数量:1
アット・ジャズ・カフェ・ボサ・エディション がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 さくさく堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【デジパック仕様】帯なし。ケースにスレあり。ブックレット・盤面は目立つキズなく良好です。 梱包はプチプチのクッション入り封筒です。通常、クロネコDM便・クリックポスト・ゆうメールのいずれかにてポスト投函になります。到着目安は発送日から3~5日目になります。よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アット・ジャズ・カフェ・ボサ・エディション

5つ星のうち 4.6 59件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,621
価格: ¥ 2,351 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 270 (10%)
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アット・ジャズ・カフェ・ボサ・エディション
  • +
  • ピアノ・de・ボッサ
  • +
  • ゆるカフェ~ボッサ
総額: ¥5,416
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2003/3/26)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 69 分
  • ASIN: B00008DYVU
  • EAN: 4988005328847
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 775位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. イパネマの娘
  2. メディテーション
  3. ソ・ダンソ・サンバ (ジャズ・サンバ)
  4. 波
  5. おいしい水
  6. デサフィナード
  7. コルコヴァード
  8. コール・ミー
  9. ハウ・インセンシティヴ
  10. トリステーザ
  11. マシュ・ケ・ナダ
  12. 二人と海
  13. 三月の雨
  14. サマー・サンバ (ソー・ナイス)
  15. 黒いオルフェ (カーニヴァルの朝)
  16. ワン・ノート・サンバ
  17. オ・グランジ・アモール
  18. フェリシダージ|オルフェのサンバ
  19. ジンジ
  20. 黄金の歳月 (ポルトガル語ヴァージョン)

商品の説明

Amazonレビュー

   非常に親しみやすいボサノヴァのコンピレーション・アルバム。アット・カフェ・ジャズ・シリーズはヴァーヴをはじめとするジャズ音源を使用した編集なので、当然ここにもアントニオ・カルロス・ジョビン、アトラッド・ジルベルト、ルイス・ボンファなどのブラジル勢に加え、スタン・ゲッツ、チャーリー・バード、ウエス・モンゴメリーなどジャズメンによる演奏も多数含まれている。
   50年代末に登場、一世を風靡(ふうび)したボサノヴァはサンバとジャズを融合したソフトで口当たりのいい感触が魅力で、聴く者の心を自然となごませる効果がある。そういう意味では、ボサノヴァってヒーリング・ミュージックの先駆けだったのだ。素朴な味わいのアストラッドの歌声、ボサノヴァ・ブームの牽引(けんいん)者ゲッツのゆったりとしたサックス、小気味のいいワルター・ワンダレイのオルガン、ストリングス入りのオーケストラをバックにメロディックなソロを聴かせるウエスのギターなど、さまざまな形態のパフォーマンスを楽しめるのがコンピレーション盤の楽しさだ。(市川正二)

メディア掲載レビューほか

ジャズ・コンピレーション・シリーズ`アット・ジャズ・カフェ・シリーズ`。「イパネマの娘」「おいしい水」他、人気曲の代表的名演を収録。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
女の子向けの可愛いジャケットに騙されてはいけない。
このCDに収められた曲はボサノバのスタンダードであり、かつ、それぞれの曲を代表するテイクである。
アントニオ・カルロス・ジョビン、ジョアン・ジルベルトらボサノバ創成期の大御所、スタン・ゲッツ、ウエス・モンゴメリーらボサノバを語る上で外せないジャズ界のビッグネームらの演奏や歌が存分に楽しめる。
ボサノバで1枚、ベスト盤を、といわれたらこれを選ぶであろう。
吉村浩二氏の選曲はさすがだ。ライナーノーツで氏の駄洒落があまり出てこないのもいい。
しかし、曲の情報やアルバム名などの情報をもっといれてもよかったのではないだろうか。初心者に配慮して難しくしすぎないようにしたのだとは思うが。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジャズが特に好きじゃない人でもボサノバがいやだという人はあまりいないと思う。素朴と洗練が融合されたハイブリッドな音楽の走りがボサノバでもある。それにしても、このアルバムの豪華さといったら驚きの一語に尽きる。ボサノバのベスト盤は数多いが、スタン・ゲッツ、ジョアン・ジルベルト,アストラッド・ジルベルト(イパネマの娘、デサフィナード、コルコヴァード)アントニオ・カルロス・ジョビン(メディテーション、波、ワン・ノート・サンバ)、ワルター・ワンダレイ(コール・ミー)、バーデン・パウエル(トリステーザ)、.セルジオ・メンデス&ブラジル’66(マシュ・ケ・ナダ)、ルイス・ボンファ(黒いオルフェ)などなど、オールスターによる名演は人生を豊かにしてくれるエキスがぎっしり詰まっている。ボサノバのすばらしさをこれほど凝縮したアルバムは知らない。お奨めの1枚である。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ボサノバのスタンダードといえばアントニオ・カルロス・ジョビンですが、彼が作った曲であっても彼のテイクでないもののほうが有名だったりします。そういう点で「イパネマの娘」は最も有名なスタン・ゲッツ,ジョアン・ジルベルト,アストラッド・ジルベルトのバージョンだったのはとてもうれしいです。このアルバムの旧盤と言えるものに「ボサ・ノヴァ・ミレニアム」が値段も安くてありますが、「アット・ジャズ・カフェ・ボサ・エディション」のほうが録音時期も一貫性があって良いと思います。せっかく選曲やテイクが良いのに録音時期などのデータ、歌詞カード、訳詞などの日本版の基本が省かれているのは残念です。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
近所のCDショップの安売に惹かれて買いました。でもこれは定価でも
十分お買い得のCDです。ほんと久々の当たりです。
Bossaは、控えめなリズムギターと女性ボーカルの印象が強いのですが、
このCDでは、ホーンが巧みに絡んでる曲も多く、それらも実にいいですね。
休日の午後もいいですけど、---運転好きの方へ---、夜のドライブにも
お勧めです!
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジャケットの素晴らしさについつい内容を検討もせずに買ってしまいましたが、とても柔らかなボサノバがたくさん詰まっていて、本当に良い買い物をしました。40代後半から50代全般の方にも聴いてもらいましたが、彼らが以前フランス映画が流行した時にバックグラウンドでかかっていた曲がたくさん収録されているらしく、とても喜ばれました。そんなことも全然知らずにボサノバを知ったつもりでいたことを、少々恥ずかしく思いました(笑)。今はやっているボサノバのスタンダードがギッシリ詰まったこのオムニバスは広い年齢層で受け入れられていますよ~。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
「@jazz cafe」シリーズからジャズの世界に入るつもりだったのに、気付けばボサノヴァ一色に浸っていました(笑)。

いつかどこかで聴いた耳慣れたジャズではなく、まったく未知のはずのボサノヴァ(イパネマ娘すら知りませんでした)に。まったく歌詞の意味の解らないはずの、ポルトガル語で唄うボサノヴァに。

何故でしょう…なんて問わずとも、理由はハッキリしています。

イパネマの娘をデュエットするジルベルト夫妻の、とろけるような甘い囁き。

ソ・ダンソ・サンバの「ヴァイ、ヴァイ、ヴァイ、ヴァヴァイ…」や、おいしい水の「ディバダバ、ディ〜バディバディ〜バ〜」など、簡単に口ずさめつつ、病みつきになりそうな愉快な歌詞。

とどめは「コール・ミー」の、電子オルガンによる、心弾ませずにはいられないトロピカルなリズム。

他にも軽快な「サマー・サンバ」やら、エリスとジョビンの掛け合いが楽しい「三月の水」やら…まさにボッサの宝石箱でした。

それでいて、解説書もブックレットになっており、詳しい。おかげで、ボサノヴァに対する基礎知識まで付けられ、すっかりボサノヴァに染められてしまったわけです。

ボサノヴァのオムニバスは幾つも出ていますが、名曲
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック