アッシャー家の末裔《IVC BEST SELECT... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: [!]■ご注文から2日以内に岡山県の物流センターより「ゆうメール」で発送、ご不在時はポストへ投函されます。※番号追跡はできません。■代引きのご注文は宅配便でお届けとなります。■中古品のため、経年劣化(傷・色あせ・多少の汚れ)はご容赦ください。■帯・応募券・シール・カードなどの封入物は原則付属致しません。商品名に「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物の無い場合がございます。■Amazon限定特典、DLコード、デジタルコピーは付属致しません。■初回版、通常版が同一商品コードの場合、商品の指定は出来ません。■全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っております。■弊社サイトと併売のため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■商品お届け後のお客様のご都合による返品の場合、送料と手数料を差し引いた商品代金のみのご返金となります。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,071
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: kitasaba
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アッシャー家の末裔《IVC BEST SELECTION》 [DVD]

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,071 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 873 (45%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,071より 中古品の出品:6¥ 473より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アッシャー家の末裔《IVC BEST SELECTION》 [DVD]
  • +
  • 吸血鬼ノスフェラトゥ 《IVC BEST SELECTION》 [DVD]
  • +
  • ヴァンパイア 《IVC BEST SELECTION》 [DVD]
総額: ¥3,069
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: シャルル・ラミー, ジャン・ドビュクール, マルグリート・ガンス
  • 監督: ジャン・エプスタン
  • 形式: Black & White, Subtitled
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: IVC,Ltd.(VC)(D)
  • 発売日 2013/02/22
  • 時間: 47 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00AK5G806
  • JAN: 4933672240879
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 23,244位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

神秘と幽玄と怪奇が交錯する誌的表現の極致。 リズミカルな絵画的感覚に音を感じとる絶対無声映画の頂点。
サイレント末期に怪奇と幻想の頂点をきわめた前衛映画作家エプスタンの傑作。音のない映像が音を放つように映画の絵画的表現の極致を感じる。
エドガー・アラン・ポーの短編『アッシャー家の末裔』『楕円形の肖像』『リジェア』より。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

サイレント末期に怪奇と幻想の頂点を極めたジャン・エプスタン監督がエドガー・アラン・ポーの短編小説を映画化。神秘と幽玄と怪奇が交錯する詩的表現の極致であり、リズミカルな絵画的感覚に音を感じとる絶対無声映画の頂点。“IVC BEST SELECTION”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
映画発祥の国フランスの芸術性の高さを感じる作品で、
エドガー・アラン・ポーの原作の雰囲気を上手く再現しております。
映像による直接的な問いかけは説明過多の昨今の作品とは まるで異なり、
謎のようなストーリーと個性的な描写は 映画のもつさらなる可能性を感じさせます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
理解に苦しみますた\(^o^)/
(まだ2、3回しか見てないよw)

カエルにはどんな意味があるのか?

夫人の肖像画製作に妄執するのはなぜなのか?

廃屋とは言わんまでも寂れた古城のような邸宅は何を意味しているのか?

不可解な謎が多数描かれている、、

この作品は、ホラーというよりナンセンス文学を参考にすることができるのかもしれない、、

筆者が大して理解できないので、
3星評価という理不尽さがすなわちホラー?w、、

、、
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
巨星エドガー・アラン・ポーの原作は、今さら説明するのもはばかられるほど、あまりにも有名。『モルグ街の殺人』が推理小説の元祖なら、『アッシャー家の崩壊』はゴシックホラーの源泉。そして、人の心に息づく恐怖の源流…。

何故に生まれ、生き、死するのか。その答えを知らされることない神の手の残酷に存在の不条理。それ故に全ての人の心の深淵に巣くう不安と恐怖。そんな闇の深層から、たまさか天啓のように射した月の光にすくい取られ、神秘な影絵のように浮かび上がったのが、あたかもこのモノクロ無声映画のようだ。

震えるロウソクの炎に、あたかも舘が呼吸しているように波を打つカーテンの揺らぎに、憑かれたような当主の瞳の表情に、そして、自らの肖像画に命を吸い取られるように病み衰えてゆく女の面差しにも、そんな根源的な生への懊悩が漂っているようである。

闇に埋もれていた遠い前世の記憶を、黒白の映像にあぶり出したような、声なき戦慄の抒景詩とでも呼びたくなる作品である。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ジャン・エプスタン(ジャン・エプスタイン)監督、ルイス・ブニュエルも参加したホラー映画。ブニュエルが同監督の助監督を務めるのは「モープラ(Mauprat)」以来。
悪夢めいたイメージが多様されながらも、エドガー・アラン・ポーの原作に忠実な展開となっている。

不気味な木々、落ち葉が敷き詰められ湿っている不安定な足場、そこを荷物を持って歩いてくる男。
男は家らしきところを見つけるとドアを開け、住人に手紙を見せて「アッシャー家」を尋ねる。 

「アッシャー」の名前を聞いて男たちは驚き、窓から馬車を覗く女も微妙な表情を見せる。
湿地を駆ける馬車、一方のアッシャー家。広い居間、椅子を挟んで見つめ合う男女、男は絵の具のプレートを取ると絵を一心不乱に描きはじめる。

愛した筈の妹への愛は絵に移ってしまったらしい。絵の中の精気に満ちた彼女、現実の今にも倒れそうな彼女。

馬車の行く手を阻むように立ち込める霧、霧が晴れるシーンは後に黒澤明が「蜘蛛巣城」でオマージュを捧げていた。
室内に流れる風、ワイングラス、女の肖像画、室内でコートを厚くはおる人々。寒いならなぜ窓を閉めないのだろうか。

風で燃え盛る蝋燭の火、本棚から落ちる本、舞い散る絵や木の葉、ゴミ。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I&M トップ500レビュアー 投稿日 2013/8/19
この映画は以前から気になっていた。実は2011年にフィルムセンターで観る機会があったのだが、有休が採れず見逃してしまった苦い経験がある。今回やむなくDVD鑑賞したが、いわゆる怪奇映画の大半は、この1928年制作の僅か47分のサイレント映画の傑出した芸術性を証明するために存在するのではないかと思わせるほど、この映画が持つ独自の世界観に魅了される。外連味や虚仮威しのような恐怖映画は、この作品に比べれば瑣末で矮小なものに見える。

或る冬の日、アッシャー家に友人が訪れる。その邸宅は廃墟のような古城で、案内されると大聖堂のような空間が広がり、居間には巨大な暖炉(まるで溶鉱炉)がある。当主のロデリックは傍らの夫人をモデルに肖像画を描くのだが様子がおかしい。何かが憑依したように絵画に没頭しており、夫人も次第に衰弱していき遂に倒れて息絶える。ロデリック達は屋敷から離れた石室の地下に棺を安置するが、嵐の夜に夫人は蘇りヴェールを纏った亡霊の如く屋敷に現れるのだ。その姿は救いを求めるように見えるが、やがて暖炉の火が引火した屋敷は紅蓮の炎に包まれて崩壊していく。

このアッシャー家の居住空間が凄い。広大で天井が見えず異次元に迷い込んだ感覚で、屋敷も何やら得体の知れない生命力に支配され不気味な魔力が漂う。その魔力がロデリックを操り肖像画を描かせていたのか。そして不可
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す