通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アット・オウム がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アット・オウム 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/20

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,980
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アット・オウム
  • +
  • 止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

なぜ、若者はオウムに惹かれたのか。 なぜ、オウム事件は起きたのか。 地下鉄サリン事件から20年。 我々と彼らの距離はどれほどのものだったのだろうか? 誰もが思うオウムの「なぜ」。この問いにこそ、意味がある。 著者・古賀義章によるオウム施設の解体までを見届けた記録写真160点、 信者インタビュー証言、そして封印された、重大事件当日の教祖・麻原彰晃の説法などを収録し、 「信者が居た場所」からの視点で、オウムの「なぜ」を考える。 1995年3月20日 地下鉄サリン事件が起きた。 無差別なテロによって13人が死亡、6000人以上が重軽傷を負う。 麻原彰晃を教祖とするオウム真理教の組織的な犯行だった。 その後、殺人をはじめとした多くの犯行が次々と明らかになる。 著者・古賀義章は当時週刊誌の記者で、オウム真理教事件を取材していた。 教祖逮捕から1年半後、オウム施設が近々解体されると聞き、 山梨県上九一色村(当時)、熊本県波野村(当時)の広大な敷地に建てられていた施設を撮り始める。撮影した写真は5000カットに及んだ。 教祖逮捕後も施設に残り、修行を続ける信者たち。 標高800メートルの山深い阿蘇の村に建てられた「シャンバラ精舎」には、 強制退去の前日までふたりの信者が住んでいた。 いっぽう、サリンプラントなどがあった上九一色村のサティアンから 信者たちが退去したのは、1996年10月のことだった。 信者の去ったあとには、彼らが暮らした痕跡がそこここに乱雑に、いや乱暴に残されていた。 サリンプラントをはじめ、犯罪の痕跡も生々しく見え隠れする。 上九一色村と波野村の施設の解体までを見届けた記録の数々は、 いま我々に何を語りかけるのか。

内容(「BOOK」データベースより)

我々と彼らの距離はどれほどのものだったのか?記録写真、証言、麻原説法から見るオウム真理教。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: ポット出版 (2015/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4780802180
  • ISBN-13: 978-4780802184
  • 発売日: 2015/3/20
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 586,456位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
出版したのが今の時期だが、取材(撮影)は事件当時から行われていた。その積み重ねの成果がこの本である。

何の偏見もないファインダーを通じて、事件直後の信者らの姿や波野村や上九一色村の施設が壊されていく様子が映し出されている。
ほとんどの信者らが事件について知らなかったと言われているが、どれだけ彼らが当時、混乱していたのかも見て取れる。

また、教祖の教説や元信者らの証言が、分かりやすく解説されているのも好感が持てた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 著者の人間性のせいか被写体に対して寄り添うような、少なくても
突き放して冷めた眼で見てはないというか、温かさを感じるような
写真が沢山収められています。見る価値あり。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
古賀氏の本は以前にも、写真集「場所―オウムが棲んだ杜」を買ったことがある。掲載されている写真のほとんどはその写真集にもあったものだ。それを大幅に改訂した本だと思えばいいのかもしれない。変更された点は、コンパクトになり紙質が変わったことと、ほとんどの写真に元サマナ(出家、麻原の直弟子)の解説が添えられていること、彼らが今教団についてどう思うのか、率直な感想と体験談。当時の麻原の説法と元サマナ早坂氏による解説が加えられている。写真集のわずかな字数でよくここまで詰め込んだなという内容で、著者自身の言葉はほとんどなく、オウム寄りと誤解されかねないくらい元サマナの話が多い。真相を理解しやすくするために、主観を入れないことを重視しているのだろう。それでもどの写真を掲載するかとか、どの文章を入れようとかいったことで主観は入ってしまうものだ。
ちなみに僕自身も元サマナで、その立場から「場所―オウムが棲んだ杜」のレビューで暗い写真が多すぎて、富士や阿蘇の美しさが台無しというようなことを書いた。それを気遣って下さったのか、わずかながら自然の美しい風景が増えたような気がする。本書の女性の元サマナの回顧録では、当時こんなに近くに住んでいたのに、富士山を見たことがなかったと結んでいるし、写真家藤原新也氏も「黄泉の犬」の序で同じようなことを言っている。デスクワークと瞑想修行ばかりしている人にはそうか
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本は古賀さんだからこそ、まとめられた本。
批判を恐れずに、よくぞ真実を書いてくれたと思います。
オウムはおどろおどろしく、何の魅力もないところ。
麻原は単なるペテン師。
そんな報道にはうんざりでした。
どうして、大きくなったのか。なぜ多くの人が魅せられたのか。
おぼろげながら分かったように思います。
また、一番驚いたのは、事件後も麻原を大切に思っている元信者がいることでした。
『止まった時計』に書かれていた弟子の暴走の仕方より、大人の目線なのでわかりやすかったです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告