通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アップル帝国の正体 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ティケ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品となります。ゆうメールにて発送いたします。発送は2営業日以内に行います。また土日祝はお休みを頂いております。※状態の良いものを出品しておりますが、帯や付属品の欠品、色あせ、ケース割れ、、破れ、日焼け、汚れ、レンタル品等ある場合がございます。問題がある場合、ご連絡の上、発送させて頂きます。ご連絡頂けましたら、事前の状態確認もさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アップル帝国の正体 単行本 – 2013/7/16

5つ星のうち 4.4 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アップル帝国の正体
  • +
  • アップル 驚異のエクスペリエンス
  • +
  • Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 154pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

1976年、スティーブ・ジョブズが立ち上げた小さなパソコンメーカーは、
約35年の時を経て、50兆円を超える時価総額をほこる巨大メーカーに変貌した。
多くのアップルファンは、その美しいデザインや斬新なアイディアを絶賛し、
カリスマ経営者だったジョブズの遺した言葉の一つ一つに今も酔いしれている。

しかし。その徹底した秘密主義ゆえに、多くのメディアはいまだに
アップルの正体を突き止められずにいる。例えば、軍隊のような組織作りや、
「植民地経営」のような下請けメーカーの締め上げ方、そして利益やコストへの
偏執狂的なこだわり。それらが表に出されることは決してなかった。
だが「週刊ダイヤモンド」誌の若手記者である著者らは、かつて日本が世界を
席巻した家電を筆頭に、通信、流通、音楽やゲームなどの輝かしい歴史が、
アップルによって次々に呑み込まれていく現場を目撃してきた。

本書では、アップルと関わってきた大手企業のビジネスマンからエンジニア、
町工場の社長、デザイナー、ミュージシャンまで無数の人々の証言を集め、
「アップル帝国」ともいえる過酷な経済圏の誕生を初めて世の中に明らかに
することを目指した。
これは日本からしか見えない、アップルの獰猛な真の姿の記録である――。

●目次
プロローグ アップル帝国と日本の交叉点
第1章 アップルの「ものづくり」支配
第2章 家電量販店がひざまずくアップル
第3章 iPodは日本の音楽を殺したのか?
第4章 iPhone「依存症」携帯キャリアの桎梏
第5章 アップルが生んだ家電の共食い
第6章 アップル神話は永遠なのか
エピローグ アップルは日本を映し出す鏡

内容(「BOOK」データベースより)

スティーブ・ジョブズというカリスマの陰に隠されていた、アップルの真の「凄み」。それは、時に獰猛な姿さえ見せてビジョンを実現する組織の「遂行力」にある。ものづくり、流通、通信、コンテンツ…日本企業を翻弄するその手法を知る人は少ない。厚いベールに覆われた、アップルの「正体」に迫る衝撃のドキュメント!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 212ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/7/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163763805
  • ISBN-13: 978-4163763804
  • 発売日: 2013/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 235,990位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
iPhoneという革命的ヒット商品を生んだ天才スティーブ・ジョブズの「英雄神話」というナラティブが定着しているIT時代の強者、Appleの裏側に迫る良本。したたかで貪欲、時には残酷とさえ映るようなAppleの知られざる姿が消えてきました。同時に日系メーカーの在りし日の栄華も。。。 IT業界に興味がある人はもちろん、普通に読んでも面白い!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
技術を吸い上げられた挙句捨てられたとか、はげしい発注減で経営が苦しくなったとか、アップルによって被害を被ったという趣旨の事例が目につくため、あたかも日本のハイテク企業がアップルの食い物になってメチャクチャだ、と読める。しかし、最後の最後に触れられている凸版印刷の事例を読んで救われた。アップルの莫大な発注をリスクと天秤にかけて断ったとの記事が最後の最後で出てくる。
まともな企業はアップルとうまく付き合い、WIN-WIN 関係を保ち、自分もステップアップしている。食い物にされたのは死に体企業、一攫千金を夢見た未熟企業。iPhoneの大成功を武器に、最も競争の激しい分野で戦いを挑むアップルだから、技術バカなだけの未熟企業は食い物にされ、対等に付き合えない。アップルとのビジネスは企業の成熟度が問われる踏み絵。「帝国の正体」はハゲタカ、と読むのは間違え。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 五郎兵衛・風来坊 VINE メンバー 投稿日 2013/9/18
形式: 単行本 Amazonで購入
強欲なプレデター、巨大な帝国企業、これが会社としての今のアップルであろう。美談としてのガレージでの創業から早37年、売上高360億ドル、純利益82億ドルの世界最大のIT企業はまるで「地主」の様に「小作人(多くの日本企業)」を酷使していると言う印象である。まさに軒を貸して母屋を取られてしまう。「アップル専用のラインをつくる、そのための投資もする」、これを受け入れると言うことは禁断の毒リンゴをかじるということなのであろう。必要なくなれば容赦なくサプライヤーを切り捨てる。これはまるで「地主」が「小作人」に「もうおまえには用はない。畑は別の人間に耕してもらう。」というのと同じだ。いつの時代の話だとの感じてしまう。

印象的であったのは新潟県燕市の金属加工業の方の話だ。初代iPodからのサプライヤーであったのに「工程をビデオ録画」され、はいさようなら。これでいいのだろうか?

個人的にはアップルのこのような体質を決定づけたのは、95年から98年の綱渡りの経営の時代であったと思う。あの倒産直前の時代が在庫管理・部品管理を徹底させる意識を会社・ジョブズ本人に植え付けた。その体質はヒット連発の企業になってからも続き、「傲慢さ」が加わりサプライヤーに対しては「ウチに納入させてあげているんだぞ」という形になったのだろうと思う。

「小作人」に
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
AppleについてはこれまでSteve Jobsの功績にハイライトされがちでしたが、本書はAppleの取引先である日本の製造メーカーや販売の現場にスポットを当て執筆されていて、新たに知る事実ばかり。

そして、これを読むと、Appleの競争優位としての「他社には真似できない圧倒的なバイイングパワー」が要になっていることを実感します。

特に驚いたのは、シャープやソニー、東芝といった日本優良メーカーに重要パーツを供給させ、ハイクオリティを提供する徹底したサプライチェーンとその品質管理体制の並ならぬマネージメントぶり、そしてこれらのメーカーのAppleへの依存度が高まる一方で、いつ何時生産委託を切られても、一切Apple自身はリスクを負わないという構図。

違う立場から見てそれが良いかどうかは別として、これができるのは、Appleをおいて世界のどこにもないでしょうし、戦略を担うバリューチェーンとして優れていることは言うまでもないと思います。

人々の価値観が多様化し、経営の舵取りがますます難しくなる時代、googleなど完全にソフトウェアの収益モデルの上に成り立っている会社と、Appleのようなハードに依存したビジネスモデルがどう進化していくか非常に興味深いです。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アップルが傲慢で秘密主義を押しつけ、さらに小売業者にデザインや売り方を押し付けてるのはiPhoneブームによる圧倒的な支配力を握ったからではない。低迷している時代でも同じことをしていてシェアを握った結果傲り高ぶり不遜になったわけではない。

また日本企業が消費者を搾取する構造は是認しながら、そのパイをアップルが奪っただけでアップルが日本人を搾取している避難する構造はおかしい。

など何点か結論ありきのおかしな記述はあるが、基本的には幅広い取材に基づく緻密な内容で秘密主義のベールをかいくぐってよくぞここまで実態に迫っていると感心する。製品が好きとかだけでなく、日本の製造業にどれほど大きな影響を与えているかを知ることができる絶好の書。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー