真・女神転生IV (2013年5月23日発売) -... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【DISCキズ:なし】【動作確認済み】【説明書:電子・ゲーム内解説書:操作説明シート・あり】【ケーススリキズ:あり、表紙痛み:なし】【初回限定特典・付属品等は基本付いていません・付いている物のみ記入いたします・プロダクトコード等は開封済みの商品は基本仕様出来ない物としてお考えください】アマゾン専用在庫。禁煙場所保管 発送はプチプチで梱包しメール便又はゆうメールでam9:00までのご注文は当日発送いたします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,139
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: 葵書店 ama
カートに入れる
¥ 3,480
通常配送無料 詳細
発売元: 6doors
カートに入れる
¥ 3,480
通常配送無料 詳細
発売元: FJOオンライン
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

真・女神転生IV (2013年5月23日発売) - 3DS

プラットフォーム : Nintendo 3DS
CEROレーティング: 15才以上対象
5つ星のうち 3.4 443件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,180
価格: ¥ 3,480 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,700 (52%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ATストアが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • ロールプレイング
新品の出品:28¥ 2,800より 中古品の出品:56¥ 1,140より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • 真・女神転生IV (2013年5月23日発売) - 3DS
  • +
  • 真・女神転生IV FINAL - 3DS
  • +
  • New ニンテンドー3DS ACアダプター (New3DS/New3DSLL/3DS/3DSLL/DSi兼用)
総額: ¥8,727
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B00BIYSEFA
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2013/5/23
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 443件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 942位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

主人公は、東のミカド国で暮らす18歳の少年。 ある時、少年は不思議な夢を見る。夢は彼に啓示した。 「もはや汝の成す選択は汝の為のみに非ず。 世界を作るため、汝は歩まねばならぬのだ」・・・と。 夢から覚めた少年は、幼馴染とともにサムライを 選出するという「ガントレットの儀式」へ向かう。 そこで主人公と同じくしてサムライに選ばれたのは、 夢の中で出会った少年たちだった。 サムライとしての暮らしは故郷の村での暮らしとは大きく異なり、 主人公の日常は非日常へと移り変わっていく。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
女神転生はファミコン初代からやっているオッサンゲーマーですが
今回の'Wは色々変わった所もあるし、変わっていない所もあるかなと思いました

まず世界観
近年ペルソナが有名になって盛り上がっていますが
初代からの世界観を持っている感じです
ロウ・ニュートラル・カオスの世界観ですね
ただ、昔のロウ・カオスは「わかりやすかった」
絶対管理社会を目指すロウと完全実力主義を目指すカオス
そこに所属している人間や悪魔達は「なるほどその陣営ですね」と
納得できる者達の巣窟であった
しかしながら、今回のロウ・カオスは「?」何故その陣営に?
というような人物たちが関わっているイメージがある
今までのロウ・カオスのイメージとは違っていた気がする

次に悪魔
デザインに新規さんが投入され、それはそれで楽しみにしていたが
正直ガッカリした気持ちだった
第一に「悪魔の基本イメージを崩してしまっている」
悪魔や神というのは宗教から来ている物でこの基本を忘れてはいけないと思う
この基本を怠るとどうにでもデザインできてしまうので
明確なロウ・カオスのイメージが作りにくくなる
特に名前を挙げられてい
...続きを読む ›
46 コメント 908人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ゲーム雑誌の開発者インタビューを見ると、どうもディレクターの山井一千とかいうのが「特撮界の最前線で働いている方々と一緒に仕事をしたい」とかお花畑な事を言い出し、それで今回一部の悪魔がゲスト絵にすげ変わってしまったとの事。
「なんで金子一馬さんが健在なのに、一部の悪魔が彼のデザインでないの?」と多くの人が思っているでしょうが、これが原因らしいです。
一度発注した手前、「あなたの悪魔の絵はすごい変なデザインで、メガテンとは全然あっていません」とダメ出しはできなかったのでしょう。
今回の戦犯である山井一千とかいう阿呆ディレクターは、メガテンシリーズには今後二度と関わって欲しくないですね。

ゲスト絵師については、それぞれの分野で活動している時はわりと好きな方もいるのですが、やっぱりメガテンにあってない悪魔絵になっているのが多いです。
先に紹介した雑誌の開発者およびゲストインタビューでは、アスモデウスや、あの悪評が高いメデューサのイラストを担当した韮沢靖さんが、「やはりメガテンという伝統あるタイトルですからね。僕なりに新たな悪魔を打ち出すのはもちろん、メガテンらしさから逸脱しないよう気をつけました。」みたいに言ってました・・・。
えっ?メガテンらしさから逸脱しないよう気をつけた結果が、あのダサすぎるメデューサなの・・・・
...続きを読む ›
4 コメント 617人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
採用して欲しかったのは"悪魔絵師”であって山井ディレクターの趣味の特撮関係の大御所じゃないんですよ。
私はアトラスで女神転生を作るような人達、特にディレクターになるような人にはきっと悪魔にも拘るような人だと勝手に思って外注悪魔絵師容認なんて考えてましたけど、間違いでした。
この真・女神転生4は確かに面白いです。でもやればやるほど本当に悪い印象が頭に残るんです。

何で悪魔のステータス数値はあんなに均等数値になってしまっているんですか?
女神転生の売りは世界中にある神話伝承の個性的な悪魔達じゃありませんか?
それに拘って今までやってきたんじゃなかったんですか?
それを失くしてくことが女神転生の革新なんですか?

というか4で批判されてる部分って革新というより山井ディレクターの特撮趣味が反映され過ぎた所なんじゃないんですか?

外注絵にしても他のRPGでなら、他のソーシャルゲームでならそのクリーチャーにどの悪魔の名前をつけてもいいかもしれませんけど、女神転生のシリーズは世界中にある神話伝承の悪魔や神様、天使なんかの個性を表現してナンボだと思うんです。
「う〜ん、見て!この強そうなの!カッコイイでしょ!そうだなぁ、、これはラスボスっぽいからルシファーかなぁ」とかそんな
...続きを読む ›
7 コメント 460人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
もう大体のことは他の方がレビューされているので
詳しく述べませんが、これだけは言わせてほしい。

絵師変更した一部の悪魔も、ミカド国と東京の不思議な時空の歪み(?)も
ガントレットの経緯や起動要件も、有料DLCも、あっさり退場する重要そうだったキャラも、
スキル付け替えで個性がほとんどなくなる仲魔も、簡略化されすぎた邪教の館も、
ポップなデザインのインターフェイスも、なんでミカド国は洋風なのかも、スティーブンも
ホープの来歴も最早自分にとっては全部どうでもいい!どうでもいいけど、でもストーリー!

これだけは・・・

心集めるとか、抽象的なご都合ストーリーだけは勘弁してほしかった・・・

回顧厨との謗りを受けること覚悟の上で言うと
真1〜3はご都合主義的なところもあったにはあったが「無機的に、問答無用で自分と主義主張が異なる者をぶち殺す」
ストーリーがクールだったのに対し、4で「心を集めてどーたらこーたら」と言われると、
メガテンっぽくないというか・・・ものすごく違和感を覚える。
ナンバリングだと余計にそう感じてしまう・・・SJのほうがよっぽどナンバリングっぽいというか・・・

特に最後のほうで
...続きを読む ›
コメント 178人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー