中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装またはエアクッション包装でお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アトランティスのこころ〈上〉 (新潮文庫) 文庫 – 2002/4

5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

初めて彼女にキスした少年のあの夏、それ以上のキスが二度と訪れはしないことを、ぼくは知らなかった…。1960年、11歳のボビーとキャロル、サリー・ジョンは仲良し3人組だった。だが、ひなびた街に不思議な老人が現れてから、彼らの道はすれ違い始める。少年と少女を、母を、街を、悪意が覆っていく―切ない記憶へと変わってしまう少年の夏を描いた、すべての予兆をはらむ美しき開幕。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

キング,スティーヴン
1947年メイン州生れ。貧しい少年時代から恐怖小説を好む。高校教師、ボイラーマンといった職業のかたわら執筆を続け、’74年に『キャリー』でデビュー。好評を博し、以後『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを生み、“モダンホラーの帝王”と呼ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 552ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102193251
  • ISBN-13: 978-4102193259
  • 発売日: 2002/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 316,789位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
個人的にもキングのベスト3にも入る傑作で
キング流の噛み砕いたファンタジー的要素の入った純文学で深い感銘を受けました
少年時代から大学時代、中年期、晩年までを中編と短編を組み合わせ大団円の一つ作品として終わらせる業はさすが
キング作品は人によって当たり外れは大きいと思うし、日本人の感性には合わない冗長なモダンホラー作品もあるけど
これは断じて忘れ去られるような作品ではない
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
米のキング・オブ・ホラーことスティーヴン・キングの
「ホラーでない」作品です。

主人公:ボビー・ガーフィールドの物語を中心として
1960年から1999年までの同一の時間軸の中を生きた
人々の群像劇を描いた本作には、
過ぎ去っていったかけがえのない少年時代の記憶や、
激動のベトナム戦争時代の渦中に居た大学生たちの狂騒にも似た、だけど確かな青春、
そしてベトナム戦争というものを経て彼らが何を失っていったのかが
描かれています。

本作はラストが秀逸です。
この物語は憧憬や無常感といったものを根底に湛えて展開されてゆきますが、
その中で描かれてきたものは最終章において結ばれ、
そして「魔法」による一つの救済がもたらされるのです。
かつて名作『スタンド・バイ・ミー』では
切なく哀しく、そして残酷とも言える少年時代との決別を描いたキングですが、
本作のラストでは切なさと共に、奇跡と、それがもたらす希望をも描いています。
その余韻のすばらしさは、数多くのキング作品の中でも有数のものではないでしょうか。

還らない過去とそこに居た全ての人々を想う、切ない物語。
最近のキング作品はちょっと…、と敬遠されてる方も是非手にとっていただきたいです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルどおり、上巻で一つの物語が出来上がっています。
母親との地味な生活を送っている少年が主人公。
その少年の生活は、(アメリカと日本の違いはあっても)
読み手と共通の何かをもっています。
その少年が青年へと変わる、その瞬間の濃縮された喜怒哀楽が
夏の休日の輝きとともに、読者に伝わってきます。
ただし、読む前にW・ゴールディング「蠅の王」を読んでおく事を
お勧めします。文中にネタバレが書かれており、その名作を読む気力が
なくなると思われるからです。少年の人生に影響を及ぼす本です。
同じように古い映画「光る眼」もネタバレがあります。こちらも
興味のある方は先に見ておいたほうがいいでしょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
キングの書く作品は、どれも情景に対する描写が独特で、それでいて丁寧になされていると感じますが、この本も例外ではありません。60年代の空気感と、少年時代に誰もが感じた思いを見事に書ききっています。上下巻とも一気に読んだのですが、まるで1回分の人生を自分で体験したかのようなそんな気分にさせられました。この本は愛する人との出会いと、ふれあいの大切さを教えてくれた気がします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/7/6
形式: 文庫
新刊が出る度に買わずにはいられないキング中毒の皆様、今回は大丈夫・おもしろいです。キングなんだから当たり前とおっしゃる方も多いでしょうが、でも、本当に?おもしろい?と言いたくなるのも、ちらほらと有ったような気がしませんか。キングだから最後まで読めるけど、読み終えて、何となく「やられたぁ」と思ったりして・・・。でも、これは好いです。「グリ-ン・マイル」に近いけどもっと温かみがある話だし、厳しさもあり、「うわぁこの人きつ-いっ」という登場人物もおり、もうお膳立てはバッチリですので、後は皆様の心にゆっくり優しさが浸透していくのをご賞味ください。いいなぁ、これから購読する方は、楽しみがまってて。私も又読もうっと。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
キングの作品の中でも群を抜く傑作。こんなにも何気なく、こんなにも冷酷で、こんなにも暖かいお話を書けたのか、と彼を見直すこと間違いなしの一作である。構造だけを見ればスタンドバイミーの焼き直しのようだが、その中にはキングが絶望の先に見つけた悟りとも言えそうな何かが煌めいている。あるいは群を抜くという言い方は間違っているかもしれない。この作品はキングの"heart"そのものだから。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー