中古品
¥ 17
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

アップルのデザイン 単行本 – 2012/4/19

5つ星のうち 3.8 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 16
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: 日経BP社; 1版 (2012/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822264769
  • ISBN-13: 978-4822264765
  • 発売日: 2012/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 15 x 21 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 135,259位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
iPhone、iPad、Macを毎日使っている。個々の製品のレビューや分析はウェブ上にあふれている。書籍、雑誌、ムックを買ってまで、そうしたものを読みたいとは思わない。だから本書には、「デザイン」を企業戦略と位置付け、アップルの強さの秘密を解き明かしてくれるものと期待した。購入して、一気に読了した。

ハードウェア、ソフトウェアから、店舗設計、物流、広告、パッケージ、さらには年次報告書に至るまで、一貫して「デザイン」を切り口にアップルの製品と企業活動を追っていく。この姿勢はデザイン専門誌ならではのものだろう。Walter Isaacsonによるジョブズ伝記を読んだ今となっては、各トピックについてもう少し掘り下げてほしいと思わないではないものの、その中では他章とアンバランスなまでにギークな第2章「分解して分かるアップルデザインの真髄」が白眉ではないだろうか。

iPhone 4Sの電源ボタン、内部のねじ止めの多さと向きのバラつき、ボリュームボタンの金属バネ、ガラスパネル周囲にはめ込まれた極薄の樹脂の役割、Apple Remoteと初代iPod shuffleの製造工程の分析、iPod nanoとMacBook Airの陽極酸化アルミ表面処理……など、ただ分解・切断しましたで終わらない考察が面白い。一ユーザーとしても、なるほどと得心することが多か
...続きを読む ›
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
故スティーブ・ジョブズが、如何にユーザーに最高の体験をさせるかに主眼を置いて製品を作っていたか、それをハードウェアや店舗設計など多面的な観点から解説していて、内容はなかなかためになるし、面白い。

しかしながら、本書においては写真等と文章の割り付けにあまり読者への配慮がなされておらず、文章が散らばっているため、非常に読みにくい。
また、良い紙なのは分かるが、このサイズにしては紙が厚くて開きにくく、その部分においても読みにくい。

「ユーザーに最高の体験を与えるデザイン」が趣旨なのだから、書籍の造りにおいてもそれを踏まえて欲しいと思う。

そういった事を総合して、2,000円近い価値がある書籍であるかどうかは、正直微妙である。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
感激したなぁ、初代iPod。最初「何これ ?」が、多くの人の感想だったと思う。しかし、店頭に並んでいたそれは、あまりにも美しく、ACアダプターは本体と同じくらい美しい専用のものが梱包されていた。私は最初に見たライカM3や、ホンダ・スポーツ500、リチャード・サパー氏がデザインしたボールペンを思い出した。iPhoneは人類史上、最大のヒット商品だろう。カラフルなiMacで窮地を脱したアップルは30億ドル程度の売上げだった。それが、iPhoneの発売で10倍以上に跳ね上がる。この本がそれに着目したのは分かるが「売れるデザイン」と「儲かるデザイン」を提唱している編集者側には最後まで皆目理解出来なかったはずである。その二つの概念を提唱しておきながら、本の副題に「ジョブズは究極をどう生み出したか」などと記している。「売れる」とか「儲かる」事のみ目標に据える行為は作り手や売り手側の欲望、邪念に過ぎない。市場迎合型が歓迎され、プロダクトアウト型が否定されている昨今、考えられる最も望ましい姿を求めて、そこに到達すること。今日、日本型経営が忘れてしまったことを実践したのがアップル(ジョブズ氏)なのだ。初代マックにバンドルされたMacPaintとMacWriteのパッケージの美しさ。30年も経っているのに未だにそれを超えられていない。(この本も、、。)そして、その当時、ベンチャー企業に過ぎなかったアッ...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 けいたん2017 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/5/5
形式: 単行本 Amazonで購入
今が旬のアップルだけに様々な切り口の書籍が発売されているが、こちらは雑誌・日経デザイン編集のアップル本。
ページは全部で 199ページ。自分のようにアップルに関して何冊も書籍を読んできたユーザにとってはあまり目新しい内容はない。公式伝記であるウォルター・アイザックソン著のスティーブ・ジョブズを読破しているユーザにとっても目新しいことは少ないと思う。
ただし、第2章の「分解して分かるアップルデザインの真髄」、第4章のアップルストア、第8章の「ジョブズが夢見た未来のデザイン」に関しては他の書籍ではほとんど触れられていないオリジナルな内容があった。アップルファンであれば、これだけのために購入しても惜しくないのでは。
第2章の iPhone4S のネジ止め、電源ボタンのバー、ボリュームボタンの金属バネ、ガラスパネルの枠、スポット溶接、陽極酸化処理、つなぎ目のない Apple Remote、部位ごとに変えられているアルミニウム素材といったテーマは、ここまで明解に解説されていたドキュメントは見たことがなく、とても面白く読むことが出来た。第4章のアップルストアが作られるまでの試作の経緯や、アップルの関連特許から、ジョブズの遣り残したことを推測する第8章はもっとエキサイティングな内容になっていれば…と若干残念ではあるが、それでも十分楽しめる。
単なる礼賛本になっているだけでなく、アップルのデザインを支える技術や試行錯誤の様子を見せてくれるという点でもおススメな一冊だと思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック