ働くか?という問いを見つめ直し、「働くこと」そのものの意味を考え、
最終的には幸せになるためにはどんな働き方をすればいいかについて言及します。

*自分に価値があると思えない仕事に意味はない
*経済的優位は人間関係の上下には関係しない
*自分の価値は仕事以外でも見出せる
*成功は人生の目標ではない
*明日は今日の延長ではない
*自分に価値があると思える勇気を持とう etc.

【目次】
第一章 なぜ働くのか
第二章 あなたの価値は「生産性」にあるのではない
第三章 職場の対人関係を改善するために
第四章 幸せに生きるためのこれからの働き方

内容(「BOOK」データベースより)

本書の第一章では、「なぜ働くのか」という根本的な問題を考え、第二章では、「働かない」「働けない」という事例をもとに、「働くことの意味」をどう見るかについて考察します。続く第三章では、職場での対人関係の問題を取り上げ、風通しがよくなるための具体的な方法を提案します。最後の第四章では、幸せになるためにはどんな働き方をすればいいかについて考えてみます。どの章においても、働くことの意味を職場で働くという狭義ではなく、活動、さらには生きることと同義で考察します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2016/7/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584125201
  • ISBN-13: 978-4584125205
  • 発売日: 2016/7/9
  • 梱包サイズ: 18 x 10.8 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,750位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
レビューを読んで購入しましたが、良かったです。考え方のヒントになりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
こんにちは、古舘健です。

本書は、哲学者、アドラー心理学の第一人者が、人生の中で思索してきた「働くこと」を紹介した作品です。
働く意味や目的がわからくなった、家庭や職場での人間関係に疲れた、病気や年齢で働けなくなった、そんなときでも幸せになる方法があると教えてくれます。

本書は、時代や国を超えた普遍的な内容です。わたしたちに身近な人生から、詩人のリルケ、作家のザメロ、アリストテレス、「大漢和辞典」を著した諸橋氏、作家の林氏など、古今東西の偉人にまで光を当てています。その中で下記の引用が心に残りました。

「『かもめのジョナサン』で一世を風靡したリチャード・バックが『今、本当にしたいことをしているか』と登場人物の一人に語らせています。もしもこの問いに否と答える人はなぜしたいことができないのか考えなければなりません。(『翼にのったソウルメイト』)(P217)」

本書によると、人生の価値は大きく2つあります。
1つは他者に貢献すること。もう1つはただ今を生きることです。働くことは他者に貢献する手段の1つに過ぎません。それは人生の中で、働けなくなることもあるからです。

思い返すと、そのことを実感したことがありました。
その方は、半身不随で動けない患者でし
...続きを読む ›
コメント 128人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
最近丁度仕事がつまらないと感じていた。もう一度仕事とはなんなのか。仕事に対してどう向き合うべきかを考えるべきだと感じた。
どうすれば自分は他者に貢献でき、見返りではなく、他者貢献感を持つことができるのか。
今ある仕事の見方を変えてみることはやってみるし、それでもダメならやめるという選択肢も全然存在すると思う。
いつかのための準備期間な毎日は嫌だし、生活のための毎日ももう嫌だ。
自分には例え何もしなくても価値があると思える勇気を持つことから始めなければ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
働き始めてしんどい思いをしている新人さん、就活をしている人、社会人3年目で今までを振り返ってみたい人、退職してこれから生活を再構築する人……どんな人にも働くこと、生きることについて岸見先生が多くの事を示唆してくれる本だと思います。
中々難しいことではありますが、自身の承認欲求、他人の承認欲求からも自由になって、世のため人のため生きる、という純粋な気持ちを思い起こさせてくれます。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 アドラーは、やっぱりちょっと、私にはつよすぎます...が、この本は少しだけ近づける内容でした。

 「よく生きるために働くこと」...いま、カウンセリングの現場で出会うことの多い、「自分さがし」
や「働くことの意味」を考えるヒントをもらえます。

 「野心は不安です。天職は期待です」「野心は恐れです。天職は喜びです」...「誰かに喜んでもらえ
なければ、仕事をしないとすれば問題でしょう。喜ばれるかもしれませんが、それはあくまでも結果で
あって、喜ばれることを目的にしてしまうと喜ばれないのであれば仕事をしないと思うかもしれません」
といった言葉を重ねながら、『ほめるのではなく、部下の貢献に注目する』というところは、企業さん
でのコミュニケーション研修の中でのストロークシャワーのワークに続く、年間目標を挙げての中間面
談で上司は部下のなにに注目して、どんな話をするか...ストロークシャワーのように、とにかくほめれ
ばよいということではないこと...研修でお伝えしていることに通じていきます。
 「叱るけれども怒ったりしない、叱ることと怒ることは別であるという人はいます。怒ってはいけな
いが叱ることは必要であるという人もいます。しかし、人は怒らないで叱れるほど
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
タイトルに惹かれて買いました。
先に断りを入れておくと、「働く」という言葉がありますが、
専業主婦の方や様々な事情で働くことができなくなった人についても言及されており、大きな気づきがあります。
現在働いていない人にも是非読んでいただきたい内容になっています。
実際に、著者自身が病気により仕事を制限せざるをえなくなったエピソードが盛り込まれています。

本書では哲学者兼心理カウンセラーという経歴を存分に活かし、
働くことの意味、対人関係の問題、働き方について丁寧に述べられています。
特に働く意味については、自分自身が仕事を通じて自信をもつに至った経験が体系化して説明されており目から鱗でした。
対人関係の段落では読んでいて少し理想論によっているかと思いましたが、読んだ後はとても頭の中がクリアで心もすっきりしました。
就職活動をする人だけでなく、働き始めてから何年も経っている人にもオススメです。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー