¥ 1,404
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アドベンチャーレースに生きる! 田中正人×田中陽希... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

アドベンチャーレースに生きる! 田中正人×田中陽希 百名山ひと筆書きへの挑戦はEAST WINDのためだった 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/24

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,980

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アドベンチャーレースに生きる! 田中正人×田中陽希 百名山ひと筆書きへの挑戦はEAST WINDのためだった
  • +
  • 限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
  • +
  • RUN+TRAIL Vol.23 (ラン プラス トレイル)
総額: ¥5,838
ポイントの合計: 43pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

“日本百名山ひと筆書き"田中陽希が人生を捧げる世界とは? 日本最強のアドベンチャーレースチーム「EAST WIND(イーストウインド)」レースの国内第一人者で、チーム現キャプテン田中正人が創設、20年の歳月をかけ育てあげた。チームのエースで次期キャプテンとしての活躍が期待される田中陽希。「日本百名山ひと筆書き」の挑戦がTVで放映され、その名は知れわたった。知名度が増し、今イーストウインドの活躍も注目されている。なぜ彼らは世界のフィールドで結果を出し続けるのか。極限の状況でも安定したパフォーマンスを出せるのか。彼らの強さの核心は身体能力でも技術力でもなくチームワークにある。躍動する最強チームの精神と勝利のために築いてきた歴史を、チームの未来を背負う田中陽希と、不動のリーダーでパイオニアの田中正人が書下ろす。また過去にチームに所属した海洋冒険家白石康次郎、トライアスリート白戸太朗、トレイルランナー石川弘樹等スポーツ界のビッグネームも、イーストウインド愛を語ってくれた。

第一章 田中陽希 アドベンチャーレーサーとしての僕の道
白銀の世界から飛び込んだアドベンチャーレース/あの頃、誰かのせいにしていた弱い自分/もっと強くなりたい! 世界の果てから、日本百名山の旅へ/非日常が日常化していく、日本二百名山への挑戦/人との出会いが教えてくれた大切なこと/イーストウインド、次期リーダーとしての決意

第二章 田中正人 人生すべてをアドベンチャーレースに捧げて
研究者からプロ・アドベンチャーレーサーへの転身/極貧時代を共に過ごした仲間たち/「パンの耳では子どもは育たんぞ! 」/衝撃が走ったメンバーからのひと言 /世界で勝つため、真のリーダーを目指す/レースは予想外の出来事の連続/僕らを支えてくれる人たち/「弱い人を引き上げる」チームワークの方程式/陽希の弱さと強さ

第三章 仲間たちが語る 自分にとってのイーストウインド
イーストウインド参戦レース一覧
白石康次郎:イーストウインドは僕の青春だった
白戸太朗:本音でぶつかりあった仲間
石川弘樹:田中正人から学んだ競技者としての姿勢
平賀 淳:生きるべき道が見えた場所
駒井研二:アスリートカムで活きるレース経験
佐藤佳幸:言葉がなくても、わかり合える瞬間がある
和木香織利:大きな確執を乗り越え最高のチームが生まれた
西井万智子:見たことのない世界で知らない自分と出会う
竹内靖恵:妻から見たイーストウインド〈手記〉

第四章 田中陽希 現在地を知り、未来の道をつくる
山北が離れ、新たなチーム編成に/『2016年オーストラリア世界選手権』への始動/課題のひとつはパドリング/レース中の「睡眠」をどうとらえるか/イーストウインドのこれから

出版社からのコメント

TBS系列「クレイジージャーニー」に出演し、話題沸騰中の「チームイーストウインド」キャプテン・田中正人。「世界で最も過酷なレース」アドベンチャーレース」に20年間の半生を捧げてきた。そしてその愛弟子でチームメイトの田中陽希は「日本百名山ひと筆書き」達成者としても名を上げ、チーム在籍10年目にして、次期キャプテンとして期待されている。
高所やジャングルや氷河に洞窟。アンビリーバブルな自然の脅威にさらされながら、ときに葛藤し、チームメイトとぶつかり合い、それでも冒険を止めない。本書は、チームイーストウインドを支えるふたりの男の成長物語。その"ブレ"ない生き方は、すべての人の「挑戦」に勇気を与えてくれるはずだ。
さらに、過去にチームに所属した海洋冒険家白石康次郎、トライアスリート白戸太朗、トレイルランナー石川弘樹や、現チームメンバーの「マチマチ」のインタビューも収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 山と渓谷社 (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4635171892
  • ISBN-13: 978-4635171892
  • 発売日: 2017/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,200位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
田中正人さん、田中陽希さんについては、テレビ番組の出演や、雑誌やWebでのインタビュー記事も多く、実は本書に乗っているエピソードの大部分はすでに知っていることであった。

後半、初期イーストウィンドのメンバーたちの証言が掲載されていて、アドベンチャーレースが注目される前のイーストウィンドの活動資金調達などでの苦闘ぶりが語られているのが収穫。
古い写真の中には、昨年山で遭難死された谷口けいさんの姿もあった。

正人さんは、ご自身でも冷静に自分について綴っているが、さらに古くから氏を知る仲間たちから語られる人物像が面白い。
人付き合いに不器用だけど、一直線に進む情熱にあふれているからこそ、欠点をフォローしてくれる仲間に恵まれてきたのだな、と分かる。
お互いの弱点を補い合う、ということがアドベンチャーレースにとっては非常に大切、ということが本書の中でも両田中氏から何度も語られているが、それはレースの中だけでなく、生活・人生にとっても同様なのだと伝わる。
そうしたレースと人生が一体になった様は、特に間もなく50歳を迎えるという正人さんから強く感じる。
タイトル「アドベンチャーレースに生きる!」にもつながる人生観なのだ。

陽希さんがレースを通じて、他者を慮る姿勢を身につけていく成長
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
田中陽希さんといえば百名山・二百名山一筆書きでTV、著書でも有名なアスリート。一方の田中正人さんは知る人ぞ知る第一回ハセツネカップの優勝者でトランスジャパンアルプスでも活躍されたもはやレジェンドと呼んでもいいアスリート。
陽希さんの百名山&二百名山は読みました。チームイーストウインドのパタゴニアでのレースDVDも観ました。
・・・・・・じゃあ読むしかないだろうと読んでみました。
これが面白い。
一体全体アドベンチャーレースとは何だ!というのはDVDを観た方が早い。
でも、そこに出てくるアスリート達がどんなことを思い悩み、考えているのかがわかるのがこの本。
マラソンやトレイルランニングが「一人」で完結するのに対して四人一組(必ず女性も入っていなければならない)のチームプレーであるアドベンチャーレースはまさに「極限におけるチームスポーツ」。
読み進めるに従って「これってビジネス本?」と思えてくるほどチームプレーや人間関係についての記述が多いことに気がつきます。
白石康次郎(ヨット)、白戸太朗(トライアスロン)、石川弘樹(トレイルランニング)などの各界のトップアスリートがかつて所属したイーストウインドについての思い出を語る章もそれぞれの視点からアドベンチャーレースを語っていて楽しく読めました。
上記
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
陽希くんのファンでした。
  
愚直に生きる彼は純粋で力強い行進は我々中高年の憧れです。
そんな彼の生い立ちやアドベンチャーレースへの参加。そして百名山へのトライ。
すべてはアドベンチャーレースでの世界一の目標のために。

一気に一日で読破!
久しぶりの満足感!

何より陽希くんの目標である田中正人さんを知ったの一番の収穫でした。
真のリーダーは全てを受け入れる寛容な心を持ち、チームの弱い所を押し上げる不屈な魂を持っている人なのですね。

今日から田中正人さんのファンになりました。
真の男ってそういうものですよね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
田中正人さんが、どんな経緯でイーストウィンドを起ち上げたのか、
根本にどんな志と使命感をもって今も継続しているのかが語られています。
また、弟子である田中陽希さんと田中正人さんが同じ大会でお互いをどう捉えていたのか
別々に語られているところは面白く、チームの絆を感じることが出来ました。

しかし、何故「チーム」で「レース」することを大前提にしているのか?
自然に向き合いたいなら、一人で冒険すればいいのではないかと個人的には思うんだけど、
アドベンチャーレースでは、バイクやボートなどは事前に関係者が準備しておかないといけないわけで、
そういう意味で競技大会だ。人類が100mをどれだけ速く走れるかを競うように、
人類が現在の技術力・人間力で大自然とどこまで戦えるか、の最先端をいくのが「アドベンチャーレース」なんだと思えた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告