通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝 単行本 – 2008/11/29

5つ星のうち 4.5 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,243

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝
  • +
  • スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(下)
  • +
  • スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(上)
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 195pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

スティー・ジョブズとともにアップルを創業した著者。そのプログラマーとしての才能はジョブズも崇拝する一方、経営者となることにまったく興味をしめさない生粋のエンジニア。名誉も地位もお金も求めず、人を喜ばせることしか考えていない規格外の男が、いまはじめて創業の秘話を語る。

内容(「BOOK」データベースより)

スティーブ・ジョブズが崇拝した破天荒の天才プログラマー、創業の秘話を初公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 453ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2008/11/29)
  • ISBN-10: 447800479X
  • ISBN-13: 978-4478004791
  • 発売日: 2008/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,184位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
あとがきを読むと書いてあるのですが、
この本はスティーブ・ウォズニアックが「書き下ろした本」ではなく、
編集者とのインタビューによって「語りおろした本」です。
そのため、まるでウォズニアック本人から直接語りかけられているように
読み進めることができ、いたずら好きな彼の性格が
軽妙な語り口の中によくあらわれていると思います。
(いたずらのエピソードはこれでもかというくらい本の中に出てきます)

編集者の話の引き出し方もうまいと思います。
根っからのエンジニアであるウォズニアックは、
技術のことを語らせたら一般の人には理解できないレベルにまで及ぶことを考慮し、
生い立ちからアップル起業、そして現在に至るまでを
あくまで身の上話として語らせています。
それにより、文中に数ヶ所ある専門的なプログラムの話をしている部分が、
ウォズニアックのどうしても話しておきたい重要な部分として浮かび上がってきます。

優れたエンジニアはアーティストである。
本の中でウォズニアックはこう持論を述べています。
たしかに彼が多くのエンジニアと違う点は、
最小の事柄で最大の価値を生むことを探求する芸術家的な才能にある気がします
...続きを読む ›
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この自伝は、幼少期、ブルーボックス期、アップル期、リモコン期、野音期に分かれている。
しかし特に幼少期は引き込まれる。私の子供時代には、周囲にこんな凄い子供はいなかった。IQ200オーバーとはこういうものなのだろうか?
特に、エレクトロニクスをかじっているとどれだけ凄いことをしているかわかると思う。
これを9歳が?これを6歳が?と驚嘆せざるを得ないような例がバシバシ出てくる。もちろん、彼が使っている技術や知識は実に単純で、10歳そこそこの子供でも理解出来るものではある。しかし、それを作品として昇華させるプロセスというかセンスが凄いのだ!

そのうち彼は、「紙の上で一からコンピューターを設計し直し、どれだけチップの数を減らせるのか楽しみだった」という青年時代に突入する。そんなことを一人で何年間も続けるとは狂気の沙汰(何せパソコンはおろかCPU自体が存在しない時代)としか思えないが、ブルーボックス期で語られる偶然の連続がそれも納得させてくれる。ジョブズもそこで登場する。率直に言って、こんなことがあるとは信じられない、というような出会いと事件の絶妙の連鎖である。

まあ確かに後半失速するような気がしないでもないが、余りにアップル退社までの話が凄すぎるからだろう。中盤でのジョブズの存在がなくなってしまうのも大きい。私にと
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
スティーブジョブズ、アップルの本は一通り読んだという人向けの本。

多くの人が気になっていただろう。ジョブズは根っからの技術屋ではない。では誰が創業時のアップルの技術を創ったのか。世界初のPC、アップル1、2を独力で作成し、ジョブズと共にアップルを創設した人とは。

ちょっと知っている人であれば、ジョブズがアタリ社で働いている時に、ゲームの回路設計を4日でほぼゼロから作成しなければならないという仕事を4日ほぼ不眠で助け完成させたウォズとはどんな人なのか気になっていただろう。

幼少期、天才はどのようにして育ったのか、ジョブズとはどのように知り合い、別れたのか、とても詳しく書かれている。

彼の人柄、内気でやさしい性格が随所に見られる。ジョブズと出会わなければHPで一生エンジニアとして働き、平凡ながらも彼の夢は達成されたのかもしれない。いや、ジョブズと出会ったからこそ、彼の人生は平凡ではない特別な人となれたともとらえられる。

お互い貧乏なときに知り合い、いたずらから始まり、非合法ビジネス、協業、起業と二人の連携の華やかなサクセスストーリーと、上場後の離婚、離職、起業失敗などの影の部分が本書の読み所。現実は小説より奇なりと言うが、まさにこの言葉を実感する一冊。アップルフリーク、スティーブジョブズフリークはぜひ読んでほしい。
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本を読むと、
アップル誕生の秘話を別の側面から知ることができるだけではなく、
パソコンが誕生していく過程を技術者のリアルな描写で知ることができます。

でもそれら以上に(全く期待していなかったのですが)、
人生を生きていく上で本当に大切なことに気づかせてくれる素晴らしい本でした。

特に印象深かった箇所をいくつか紹介します。

「同じ日に死ぬ二人の男のことが頭に浮かんだ。
片方は成功者。会社を経営し、いつも目標の売上を達成し、利益を出し続けるんだ。
もう一人はのらりくらりとしてて、お金もあまり持っていない。ジョークが好きで、
世の中で面白いと思うことを追いかけ、ただただ笑って人生を過ごすんだ。
物事をコントロールする人より、笑って過ごす人のほうが幸せだって、僕は思う。
それが僕の考え方なんだ。僕は、人生で一番大事なのは幸せであり、どれだけ笑って
過ごせるかだと思うんだ。僕はそういう人間だし、そうなりたいとずっと思ってきた。」

「何か新しいもの、世界を変えるものを作るには、みんながとらわれている制約の
外側で考えなきゃいけない。みんながそんなもんだと思っている人工的な限界の外側で
考えなきゃ
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー