通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アップデートする仏教 (幻冬舎新書) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 take書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙多少スレ、傷等ありますが、中身綺麗です。送料込み。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アップデートする仏教 (幻冬舎新書) 新書 – 2013/9/28

5つ星のうち 4.0 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 483

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アップデートする仏教 (幻冬舎新書)
  • +
  • 〈仏教3.0〉を哲学する
  • +
  • 禅の教室 坐禅でつかむ仏教の真髄 (中公新書)
総額: ¥3,823
ポイントの合計: 179pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

欧米の仏教が急激に進歩しているのに、なぜ日本の仏教だけが旧態依然としているのか。三十年にわたり世界で仏教の修行を実践し深めてきた二人のカリスマ僧侶が、日本の仏教を1.0から3.0に更新する!

欧米の仏教が急激に進歩しているのに、なぜ日本の仏教だけが旧態依然としているのか。
日本の禅宗(曹洞宗)からスタートして、アメリカやイタリアで仏教を教え、東南アジアやチベットで仏教を学び、三十年にわたり修行を実践し深めてきた二人のカリスマ僧侶が、日本の仏教を根底から更新する。「形骸化した仏教」(仏教1・0)と「方法・テクニックとしての仏教」(仏教2・0)の現在から、ラジカルな「本来の仏教」(仏教3・0)へ――。

内容(「BOOK」データベースより)

欧米の仏教が急激に進歩しているのに、なぜ日本の仏教だけが旧態依然としているのか。ともに日本の禅宗(曹洞宗)からスタートして、アメリカで仏教を教えた二人。その後、藤田はアメリカに留まり、山下は東南アジアやチベットで仏教を学んだ。三十年にわたり修行を実践し深めてきた二人のカリスマ僧侶が、日本の仏教を根底から更新する。「形骸化した仏教」(仏教1・0)と「方法・テクニックとしての仏教」(仏教2・0)の現在から、ラジカルな「本来の仏教」(仏教3・0)へ―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 289ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2013/9/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344983211
  • ISBN-13: 978-4344983212
  • 発売日: 2013/9/28
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,547位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 建物は立派だが医療行為を行わない病院。医療の効果を信じていない医療従事者。本書では日本仏教界の現状がこのように喩えられていますが、残念ながらこれが現実だと思います。伝統教団の僧侶である私自身もこの傾向は認めざるを得ません。
 発心してこの道に入ったはずなのに、いつの間にかこの現実に染まってしまい、まあ仏教ってこんなものでしょ、と本当は腑に落ちていないのに無理やり納得したふりをしている僧侶が多い中で、決していい加減なところでは納得しなかった著者のお二人の生き方から私自身大きな勇気をもらいました。ですから是非、仏教って本当にこんなものなのか?とあきらめかけている人たちに読んでいただき、決してあきらめる必要はないんだということを知ってほしいと思います。仏教はお伽話や単なる慰めではなく人生にリアルに働くものなのだということを再度(もしくは、初めて)信じさせてくれる一冊です。
 本書では仏教界の現状が今までになかった視点でとても分かりやすく整理分析されており、仏教界を俯瞰してその中で僧侶として自分たちがどういう立ち位置にいるのかを改めて確認できます。現在の位置がはっきりしてこそ、どこに向かうべきかがはっきりするというもので、具体的な現状認識に基づいた上での提言がなされています。
 未読の方が誤解されないように申し上げておきますが本書は日本仏教批判の本ではありま
...続きを読む ›
2 コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者の一人、山下良道様の一法庵の活動に、1年以上身を投じてきた立場の者からの書評になります。
まず、山下師に対する恩義は計り知れないことを断っておかねばなりません。日本テーラワーダ仏教協会のS長老のご指導のもとヴィパッサナー瞑想をやっていたときの行き詰まり感を、瞑想に対する根本的な態度の転換を促すことで打破していただいたことは大きかったです。
その師が初めて本という形で広く教えを世に問うことになった。ある程度楽しみにしていた本ではありました。確かに、過去のエピソードや来歴など読み物としての面白さは十分でありましたが、この本によって仏法が善く表されているかというと、その点においては残念ながら不満足というほかありません。私の期待や見え方が以前と比べればまた随分変化してきたのだろうと思います。
やや辛口の書評にならざるを得ませんが、著者や本の内容を批判することは本意ではありません。僭越ながらいくばくかでも本書の内容を補完し、仏法が善く伝わるお手伝いができればというのが本望でございます。
「青空」と「雲」の例え…初めて読む人にはいいのかもしれません。山下様のポッドキャストを聴いている自分には手垢のつきすぎた言葉になっていて、ダイレクトに伝わってくるものがございませんでした。そういった特殊な立場の者からの書評ということで割り引いてご判断いただければと存
...続きを読む ›
19 コメント 109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本の内容は、仏教研究者でもなく、瞑想研究者でもなく、仏教実践者、瞑想実践者として30年に渡るお二人の修行体験から生まれた内容になっています。
そのため、頭の中の考えや、何かの本に基づいて話されているのではなく、お二人のリアルな体験に基づいた内容だなという印象を受けました。しかしそれはまた世界の本当の在り様の体験に基づくお話なので、あらゆる人に通ずるお話となっているのではないでしょうか。
「え、こんな人たちが日本人にもいるの?その人たちが日本で仏教、瞑想を指導しているの?」と衝撃と希望を与えられる一冊となるでしょう。
また、仏教とは何か、瞑想とは何か、人間とは何か、その本当のところの理解が深まる一冊でもあります。その理解の始まりは、今まで私たちが抱いていた「私」という観念が崩壊するところから訪れるでしょう。
この一冊なくして、あるいはこの一冊によって、仏教、瞑想、セラピー、宗教などの世界はグーッと背中を押されるのではないでしょうか?

本の内容・・・(私の理解です。)
瞑想の真髄が、日本における仏教の展開に沿って明らかにされていきます。

'・仏教1.0は、「自分の心が問題であると認め、真理が明らかになっていないと素直に認めること」から乗り越えていきます。

'・仏教2.
...続きを読む ›
1 コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 この本は、仏教のゴールである心の苦しみからの解放を速やかに体験しましょうと私たちに呼びかけています。筆者のお二人は心とその苦しみを雲に、心を超えた苦しみのない次元を青空にたとえています。雲と青空は、迷いと悟り、色と空、衆生と仏、被造物と創造主、相対有と絶対無、エゴとプレゼンス、マインドとセルフ、などに対応しているのではないかと思います。筆者があえて専門用語を使わないのは、特定の宗教、宗派、学派、伝統に縛られたくないからだと私は理解しています。 
 20年前に、雲である息苦しさから、青空になろうとして、私は仏教1.0のある宗派で得度を受け、僧侶になりました。5年間、「あなたは本来青空です。」や「あなたはすでに青空に救われています。」という教えを学びましたが、私は雲のままでした。その後、仏教2.0で気づいたことを言葉で確認する修行を10年間やりましたが、私は雲のままでした。途方にくれていたとき、著者の一人である山下さんの一法庵で仏教3.0に出会いました。「微細な感覚」に意識を向けることによって、私は青空に触れて、包まれて、融け込むことを体験しました。私の場合、青空は阿弥陀仏の本願であり、念仏と瞑想は本来一つであると受け取っています。宗門の教義からみると、とんでもないことかもしれませんが、この身において仏教1.0の僧侶のまま仏教3.0が現象しています。一法庵に出会うことによっ
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー